トップページ -> 実践知識 -> 3次元地図データベース応用 -> オンラインサービスの OSMBuilding を使って 3次元地図を見てみる
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

オンラインサービスの OSMBuilding を使って 3次元地図を見てみる

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

OSM Building サーバ (OSM Building Server) を使ってみる

OSM Building サーバは、所定の条件下で無料で利用できるオンラインのサービス.

その説明は https://github.com/OSMBuildings/OSMBuildings/blob/master/docs/server.md

試しに、次の URL を開いてみる https://osmbuildings.org/?lat=34.45673&lon=133.23062&zoom=18&tilt=30&rotation=4

マウス操作で、ズームイン・ズームアウト、移動、回転ができる

地図タイルとは

地図タイルとは、「レイヤ番号/X/Y」の形(タイル座標という)で、地図の場所を示すやり方のことで、 X, Y は地図の場所.レイヤ番号は地図の大きさ. レイヤ番号=0のときは全世界,レイヤ番号が1増えると,面積は 1/4.

画像の地図の場合には,1個の地図タイル = 256×256の画像が標準

※ゲームの「マップ」でも地図タイルと同じ技術が使われていることも

国土地理院のタイル座標確認ページ

http://maps.gsi.go.jp/development/tileCoordCheck.html

レイヤ番号/X/Y」の形で、タイル座標が表示される