トップページ -> データベース研究スタート -> ラズベリーパイを使ってみよう -> Windows で Raspbian システムを起動(QEMU, qemu-rpi-kernel を使用)
[サイトマップへ]  

Windows で Raspbian システムを起動(QEMU, qemu-rpi-kernel を使用)

RaspbianLinux システム (Debian ベース).ARM プロセッサで動く.

Windows が動くパソコンは ARM プロセッサでないプロセッサが搭載されているので,QEMU を用いてプロセッサのエミュレーションを行う.

この Web ページでは,Windows マシンで,Raspbian が動くまでの手順を図解で説明する.

目次

  1. QEMU Binaries for Windows のインストール
  2. Qemu kernel for emulating Rpi on QEMU のダウンロード
  3. Raspbian のダウンロード
  4. Raspbian システムの起動
  5. Windows から Raspbian システムにログイン

謝辞

先人に感謝:


QEMU Binaries for Windows のインストール

  1. QEMU Binaries for Windows の Web ページを開く

    https://qemu.weilnetz.de/w64/

  2. 最新版をダウンロード

    ※ qemu-w64-setup-20180430.exe を選んでいる。

  3. ダウンロードしたファイルを実行

  4. ようこそ画面では「Next」をクリック

  5. ライセンス条項の確認

  6. コンポーネントの選択は既定(デフォルト)のままでよい.「Next」をクリック

  7. インストールディレクトリは既定(デフォルト)のままでよい.「Install」をクリック

  8. インストールが始まる

  9. インストール終了の確認

Qemu kernel for emulating Rpi on QEMU のダウンロード

  1. GitHub の dhruvvyas90/qemu-rpi-kernel のWebページを開く

    https://github.com/dhruvvyas90/qemu-rpi-kernel

  2. stretch 系列の最新版と,versatile-pb.dtb をダウンロードしたい. まずは,stretch 系列の最新版を選ぶ

  3. ページが変わる.ダウンロードしたいので,「Download」をクリック.

  4. ダウンロードが始まる.ダウンロードしたファイルは分かりやすいディレクトリに置く.

  5. 前のWebページに戻る

  6. 今度は,versatile-pb.dtbを選ぶ

  7. ページが変わる.ダウンロードしたいので,「Download」をクリック.

  8. ダウンロードが始まる.ダウンロードしたファイルは,stretch 系列の最新版と同じディレクトリに置く

Raspbian のダウンロード

  1. 先ほどの Web ページ (https://github.com/dhruvvyas90/qemu-rpi-kernel) の指示を確認する.

  2. この記載に従い,次のWebページを開く

    国内のサイトからダウンロードすることにする。 http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/raspbian-2017-12-01/

  3. .zip ファイルを選ぶ

  4. ダウンロードが始まる.ダウンロードが終わるまでしばらく待つ.ダウンロードしたファイルは分かりやすいディレクトリに置く.

  5. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する. 展開(解凍)すると,.img ファイルができる.

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.

  6. この .img ファイルは,先ほどダウンロードした kernel-qemu-x.x.xx-stretch (Qemu kernel for emulating Rpi on QEMUのファイル)と同じディレクトリに置く.このディレクトリを覚えておく

Raspbian システムの起動

  1. Windows のコマンドプロンプトを開き,このディレクトリに移動する.その後,dir コマンドで,確かにファイルがあることを確認する.

  2. Windows のコマンドプロンプトで,次のコマンドを実行
    "C:\Program Files\qemu\qemu-system-arm.exe" -kernel kernel-qemu-4.9.59-stretch -cpu arm1176 -m 256 -M versatilepb -dtb versatile-pb.dtb -no-reboot -append "root=/dev/sda2 panic=1 rootfstype=ext4 rw" -redir "tcp:10022::22"  -hda 2017-11-29-raspbian-stretch.img
    

  3. 起動時に,次のような警告が出たときは,「アクセスを許可する」をクリック.

  4. アプリ紹介

    ※ エミュレータなので遅いです.

  5. Raspbian システムの終了は,左上のメニューで「shutdown

Windows から Raspbian システムにログイン

ここで行うこと

Rasbian システムで ssh サーバを稼働させる. その後,Windows から ssh サーバに接続してみる.

  1. Raspbian システムのメニューで「Terminal」を選ぶと端末が開く

  2. 端末で,次のコマンドを実行し,ssh サーバを開始する.あわせて IP アドレスを見ておく
    sudo service ssh start
    ifconfig -a
    

  3. Windows のコマンドプロンプトで,「netstat -an」を実行し,ポート 10022を確認する

    確認するだけで OK.「10022が無いよ!」という場合には Raspibian システムがうまく稼働できていない可能性がある.

    netstat -an
    

  4. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行し,次のコマンドを実行

    Windows のファイヤウオールを,ポート 10022/udp について解除する操作.

    netsh advfirewall firewall add rule name ="raspbian" dir=in protocol=udp localport=10022 action=allow
    

  5. Windows で MobaXTerm を起動

    「MobaXTerm がないよ」というときは,次のサイトで配布されている.MobaXTerm Home Edition (installer edition) をダウンロードしてインストール.

    https://mobaxterm.mobatek.net/

    MobaXTerm のインストール」については、別のページで詳細を示しています

  6. MobaXTerm で「Start local terminal」をクリック

  7. MobaXTerm で接続のコマンドを実行
    ssh -X -p 10022 pi@localhost
    

    ※ パスワード (password) は「raspberry

    ※ パスワードを入れるとき、画面には何も表示されない.これは正常動作.

    確認表示が出たら「Yes」でよい

    MobaXTerm で次のように操作しても接続できる

  8. 「exit」で接続終了