sp-13. 数値微分と数値積分 (Scheme プログラミング)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

UP 1 Level


内容

  1. スライド 1 sp-13. 数値微分と数値積分 (Scheme プログラミング)
  2. スライド 2 アウトライン
  3. スライド 3 13-1 数値微分と数値積分
  4. スライド 4 内容
  5. スライド 5 接線の傾き
  6. スライド 6 定積分
  7. スライド 7 区間 [a, b] の小区間への分割
  8. スライド 8 小長方形
  9. スライド 9 小台形
  10. スライド 10 台形則 trapezoidal rule
  11. スライド 11 台形則による数値積分
  12. スライド 12 数値積分の意味
  13. スライド 13 台形則
  14. スライド 14 13-2 パソコン演習
  15. スライド 15 パソコン演習の進め方
  16. スライド 16 DrScheme の使用
  17. スライド 17 例題1.接線の傾き
  18. スライド 18 「例題1.接線の傾き」の手順
  19. スライド 19 まず,関数 d/dx を定義している
  20. スライド 20 次に関数 f2 を定義している (define (f2 x) (- (*...
  21. スライド 21 これは, (d/dx f2 3 0.0001) と書いて,x の値を 3 に,...
  22. スライド 22 入力と出力
  23. スライド 23 d/dx 関数
  24. スライド 24 (dx/d f2 3 0.0001) から 6 が得られる過程の概略
  25. スライド 25 (dx/d f2 3 0.0001) から 6 が得られる過程の概略
  26. スライド 26 (dx/d f2 3 0.0001) から 6 が得られる過程の概略
  27. スライド 27 例題2.台形則による数値積分
  28. スライド 28 「例題2.台形則による数値積分」の手順
  29. スライド 29 まず,関数 trapezoid-iter, trapezoid を定義している
  30. スライド 30 次に関数 f2 を定義している (define (f2 x) (exp ...
  31. スライド 31 これは, (trapezoid f2 0 1 1000) と書いて,a の値を...
  32. スライド 32 (define (trapezoid-iter f a h k) (cond...
  33. スライド 33 例題3.台形則の計算の精度
  34. スライド 34 例題3.「台形則の計算の精度」の手順 (1/2)
  35. スライド 35 例題3.「台形則の計算の精度」の手順(2/2)
  36. スライド 36 数値積分の精度
  37. スライド 37 おわりに
  38. スライド 38 13-3 課題
  39. スライド 39 課題1
  40. スライド 40 演習2
  41. スライド 41 演習3
  42. スライド 42 演習4
  43. スライド 43 演習4.関数のグラフ
  44. スライド 44 ;; d/dx: (number->number) number number ...
  45. スライド 45 ; window size (define WX 500) (define WY...
  46. スライド 46 ; draw-polyline (define (draw-polyline a...
  47. スライド 47 ; draw-v-lines (define (draw-v-lines sta...
  48. スライド 48 ; (x0, y0) is the origin. sx and sy repr...

Converted from Powerpoint Presentation to HTML by PPT2HTML AddIn.
PPT2HTML : by AGATASHI