再帰関数

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

UP 1 Level


内容

  1. スライド 1 再帰関数
  2. スライド 2 本日の内容
  3. スライド 3 今日の到達目標
  4. スライド 4 例題1.スタック
  5. スライド 5 スタックのプッシュとポップ
  6. スライド 6 スタックとは
  7. スライド 7 #include int stack[100]; int t...
  8. スライド 8 スタック
  9. スライド 9 スタック
  10. スライド 10 関数呼び出しの流れ
  11. スライド 11 配列によるスタックの実現
  12. スライド 12 配列によるスタックの実現
  13. スライド 13 局所変数
  14. スライド 14 大域変数
  15. スライド 15 局所変数と大域変数
  16. スライド 16 スタックの使用例
  17. スライド 17 int main() { int item; top= -1; do...
  18. スライド 18 課題1.スタック操作の例外処理
  19. スライド 19 課題1のヒント
  20. スライド 20 例題2.再帰関数による総和
  21. スライド 21 再帰関数とは
  22. スライド 22 #include int sum(int n) { if...
  23. スライド 23 再帰関数による総和
  24. スライド 24 関数呼び出しの流れ (main 関数で n = 2 のとき)
  25. スライド 25 n の値の変化 (main 関数で n = 2 のとき)
  26. スライド 26 再帰関数による総和
  27. スライド 27 プログラム実行順 (main関数で n=2 のとき)
  28. スライド 28 データの流れ
  29. スライド 29 return n+sum(n-1);

Converted from Powerpoint Presentation to HTML by PPT2HTML AddIn.
PPT2HTML : by AGATASHI