トップページ -> データベース研究スタート -> ツールチェーン -> Windows で Java JDK 8 のインストール
[サイトマップへ]  

Windows で Java JDK 8 のインストール

WindowsでのJava処理系のインストール手順を説明します. Java は64ビット版をおすすめします. 32ビット版のJavaは1.5GB のヒープしか確保できないため.


インストール後に行う環境変数の設定


ダウンロードとインストール

  1. ウェブページを開く

    http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

  2. Java SE (JDK) 8u...」のところのボタンをクリックする

  3. ライセンス条項の確認

    確認したら「Accept License Agreement」にチェック

  4. Windows x64版を選ぶ.

  5. .exe 形式のファイルがダウンロードされる.

  6. ダウンロードされた .exe ファイルを実行

  7. ようこそ画面では,「次へ」をクリック.

  8. オプション機能の画面.既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

  9. インストールが始まる

  10. コピー先フォルダの画面.既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

  11. インストールが始まる.

  12. インストール完了の確認.「閉じる」をクリック.

  13. Windows のシステム環境変数 JAVA_HOME を次のように設定.

    C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_171

  14. Windows のシステム環境変数 Path の末尾に次を追加

    C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_171\bin

  15. 確認のため、Windows のコマンドプロントを開き、次のコマンドを実行
    java -version
    

    次のように表示されたら OK.表示されない場合には、環境変数の設定を確認する.


サンプルプログラムの実行

サンプルプログラム

  1. ファイル「HelloWorld.java」の作成
    public class HelloWorld
    {
        public static void main(String args[])
        {
            System.out.println("Hello Java World !");
        }
    }
    

  2. コンパイル

    Windows のコマンドプロンプトで次のように操作

    javac HelloWorld.java
    

  3. 実行

    Windows のコマンドプロンプトで次のように操作

    java HelloWorld
    

    実行結果は次のようになる.


クラス定義の例

public class MyClass
{
    private int x;
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("hello");
    }

    public MyClass()
    {
        x = 0;
    }

    public int sampleMethod(int y)
    {
        return x + y;
    }
}