トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> JavaScript による Web プログラミング -> Ubuntu で Android Studio のダウンロードとインストールとテスト実行
[サイトマップへ]  

Ubuntu で Android Studio のダウンロードとインストールとテスト実行

Android Studio は Google が配布している Android 統合開発環境.Android SDK Tools が同封されている.

この Web ページで行うこと.


Java Platform (JDK) のインストール

 
  1. Java Platform (JDK) のインストール

    ◆ Ubuntu 12.04 での実行手順例

    sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
    sudo apt-get update
    sudo apt-get -y install oracle-java8-installer
    sudo apt-get -y install oracle-java8-set-default 
    java -version
    

  2. Oracle JDK を使うように設定
    sudo update-java-alternatives  --jre -s java-8-oracle
    sudo update-java-alternatives  --jre-headless -s java-8-oracle
    sudo update-java-alternatives  -s java-8-oracle
    

  3. 設定の確認

    次のコマンドを実行し、/usr/lib/jvm/java-8-oracle...の行に設定されていることを確認する

    sudo update-alternatives --config java 
    

  4. java のバージョンの確認

    update-java-alternatives -l 
    java -version 
    

  5. 変数 JAVA_HOME の設定

    ~/.bashrc または ~/.bash_profile に次のように設定(設定例

    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-oracle
    export PATH=/usr/lib/jvm/java-8-oracle/bin:$PATH
    export CLASSPATH=.:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/lib
    
 

Android Studio v0.8.6 for Linux のダウンロードとインストール

Android Studio v0.8.6 for Linux には、Android SDK Tools が同封されている.

  1. Android Studio BETA の Web ページを開く

    http://developer.android.com/sdk/installing/studio.html

  2. Download Android Studio v0.8.6 for Linux」をクリック

  3. ライセンス条項を熟読し確認

    納得できる場合のみ続行

  4. ダウンロードが始まる

    ファイルは、分かりやすいディレクトリ(例えば /tmp)に保存する

  5. 解凍

    分かりやすいディレクトリ(例えば /usr/local)に解凍する

    ※ 「sudo chown -R $USER:$USER /usr/local/android-studio」を忘れないこと.

    cd /usr/local
    sudo rm -rf /usr/local/android-studio 
    sudo tar -xvzof /tmp/android-studio-bundle-135.1339820-linux.tgz
    sudo chown -R $USER:$USER /usr/local/android-studio 
    

  6. 変数 PATH の設定

    cd 
    echo 'export PATH=$PATH:/usr/local/android-studio/sdk/tools:/usr/local/android-studio/sdk/platform-tools:/usr/local/android-studio/bin' >> .bashrc 
    

  7. 変数 ANDROID_SDK の設定

    あるツールで必要になる(みたい)ので設定しておく。

    cd 
    echo 'export ANDROID_SDK=/usr/local/android-studio/sdk' >> .bashrc 
    

  8. (オプション) 64ビットUbuntu を使っている場合には、 32 ビット版パッケージの設定

    sudo dpkg --add-architecture i386
    sudo apt update
    

Android Studio を起動してみる

  1. 端末で studio.sh を実行

    ※ これで起動しないときは PATH の設定を再確認

    studio.sh
    

    「Oracle JDK がない」というような警告メッセージが出たときは、次のように対処すると直る場合がある

    警告メッセージの例

    対処法の例

    cd 
    echo 'export export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-oracle' >> .bashrc 
    

    起動時に「Update Info」と表示されることがある. 最新版に更新したい場合には「Update and Restart」をクリックする.

  2. (オプション)「Android Studio の旧バージョンの設定を読み込むか」の確認表示が出る場合には、適切な方を選び「OK」をクリックする

  3. ようこそ画面のウインドウが開く

  4. 起動を確認したら、終了する (Android SDK Manager を用いた設定を行いたいので)

Android Studio でプロジェクトの新規作成

  1. Android Studioを起動する
    studio.sh
    

  2. プロジェクトの新規作成を行いたいので「New Project」をクリックする

  3. ウイザードが開く.

    アプリケーション名を指定する. その他の設定も行う。その後、「Next」をクリックする.

  4. フォーム・ファクタの選択

  5. アクティビティの種類の選択

  6. アクティビティ名、レイアウト名の設定

  7. プロジェクトが作成される


最新版の確認

  1. 端末で studio.sh を実行

    ※ これで起動しないときは PATH の設定を再確認

    studio.sh
    

  2. 最新版の確認

    ※ <最新版にバージョンアップする場合の注意事項> 旧バージョンで作成したプロジェクトがうまくインポートできない場合がある

    「Help」 → 「Check for Update」 と操作する

    更新できる場合には「Update and Restart」を選ぶことができる


Android Studio の文字コードの設定

参考 Web ページ: https://code.google.com/p/android/issues/detail?id=55750

build.gradle を編集する

// Top-level build file where you can add configuration options common to all sub-projects/modules.
tasks.withType(Compile) {
    options.encoding = 'UTF-8'
}


Android SDK マネージャを用いた設定

Android SDK マネージャ を使うことで、他のバージョンの Android SDK のインストールなどができる

  1. Android SDK マネージャを起動する.

    Tools」 → 「Android」 → 「SDK Manager」 と操作する

    ※ 端末から Android SDK マネージャを起動したいときは、次のように操作する

    /usr/local/android-studio/sdk/tools/android
    

  2. Android SDK マネージャが開く

    インストール済みのパッケージが確認できる

  3. インストールしたいパッケージを選択し,インストールを開始

    ◆ 下の実行例では,パッケージとして次のものを選んでいる.


  4. インストールされるパッケージとライセンス条項の確認

    パッケージ間に依存関係があるため、「Install ... packages」を複数回クリックする必要がある場合がある.

  5. (オプション) 次のようなメッセージが出たときは,Android SDK Manager を一度終了し、もう一度起動する

  6. (オプション) 次のようなメッセージが出たときは,「Yes」をクリックして ADB を再起動する


Andoid 仮想デバイスマネージャ (AVD Manager) を用いたAndroid エミュレータの生成とテスト実行

  1. Tools」 → 「Android」 → 「AVD Manager」 と操作する

    ※ 端末から Android 仮想デバイスマネージャ (AVD Manager) を起動したいときは、次のように操作する

    /usr/local/android-studio/sdk/tools/android avd 
    

  2. Android 仮想デバイスマネージャ (AVD Manager) が開く

  3. Android エミュレータを生成したいので「Create (新規)」をクリック

  4. 設定画面

    次のように設定してみる

  5. 確認表示

  6. いま作成したエミュレータを起動したいので、「hoge ...」の行をクリックし、「Start (開始)」をクリック

  7. 起動用の画面が開く

    ※ ユーザデータを消去したいときは「Wipe user data」をチェックする.

    Launch (起動)」をクリック

  8. (オプション) Google に情報を送るかを確認する画面が開く場合がある

  9. エミュレータの画面が開く

コマンドを使って,Android エミュレータの生成と起動を行いたいときは次のような手順になる

  1. エミュレータの生成

    • -n hoge: マシン名
    • -1 1: ターゲットID
    • 「--abi armeabi」: armeabi や x86 を指定
    cd  /usr/local/adt-bundle-linux-x86-20130522/sdk/tools
    ./emulator -avd hoge
    

  2. エミュレータの起動
    cd  /usr/local/adt-bundle-linux-x86-20130522/sdk/tools
    ./emulator -avd hoge
    


Andoid デバッグ・モニタを起動してみる

  1. Andoid デバッグ・モニタの起動の前に、前準備として「Tools」 → 「Android」 → 「Enable adb integration」 と操作. チェックされた状態にする

    この操作は1回だけでよい

  2. Tools」 → 「Android」 → 「Android Device Monitor」「Monitor (DDMS included)」 と操作する

    ※ 端末から Andoid デバッグ・モニタを起動したいときは、次のように操作する

    /usr/local/android-studio/sdk/tools/lib/monitor-x86/monitor 
    

  3. デバイスがないときは表示は空

  4. 試しに、エミュレータを起動すると、エミュレータの情報が表示される

  5. File Explorer」をクリックすると、ファイルが表示される


Android Studio でプロジェクトを実行してみる(エミュレータ)

  1. プロジェクトを右クリックし, 「Run」 → 「Run ...」 と操作する

  2. 操作を指定する

    ここでは、プロジェクト名 hoge を実行したいので「hoge」を選ぶ. 設定を行いたいときときは、「Edit Configurations...」の方を選ぶ.

  3. Android 選択

    下の実行例では、すでに起動済みのエミュレータを選んでいる

  4. Android の画面に「Hello World!」と表示される


Android Studio でプロジェクトを実行してみる(Genymotion を利用)

ここでは、Genymotion を使ってみる. 「genymotion のインストールと設定」は、別の Web ページで説明している。

  1. Genymotion を起動しておく

  2. Android Studio で 「Run」 → 「Run ...」と操作する

  3. 操作を指定する

    ここでは、プロジェクト名 hoge を実行したいので「hoge」を選ぶ. 設定を行いたいときときは、「Edit Configurations...」の方を選ぶ.

  4. Android エミュレータの選択

    下の実行例では、「Genymotion Galaxy Nexus」を選んでいる

  5. エミュレータの画面に「Hello World!」と表示される


Android の実機の接続に関する設定

Ubuntu で Android の実機の接続に関する設定のWeb ページを見てください


Android Studio でプロジェクトを実行してみる(実機)

  1. Run」 → 「Run ...」と操作する

  2. 操作を指定する

    ここでは、プロジェクト名 hoge を実行したいので「hoge」を選ぶ. 設定を行いたいときときは、「Edit Configurations...」の方を選ぶ.

  3. Android 実機の選択

    下の実行例では、実機を選んでいる

    下の実行例では、実機を選んでいる

  4. 実機の画面に「Hello World!」と表示される

    org.jetbrains.jps.api.CmdlineRemoteProto$Message$ControllerMessage$ParametersMessage$TargetTypeBuildScope$Builder.ensureTargetIdIsMutable(CmdlineRemoteProto.java:4195 というエラーメッセージが出る場合の対処

    http://www.chrisdew.com/blog/2013/07/17/android-studio-nosuchmethoderror-lazystringarraylist/ に従う

    cd /usr/local/android-studio/
    mv protobuf-2.4.1.jar protobuf-2.4.1.jar.disabled
    

Eclipse のプロジェクトのインポート

Eclipse のプロジェクトを取り込みたい時は、まず、Eclipse の ADT プラグインで「export feature」の操作を行い、Gradle ビルド・システムを作り、その後、 Android で取り込む