ポインタ

UP 1 Level


内容

  1. スライド 1 ポインタ
  2. スライド 2 今日の内容
  3. スライド 3 今日の到達目標
  4. スライド 4 家と住所
  5. スライド 5 メモリアドレスとは
  6. スライド 6 メモリアドレスとは
  7. スライド 7 例題1.変数のメモリアドレス表示
  8. スライド 8 #include int main() { doub...
  9. スライド 9 変数のメモリアドレス表示
  10. スライド 10 メモリアドレス
  11. スライド 11 メモリアドレスの取得と表示
  12. スライド 12 例題2.配列のメモリアドレス
  13. スライド 13 #include int main() { doub...
  14. スライド 14 配列のメモリアドレス
  15. スライド 15 メモリアドレス
  16. スライド 16 配列とメモリアドレス
  17. スライド 17 例題3.2次元配列のメモリアドレス
  18. スライド 18 #include int main() { int ...
  19. スライド 19 2次元配列のメモリアドレス
  20. スライド 20 メモリアドレス
  21. スライド 21 2次元配列とメモリアドレス
  22. スライド 22 例題4.棒グラフを表示する関数
  23. スライド 23 #include void bar( int len ) {...
  24. スライド 24 棒グラフを表示する関数
  25. スライド 25 関数呼び出しの流れ
  26. スライド 26 関数への配列の受け渡し
  27. スライド 27 配列とポインタ
  28. スライド 28 課題1.ベクトルの内積
  29. スライド 29 例題5. 2次元配列の受け渡し
  30. スライド 30 2次元配列の受け渡し
  31. スライド 31 関数呼び出しの流れ
  32. スライド 32 2次元配列とポインタ
  33. スライド 33 x[i*n+j] の意味
  34. スライド 34 課題2.2つの行列の和
  35. スライド 35 例題6.局所変数と仮引数のメモリアドレス
  36. スライド 36 #include void bar( int len ) {...
  37. スライド 37 局所変数と仮引数のメモリアドレス
  38. スライド 38 関数呼び出しの流れ
  39. スライド 39 メモリアドレス
  40. スライド 40 関数呼び出しに伴うメモリ使用状況の変化
  41. スライド 41 例題7.関数へのポインタ渡し
  42. スライド 42 #include void int_count(int *c...
  43. スライド 43 関数呼び出しの流れ
  44. スライド 44 仕事の依頼
  45. スライド 45 関数へのポインタ渡し
  46. スライド 46 関数にローカルなポインタ変数
  47. スライド 47 ポインタ変数によるデータ操作
  48. スライド 48 メモリ
  49. スライド 49 関数へのデータの受け渡し
  50. スライド 50 ポインタ変数
  51. スライド 51 ポインタ変数
  52. スライド 52 ポインタ変数の宣言
  53. スライド 53 ポインタ変数=&変数
  54. スライド 54 変数=*ポインタ変数
  55. スライド 55 *ポインタ変数=「値」
  56. スライド 56 ポインタ変数=ポインタ変数
  57. スライド 57 ポインタを使ったプログラム例
  58. スライド 58 ポインタを使ったプログラム例
  59. スライド 59 scanf に & を付ける理由
  60. スライド 60 課題3.スタック

Converted from Powerpoint Presentation to HTML by PPT2HTML AddIn.
PPT2HTML : by AGATASHI