トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> JavaScript による Web プログラミング -> Linux で Titanium Studio のダウンロードとインストール, Android SDK の設定
[サイトマップへ]  

Linux で Titanium Studio のダウンロードとインストール, Android SDK の設定


Java Platform (JDK) のインストール

 

Titanium Studio は、バージョン 1.7.X 以下の JDK を必要とする.(2014/04 時点の情報)

  1. Java Platform (JDK) のインストール

    ◆ Ubuntu 12.04 での実行手順例

    sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
    sudo apt-get update
    sudo apt-get -y install oracle-java7-installer
    sudo apt-get -y install oracle-java7-set-default 
    java -version
    

  2. Oracle (SUN) JDK を使うように設定
    sudo update-java-alternatives  --jre -s java-7-oracle
    sudo update-java-alternatives  --jre-headless -s java-7-oracle
    sudo update-java-alternatives  -s java-7-oracle
    

  3. 設定の確認

    次のコマンドを実行し、/usr/lib/jvm/java-8-oracle...の行に設定されていることを確認する

    sudo update-alternatives --config java 
    

  4. java のバージョンの確認

    update-java-alternatives -l 
    java -version 
    

前準備


node.js, npm のインストール

https://wiki.appcelerator.org/display/tis/Installing+Node.jsの記述に従って,インストールを行う.

◆ Ubuntu での実行手順例

sudo add-apt-repository ppa:chris-lea/node.js
sudo apt-get update
sudo apt-get install nodejs
sudo apt-get install npm 

Titanium Studio のダウンロードとインストール

  1. Web ページを開く

    http://www.appcelerator.com/platform/titanium-studio

  2. Download Titanium」をクリック

  3. サインアップ(アカウントの登録)

  4. アカウントの登録の完了

    「電子メールが配信されるので確認するように」というようなことが書いてある.

  5. ログイン

  6. 種類を選びダウンロード

  7. ダウンロードしたファイルの解凍

    32 ビット Linux の場合の操作手順例

    cd /usr/local
    sudo unzip /tmp/titanium.linux.gtk.x86.zip 
    sudo chown -R $USER:$USER /usr/local/Titanium_Studio
    

    64 ビット Linux の場合の操作手順例

    cd /usr/local
    sudo unzip /tmp/titanium.linux.gtk.x86_64.zip 
    sudo chown -R $USER:$USER /usr/local/Titanium_Studio
    

  8. Ubuntu 12.04 での追加設定

    http://docs.appcelerator.com/titanium/latest/#!/guide/Quick_Start-section-29004949_QuickStart-LaunchingTitaniumStudio の記載による

    sudo apt-get -y install libjpeg62 libwebkitgtk-1.0-0
    fgrep -v MOZILLA_FIVE_HOME /home/ubuntuuser/.bashrc > /tmp/bashrc.$$ 
    sudo cp /tmp/bashrc.$$ /home/ubuntuuser/.bashrc
    echo 'export MOZILLA_FIVE_HOME=/usr/lib/mozilla' >> ~/.bashrc
    chown ubuntuuser /home/ubuntuuser/.bashrc
    

  9. 試しに起動してみる
    /usr/local/Titanium_Studio/TitaniumStudio 
    

  10. ワークスペースの設定

  11. Appcelerator のアカウントを持っているかの質問に答える

  12. 画面

  13. (オプション) 起動時に更新を行うかを質問してくることがある

    更新したいので 「Install」をクリック ssssss


初回起動時の設定

  1. Android SDK を設定したいのでAndroid にチェックし「Settings」をクリック

  2. Android SDK のバージョンを選ぶ

    Android 4.4.2 (API 19), Android 4.0.3 (API 15), Android 2.3.3 (API 10) を選んでいるところ


Titanium Studio を使ってみる

JavaScript を含む HTML ファイルを作成してみます

  1. Titanium Web プロジェクトの新規作成

    「File」→ 「New」→ 「Project」と操作する.

  2. Web Project」を選ぶ

  3. Titanium プロジェクトの種類の選択

    Basic Web Template」 を選び 「Next」をクリック

  4. プロジェクト名 (Project name) の設定

  5. ファイルが作成される.確認する.

  6. 実行

    index.html を右クリックし, 「Run As」→ 「JavaScript Web Application」と操作する.

  7. Web ブラウザが開き,結果が表示される


いくつかのプログラム例

HTML の下の index.html を編集


Titanium Studio で Android SDK の設定変更手順例

  1. Titanium Studio の起動
    /usr/local/Titanium_Studio/TitaniumStudio 
    

  2. Dashboard」をクリック, 「Get Started」をクリック

  3. Android SDK」をクリック

  4. Install or Update Android SDK」をクリック

  5. すでに Android SDK をインストール済みの場合には、そのディレクトリを指定

  6. Android SDK のインストール

    この画面で新しい Android SDK をインストールできる