トップページ情報工学を学ぶニューラルネットワークの学習(TensorFlow データセットを使用)TensorFlow データセットの Iris データセット, Titanic データセット

TensorFlow データセットの Iris データセット, Titanic データセット

ここでの「分類」は,データから,そのラベル(クラス名など)を求めるもの. 分類のために,教師データを用いて事前学習を行う.

TensorFlow データセットは,事前学習に役立つ. このページでは,TensorFlow データセットの中の Iris データセット,Titanic データセットを紹介する. 利用条件は利用者で確認すること.

目次

  1. Google Colab へのリンク
  2. 前準備
  3. Iris データセットのロード
  4. Iris データセットの確認
  5. Iris データセットのデータフレームへの変換
  6. Titanic データセットのロード
  7. Titanic データセットの確認
  8. Titanic データセットのデータフレームへの変換

外部へのリンク

1. Google Colab へのリンク

Google Colaboratory のページ:

次のリンクをクリックすると,Google Colaboratoryノートブックが開く. そして,Google アカウントでログインすると,Google Colaboratory のノートブック内のコード等を編集したり再実行したりができる.編集した場合でも,他の人に影響が出たりということはない.そして,編集後のものを,各自の Google ドライブ内に保存することもできる.

https://colab.research.google.com/drive/10u8owk1y9l-OocyenRZuDb0sKxxicVwK?usp=sharing

2. 前準備

Python の準備

Python のまとめ: 別ページにまとめている.

Python の公式ページ: http://www.python.org/

TensorFlow,tensorflow_datasets,numpy,matplotlib のインストール

3. Iris データセットのロード

from __future__ import absolute_import, division, print_function, unicode_literals
import tensorflow.compat.v2 as tf
tf.enable_v2_behavior()
print(tf.__version__)
import numpy as np
import tensorflow_datasets as tfds
%matplotlib inline
import matplotlib.pyplot as plt
import warnings
warnings.filterwarnings('ignore')   # Suppress Matplotlib warnings
from tensorflow.keras import backend as K 
K.clear_session()

iris, iris_info = tfds.load('iris', with_info = True, shuffle_files=True, as_supervised=True)

[image]

Iris データセットの確認

5. Iris データセットのデータフレームへの変換

6. Titanic データセットのロード

from __future__ import absolute_import, division, print_function, unicode_literals
import tensorflow.compat.v2 as tf
tf.enable_v2_behavior()
print(tf.__version__)
import numpy as np
import tensorflow_datasets as tfds
%matplotlib inline
import matplotlib.pyplot as plt
import warnings
warnings.filterwarnings('ignore')   # Suppress Matplotlib warnings
from tensorflow.keras import backend as K 
K.clear_session()

titanic, titanic_info = tfds.load('titanic', with_info = True, shuffle_files=True, as_supervised=True)

[image]

7. Titanic データセットの確認

8. Titanic データセットのデータフレームへの変換