トップページ -> コンピュータ実習 -> 3次元コンピュータグラフィックス -> Blender 2.8 の画面構成と基本操作
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Blender 2.8 の画面構成と基本操作

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ
Blenderは,有名な3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウエア. 立体の編集,レンダリング、ライト(ランプ)やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

Blender の Web ページ: https://www.blender.org/

目次

  1. 前準備
  2. 画面構成
  3. 元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)
  4. ファイル保存
  5. オブジェクトの種類
  6. オブジェクトモードと編集モード
  7. オブジェクトモードと編集モードの切り替え
  8. 選択,全選択,選択対象の切り替え,投げ縄選択,ボックス選択
  9. 配置,変形(移動,回転,拡大縮小),座標系の切り替え
  10. カーソルの移動,立体の追加(新規作成),複製,削除
  11. オブジェクトの結合,分離
  12. 3D ビューのビューの操作
  13. カメラビュー
  14. メッシュ細分化
  15. レンダリング

前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすい.


画面構成

既定(デフォルト)では,メニュー3Dビューポートタイムラインアウトライナープロパティの5画面が表示される.(これらは,配置,表示・非表示の調整可能)

3Dビューポートには,立体,カメラ,ライト,ヘッダ(メニュー),サイドバー,ナビゲーションコントール,インタラクティブナビゲーションが表示される.

サイドバーの表示,非表示は,マウス操作でできる.n キーでもできる.


元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)

元に戻す,やり直すは,メニューでできる.

ショートカット


ファイル保存

ファイル保存は,画面上部の「File」→「Save As...」 ※ ファイル名は英語で.


オブジェクトの種類

既定(デフォルト)では,3Dビューポートに, 立体,カメラ,ライト(ランプ)が表示される.


オブジェクトモードと編集モード


オブジェクトモード.オブジェクト外周がピンク色で囲まれる


編集モードでは,頂点,辺,面のどれかが選択される

オブジェクトモードと編集モードの切り替え

モード切り替えは,メニューでできる.オブジェクトモード編集モードなど.Tab キーでもできる.

ショートカット:Tab キー


選択,全選択,選択対象の切り替え,投げ縄選択,ボックス選択

ショートカット


配置,変形(移動,回転,拡大縮小),座標系の切り替え

ショートカット

※ 「r」キーを1回だけ押すと,視点を基準として回転

※ 「r」キーを2回押すと,3軸の回転

o


カーソルの移動,立体の追加(新規作成),複製,削除

ショートカット


オブジェクトの結合,分離

ショートカット


3D ビューのビューの操作

ショートカット


カメラビュー


メッシュ細分化

メッシュ細分化は,

※ 5以上のレベルも、同様の操作


レンダリング

レンダリングでは,光が当たっているか当たっていないかなどの計算が行われる.

ショートカット


設定