トップページ -> データベース研究スタート -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows 10 で Visual Studio Community 2017 C++ と Windows Standalone SDK for Windows 10 のインストール
[サイトマップへ]  

Windows 10 で Visual Studio Community 2017 C++ と Windows Standalone SDK for Windows 10 のインストール

目次

  1. Visual Studio Community のインストール
  2. Windows Standalone SDK for Windows 10 のインストール

Visual Studio Community のインストール

  1. Visual Studio Community のWebページを開く

    https://www.visualstudio.com/products/visual-studio-community-vs

  2. VS Community 2017 のダウンロード」をクリック

  3. ダウンロードが始まる

  4. ダウンロードした .exe ファイルを実行する

  5. 表示をよく確認する

  6. ダウンロードとインストールが始まる

  7. 設定を行いたいので,Visual Studio Community を起動

  8. 「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」と操作する

  9. 「オンライン」を展開し,「Visual C++」を選ぶ.そして「Console App (Universal) Project Templates」を選び, 「OK」をクリック

  10. 変更」をクリック

  11. タスクを終了」をクリック

  12. ダウンロードとインストールが始まる

  13. 終了の確認

Windows Standalone SDK for Windows 10 のインストール

  1. Windows Standalone SDK for Windows 10 の Web ページを開く

    https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/downloads/windows-10-sdk

  2. インストーラーをダウンロードする」をクリック

  3. ダウンロードが始まる

  4. ダウンロードした .exe ファイルを実行する

  5. Next」をクリック

  6. Next」をクリック

  7. ライセンス条項の確認

  8. インストールするフィーチャーは,既定(デフォルト)のままでよい. 「Install」をクリック

  9. インストールが始まる

  10. 次の画面では Close をクリック

動作確認

,P. Microsoft Visual Studio の C/C++ を コマンドプロンプトで使いたい ときは、その設定のため,次のコマンドを実行する.

※あるいはVisual Studio Tools の Native Tools コマンドプロンプトを使う

vcvars64.bat
あるいは
vcvars32.bat

vcvars64.bat と vcvars32.bat の違いは, 64 ビットのプログラムを生成するか, 32 ビットのプログラムを生成するかの違い.

  1. コンパイラの確認のため、次のプログラムを作成。「hello.c」のようなファイル名で保存.
    #include <stdio.h>
    int main() {
        printf("Hello,World!\n");
        printf("sizeof(size_t)=%d\n", sizeof(size_t));
        return 0;
    }
    

    Visual Studio Tools の Native Tools コマンドプロンプトWindows のコマンドプロンプトを開き、次を実行.

    「Hello,World!」「sizeof(size_t)=8!」と表示されればOK.

    cl hello.c
    .\hello.exe
    

    x64 Native Tools コマンドプロンプトを用いたときの実行結果例