トップページ -> 教材 -> リレーショナルデータベースの基礎 -> SQLite JDBC ドライバのダウンロードとインストール
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

SQLite JDBC ドライバのダウンロードとインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

SQLite JDBC ドライバのダウンロードとインストールを行う.

SQLite は,組み込み型のデータベース管理システム・ソフトウエアです.

あらかじめ決めておく事項

SQLite JDBC ドライバのインストールディレクトリを決めておくこと.この Web ページでは次のように書きます.

インストール手順

  1. SQLiteJDBC - Xerial - Trac の Web ページを開く

    https://bitbucket.org/xerial/sqlite-jdbc

  2. (重要)この Web ページの下の方にあるライセンス条項を必ず確認する.

    条件付で無料で使えますが,決して違法なことをしないように.

  3. このページの上の方にある「Download」のところから,最新の jar ファイル (2014/9 時点では,sqlite-jdbc-3.7.2.jar) をダウンロード

  4. ダウンロードしたファイルを分かりやすいディレクトリに置く.

    この Web ページでは,次のディレクトリに置くことにします.

    ※ 環境変数 CLASSPATH の設定を忘れないこと


環境変数 CLASSPATH の設定

SQLite JDBC ドライバのインストールディレクトリを追加しておくということです.

Windows の場合

「;C:\Program Files\Java」 を追加

Linux の場合

「;/usr/java」 を追加

設定はこれで終わり.簡単です.作者に感謝.


試しに使ってみる

(書きかけ)
Connection conn = DriverManager.getConnection("jdbc:sqlite:C:/db/mydb.sqlite");