トップページ -> データベース研究スタート -> Linux のインストール,設定,運用保守,便利な使い方 -> Ubuntu で SQLiteMan のビルドとインストール
[サイトマップへ]  

Ubuntu で SQLiteMan のビルドとインストール

目次

  1. 前準備
  2. SQLiteman のビルドとインストール

先人に感謝.


前準備

Ubuntu のシステム更新などを終わっておくこと

端末を開き、次を実行

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade
sudo apt -yV dist-upgrade
sudo apt -yV autoremove
sudo apt autoclean
sudo shutdown -r now

SQLite のインストール

  1. 前提ライブラリと cmake のインストール

    ビルドに必要となる前提ライブラリと cmake のインストール

    sudo apt-get install build-essential
    sudo apt-get install libqt4-dev
    sudo apt-get install libqt4-dev-bin
    sudo apt-get install libqscintilla2-dev
    sudo apt-get install cmake
    

  2. SQLite3 のインストール

  3. SourceForge の SQLiteMan の Web ページを開く

    https://sourceforge.net/projects/sqliteman/

  4. Download」をクリック

  5. ダウンロードの開始

    ※ ダウンロードしたファイルは分かりやすいディレクトリに置く.

  6. 展開(解凍)
    cd /tmp
    tar -xvjof sqliteman-1.2.2.tar.bz2 
    

  7. 「cmake .」の実行
    cd sqliteman-1.2.2
    rm -rf build
    mkdir build
    cd build
    cmake ..
    

  8. 結果の確認

  9. ビルド
    cmake --build .
    

  10. 結果の確認

  11. インストール
    sudo make install
    

  12. 結果の確認

  13. 試しに起動してみる.
    sqliteman
    

1.3.0-svn を試したいときは、 https://github.com/pvanek/sqliteman からソースコードを入手。 sudo apt-get install uuid-dev libicu-dev を実行。 あとは、上と同じような手順.sqlite3.c, sqlite3.h は、ソースコード内に同封のものが使われるようなので確認すること