トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> JavaScript による Web プログラミング -> Ubuntu で Ruboto をインストールして起動してみる
[サイトマップへ]  

Ubuntu で Ruboto をインストールして起動してみる

Ruboto は, JRuby を使い Android アプリケーションを開発できるようにするシステムソフトウエア

前準備


JRuby のインストール

  1. rbenv, git, ruby-build のインストール

    ◆Ubuntu での実行手順例

    sudo apt-get -yV install libsasl2-dev 
    sudo apt-get -yV install rbenv 
    sudo apt-get -yV install git
    #
    cd
    git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ${HOME}/.rbenv 
    git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ${HOME}/.rbenv/plugins/ruby-build
    cd ${HOME}/.rbenv/plugins/ruby-build
    sudo ./install.sh
    sudo gem install --no-ri --no-rdoc --clear-sources rbenv-rehash 
    # 設定
    export PATH="${HOME}/.rbenv/shims:${HOME}/.rbenv/bin:${PATH}"
    echo "export PATH=\"${HOME}/.rbenv/shims:${HOME}/.rbenv/bin:${PATH}\"" >> ${HOME}/.bashrc
    echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> /home/ubuntuuser/.bashrc
    

  2. 上では .bashrc を書き換えたので、端末を開き直す

  3. rbenv を用いて JRuby をインストールする

    jruby-1.7.4」のところは、インストールしたい Ruby の種類を設定する

    rbenv install -l 
    rbenv install jruby-1.7.4 
    

  4. JRuby を使うように .bashrc を設定

    rbenv global jruby-1.7.4 
    rbenv rehash 
    echo 'rbenv global jruby-1.7.4' >> ${HOME}/.bashrc
    echo 'rbenv rehash' >> ${HOME}/.bashrc
    

  5. 上で .bashrc を書き換えたので、もう1度端末を開き直す

  6. インストールできたことの確認

    ruby -v
    


Ruboto のインストール

  1. http://www.ruboto.org/ を開く

  2. gem install ruboto」の実行


Ruboto を使ってみる

  1. Ruboto のプロジェクトの作成

    ここでの設定

    ruboto gen app --package hoge.hoge.com --name hoge --target android-17
    

    「Hello, Hoge」と表示されるので確認する.

  2. Android 機器の準備

    Android の仮想マシンを起動しておく (例えば、Genymotionや、android コマンド)か、 Android の実機をつないでおく

  3. Ruboto のプロジェクトのインストール操作

    cd com
    rake insall
    

    次のように「error: device not found」と表示される場合は、Android 機器の準備ができていない

  4. アプリケーションメニューを開く操作

  5. アプリケーションを選ぶ

  6. 初回起動時の設定
    1. 画面が開く

    2. この画面でクリックすると Ruboto Core プラットフォームのダウンロードが始まる

    3. ダウンロード画面でインストール操作を行う

    4. アプリケーションの起動をやり直す

  7. アプリケーションの画面が開く

  8. ソースコード hoge_activity.rb を確認しておく