トップページ人工知能,実世界DBナンバープレート認識Ubuntu で OpenALPR システムを使ってみる(書きかけ)

Ubuntu で OpenALPR システムを使ってみる(書きかけ)

ナンバープレートの画像読み取りでは、

を行う


以下、書きかけ
sudo cp /usr/share/tesseract-ocr/tessdata/jpn.traineddata ljp.traineddata 
cd /usr/share/openalpr/runtime_data/postprocess
sudo cp us.patterns jp.patterns
cd /usr/share/openalpr/runtime_data/config
sudo cp us.conf jp.conf 
jp.xml を設定 (us.xml をコピー)

動作確認してみる.

Windows のコマンドプロンプトで次を実行する

cd <openalpr-2.3.0-win-64bit.zip を展開(解凍)したディレクトリ>
alpr -c us samples\us-1.jpg

※ うまく認識できない場合は、「No license plate found.」と表示される。

元画像 samples\us-1.jpg を下に示す。

[image]

Python から OpenALPR システムを使ってみる

参考 Web ページ:https://github.com/openalpr/openalpr/tree/master/src/bindings/python

前もって調べておく事項

Python 64 ビット版のインストール,pip と setuptools の更新

Windows での Python 3.10 のインストール,pip と setuptools の更新: 別ページで説明している.

Python の公式ページ: http://www.python.org/

Python 開発環境のインストール

OpenALPR の Python バインディングのインストール

  1. GitHub の OpenALPR の Web ページを開く

    https://github.com/openalpr/openalpr

  2. Clone or download」を展開し, 「Download ZIP」をクリック

    [image]
  3. .zip ファイルのダウンロードが始まるので確認する.

    [image]
  4. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.分かりやすいディレクトリに置く.

    Windows での展開(解凍)のためのソフトには,「7-Zip」などがある.

    この .zip ファイルは,e:\Downloads\openalpr-master\openalpr-master に展開(解凍)したものとして,説明を続けるので,適切に読み替えてください.

    [image]
  5. Windows のコマンドプロンプトを開き、いま展開(解凍)したディレクトリに移動
    e:
    cd e:\Downloads\openalpr-master\openalpr-master
    

    [image]
  6. 引き続き、今のWindowsのコマンドプロンプトで次を実行
    cd src\bindings\python
    python setup.py install 
    
  7. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行する.

    [image]
  8. インストールしたいので、次のコマンドを実行
    python -m pip install -U numpy scipy
    
  9. Jupyter Qt Console を起動

    jupyter qtconsole
    

    [image]
    ->

    Iris データセットの準備

    Python プログラムの実行

    Python 開発環境(Jupyter Qt Console, Jupyter ノートブック (Jupyter Notebook), Jupyter Lab, Nteract, Spyder, PyCharm, PyScripterなど)も便利である.

    Python 開発環境の説明: 別ページにまとめている.

    ※ 「jupyter qtconsole」を入れたのに,jupyter qtconsole起動しない という場合には,次の操作で,インストールを行ってから,もう一度試してみる.

    python -m pip install -U jupyterlab jupyter jupyter-console jupytext spyder
    
  10. 次のプログラムを実行
    from openalpr import Alpr
    
    alpr = Alpr("us", "/path/to/openalpr.conf", "/path/to/runtime_data")
    if not alpr.is_loaded():
        print("Error loading OpenALPR")
        sys.exit(1)
    
    alpr.set_top_n(20)
    alpr.set_default_region("md")
    
    results = alpr.recognize_file("/path/to/image.jpg")
    
    i = 0
    for plate in results['results']:
        i += 1
        print("Plate #%d" % i)
        print("   %12s %12s" % ("Plate", "Confidence"))
        for candidate in plate['candidates']:
            prefix = "-"
            if candidate['matches_template']:
                prefix = "*"
    
            print("  %s %12s%12f" % (prefix, candidate['plate'], candidate['confidence']))
    
    # Call when completely done to release memory
    alpr.unload()
    

(参考) tesseract Windows版のダウンロードとインストール

  1. 次の Web ページを開く

    https://github.com/tesseract-ocr/tesseract/wiki

  2. Tesseract at UB Mannheim」をクリック

    [image]
  3. tesseract-ocr-setup-3.05.01.exe」をクリック

    [image]
  4. ダウンロードが始まる

    [image]
  5. ダウンロードした .exe ファイルを実行
  6. Windows の環境変数 TESSDATA_PREFIX の設定

    Windows のshisutemu 環境変数 TESSDATA_PREFIX C:\Program Files (x86)\Tesseract-OCR\tessdataに設定

    [image]
  7. tesseract 用の日本語データ

    3.04, 3.05 用のデータは、次のWebページからダウンロード. ファイル名は jpn.traineddata

    https://github.com/tesseract-ocr/tessdata/tree/3.04.00

  8. ダウンロードした jpn.traineddata を、次のディレクトリに置く
    C:\Program Files (x86)\Tesseract-OCR\tessdata
    

    OpenALPR の Web ページ

    https://github.com/openalpr/openalpr

rykov ssd_keras のインストール手順

  1. rykov ssd_keras の Web ページを開く

    https://github.com/rykov8/ssd_keras

    この Web ページで「」

  2. Clone or download」を展開し, 「Download ZIP」をクリック

    [image]
  3. .zip ファイルのダウンロードが始まるので確認する.

    [image]
  4. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.分かりやすいディレクトリに置く.