トップページ情報工学を学ぶMySQL の利用MySQL コマンドライン・クライアントの主な機能

MySQL コマンドライン・クライアントの主な機能

MySQL コマンドライン・クライアントの主な機能は, Windows のコマンドプロンプトなどで動作するツール. このページでは,MySQL のコマンド で下記の操作を行う手順を説明する.

目次

前準備

MySQL のインストール

あらかじめ決めておく事項

このページでは,データベースの作成を行うので, 作成するデータベースのデータベース名と漢字コードと照合順序を決めておくこと. このページでは,次のように書く.

MySQLが扱える漢字コードは,下記のようなものがある.

このページでは,データベース・一般ユーザのアカウント作成するので,そのユーザ名パスワードを決めておくこと. このページでは次のように書く.

データベース・一般ユーザのアカウント作成データベースの作成と権限の設定には, MySQL データベース管理者 (root)パスワード必要になるので,前もって調べておくこと.

起動と終了

起動

Windows での起動

  1. mysql -u root -p -D mysql」により起動

    root」は MySQL データベース管理者のユーザ名,

    -D mysql」は,使用するデータベースを mysql に設定している.

    mysql -u root -p -D mysql
    
  2. このあと,パスワードを入力してログインする.

    プロンプトが出るので, ここでは,MySQL データベース管理者のパスワードを入れる.

    画面にパスワードが表示されないのは正常動作.

Ubuntu での起動

「sudo mysql -d mysql」により起動.

root」は MySQL データベース管理者のユーザ名,

-D mysql」は,使用するデータベースを mysql に設定している.

sudo mysql -D mysql

終了

exit」で終了.

exit

アカウント(ユーザ名とパスワード)

アカウントの作成

アカウントの作成は, mysql の create user コマンド.

ユーザ名として testuser,パスワードとして HOGE$#34hoge5 を設定したいときの操作は次の通り.

パスワードは,必ず独自に設定してください.

「select * from mysql.user;」はユーザの確認

create user testuser identified by 'HOGE$#34hoge5';
select * from mysql.user;

[image]

パスワードの変更

すでに MySQL のユーザ testuser のパスワードを設定済みで, パスワードを HOGE!%12hoge5変更したい場合は,次のように操作.

mysql でなく mysqladmin コマンドを使うのが簡単.

mysqladmin --user=testuser --password="(古いパスワード)" password "HOGE!%12hoge5"

アカウントの削除

mysql で,「drop user <ユーザ名> ;」のように操作する.

[image]

データベース

データベースの作成

データベースの作成は, mysql の create database コマンド.

  1. create database コマンドによるデータベース作成

    例えば,

    の場合には次のようになる.

    create database testdb default character set cp932 collate cp932_japanese_ci;
    

    「default character set ...」の部分は漢字コードの指定, 「collate ...」の部分照合順序の指定.

    [image]

    例えば,

    の場合には次のようになる.

    create database testdb default character set utf8 collate utf8_unicode_ci;
    

    「default character set ...」の部分は漢字コードの指定, 「collate ...」の部分照合順序の指定.

    [image]
  2. データベースの確認

    出来た データベースは,show databasesコマンドで確認できる.

    show databases;
    

    [image]

権限の設定

このままでは,出来たデータベースは,作成者にしか使えない. 権限を設定して,他の MySQL ユーザにもデータベースが使えるようにする.

データベース testdb の使用権限を,ユーザtestuser に与えるための操作は次の通り(grant コマンドを使用).

grant all on testdb.* to 'testuser';

[image]

データベースの削除

mysql で,「drop database <データベース名> ;」のように操作する.

SQL の実行

create table commodity (
    id integer primary key not null,
    name varchar(32) not null,
    price integer );
insert into commodity values( 1, 'apple', 50 );
insert into commodity values( 2, 'orange', 20 );
insert into commodity values( 3, 'strawberry', 100 );
insert into commodity values( 4, 'watermelon', 150 );
insert into commodity values( 5, 'melon', 200 );
insert into commodity values( 6, 'banana', 100 );
select * from commodity;

期待される結果.

        ID  NAME       PRICE
       ---- ---------- -----
          1 apple         50
          2 orange        20
          3 strawberry   100
          4 watermelon   150
          5 melon        200
          6 banana       100

実行結果

[image]

ファイルに入った SQL の実行

source <ファイル名>

テーブルの一覧表示

データベース内のテーブル一覧を表示するには,show tablesコマンドを使う.

  1. テーブルの一覧表示
    show tables;
    

    [image]