トップページ -> 情報工学の講義実習資料
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

6. テキストデータベース

[全回分の資料目次]へ


スライド目次

  1. スライド 1 6. テキストデータベース
  2. スライド 2 テキスト検索の技術
  3. スライド 3 テキスト検索を行う局面
  4. スライド 4 テキスト検索
  5. スライド 5 テキストのベクトル表現例
  6. スライド 6 テキストのベクトル表現
  7. スライド 7 content word とは
  8. スライド 8 テキストのベクトル表現例
  9. スライド 9 document frequency
  10. スライド 10 document frequency
  11. スライド 11 inverse document frequency (idf)
  12. スライド 12 log (m/d) のグラフ
  13. スライド 13 term occurrence frequency(tf)
  14. スライド 14 tf/idf
  15. スライド 15 テキストのベクトル表現例
  16. スライド 16 Retrieval
  17. スライド 17 ベクトルの距離
  18. スライド 18 dot product を使用しない理由
  19. スライド 19 Cosine距離
  20. スライド 20 テキスト検索における課題
  21. スライド 21 Performance
  22. スライド 22 Relevance Feedback(1/3)
  23. スライド 23 Relevance Feedback(2/3)
  24. スライド 24 Relevance Feedback(3/3)
  25. スライド 25 Relevance Feedback
  26. スライド 26 Relevance Feedback
  27. スライド 27 インデックス
  28. スライド 28 inverted file
  29. スライド 29 inverted file
  30. スライド 30 inverted file
  31. スライド 31 ベクトル表現での課題
  32. スライド 32 ベクトル表現の限界

Converted from Powerpoint Presentation to HTML by PPT2HTML AddIn.
PPT2HTML : by AGATASHI

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]