トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> 3次元コンピュータグラフィックス -> Blender ゲームエンジンのロジックエディタを使ってみる
[サイトマップへ]  

Blender ゲームエンジンのロジックエディタを使ってみる

Blender ゲームエンジンのロジックエディタとは,ゲームのロジックをビジュアルに編集できる画面です.

このWebページでは Blender バージョン 2.79 で説明しています.

目次

  1. 前準備
  2. Blender ゲームエンジンについての基本操作
  3. オブジェクトを動かす

前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすいでしょう.


Blender ゲームエンジンについての基本操作

Blender ゲームエンジンに切り替え

  1. Blender ゲームエンジンを使いたいので, Blender の画面レイアウトを「Game Logic」に変える

  2. Blender ゲームエンジンを使いたいので, Render Engine (レンダー・エンジン) を,「Blender Game (Blender ゲーム)」に切り替え

    Render Engine (レンダー・エンジン) は, 既定では 「Blender Render (Blender レンダー)」になっている. 「Blender Game (Blender ゲーム)」に切り替える

Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)の開始と終了

演習1

  1. Blenderを起動し,Blender ゲームエンジンに切り替えなさい
  2. Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)を開始し,終了しなさい

    すると,画面が変わる

    ※ ゲームの中身を何も作っていないので,「立方体」が表示されるだけ.

    終了したいときは ESC キーで終了


オブジェクトを動かす

Blender では,ビジュアルにプログラムを作成することができる.

  1. 3次元オブジェクトを,右クリックで選ぶ

  2. イベントの種類を選ぶ

    Blender では,「センサーがイベントを発生させる」と考えて,センサーの種類を選ぶことになる。

    センサーの種類として「キーボード」を選ぶ

  3. キーの右横の枠をクリック.「Press a key」と表示された状態にする

  4. 今度は,キーボードを使う.キーボードの上矢印キーを押す。

  5. キーの右横の枠に,キーボードの上矢印キーが表示されるので確認する.

  6. コントローラ追加は,「And (積)」を選ぶ

  7. アクチュエータ追加は,「モーション」を選ぶ

  8. 位置は「0.20 0.00 0.00」のように設定する

  9. マウスを使って,線をつなぐ

  10. Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)を開始: する

    ※ Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)がうまく動かないときは、Embedded Player (内蔵プレイヤー)を使う

  11. Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)の画面でマウスをクリック.その後, キーボードの上矢印キーを何度か押し,変化をみる

以上まとめ

演習問題

  1. Blender ゲームエンジンのロジックエディタで,次のように編集しなさい

    出来上がったら,Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー) で動作確認しなさい.

    ※ Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)がうまく動かないときは、Embedded Player (内蔵プレイヤー)を使う

    確認が終わったら「ESC]キーで終了.ロジックエディタの中身は,消さずに残しておくこと.

  2. 下矢印キーも使うことにしたい.次を追加しなさい

    出来上がったら,Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー) で動作確認しなさい.

    ※ Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)がうまく動かないときは、Embedded Player (内蔵プレイヤー)を使う

    確認が終わったら「ESC]キーで終了.