rd-4. 平均と分散 (Rシステムでデータサイエンス演習)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

UP 1 Level


内容

  1. スライド 1 rd-4. 平均と分散 (Rシステムでデータサイエンス演習)
  2. スライド 2 4-1 変数
  3. スライド 3 変数の例
  4. スライド 4 R のベクトル
  5. スライド 5 変数の例
  6. スライド 6 変数と標本の例
  7. スライド 7 4-2 平均と不偏分散 (パソコン演習)
  8. スライド 8 平均と不偏分散
  9. スライド 9 平均と不偏分散
  10. スライド 10 R での平均と不偏分散
  11. スライド 11 R での平均と不偏分散
  12. スライド 12 4-3 母平均と母分散 (パソコン演習)
  13. スライド 13 母平均と母分散
  14. スライド 14 標本はデータなので, 平均は不偏分散は求まる
  15. スライド 15 標本はデータなので, 平均は不偏分散は求まる
  16. スライド 16 今から行うことのイメージ
  17. スライド 17 シミュレーション
  18. スライド 18 ここで行うシミュレーション
  19. スライド 19 ここで行うシミュレーション
  20. スライド 20 合成データからランダムに2個選び標本を作る
  21. スライド 21 合成データからランダムに5個選び標本を作る
  22. スライド 22 標本を20個作り,各標本の平均や不偏分散を求める
  23. スライド 23 各標本の平均値を比べる
  24. スライド 24 各標本の不偏分散値を比べる
  25. スライド 25 各標本の平均値や不偏分散値を集めて,平均をとる
  26. スライド 26 だんだんと 100 に近づく
  27. スライド 27 だんだんと 100 に近づく 何度やっても同じ
  28. スライド 28 標本の個数を 20 から 1000 の間で変えて, 総平均を求めてみる
  29. スライド 29 標本の個数を 20 から 1000 の間で変えて, 総平均を求めてみる
  30. スライド 30 だんだんと 100 に近づく
  31. スライド 31 4-4 正規分布
  32. スライド 32 コイン投げ
  33. スライド 33 コイン投げでの「表の枚数」は変数
  34. スライド 34 分布の例
  35. スライド 35 分布の例
  36. スライド 36 分布の例
  37. スライド 37 分布の例
  38. スライド 38 こんなことに役に立ちます
  39. スライド 39 こんなことに役に立ちます
  40. スライド 40 分布の例
  41. スライド 41 こんなこともできます!
  42. スライド 42 4-5 母平均と母分散の活用例
  43. スライド 43 今から行うことのイメージ
  44. スライド 44 Rで,母平均と母分散から,データを合成
  45. スライド 45 Rで,母平均と母分散から,データを合成
  46. スライド 46 Rで,母平均と母分散から,データを合成
  47. スライド 47 合成データの頻度分布(ヒストグラム)
  48. スライド 48 合成データの頻度分布(ヒストグラム)
  49. スライド 49 合成データの頻度分布(ヒストグラム) (1/2)
  50. スライド 50 合成データの頻度分布(ヒストグラム) (2/2)

Converted from Powerpoint Presentation to HTML by PPT2HTML AddIn.
PPT2HTML : by AGATASHI