トップページ -> 実践知識 -> 3次元コンピュータグラフィックス(ポリゴンと点群) -> Blender のマテリアル
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Blender のマテリアル

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ
Blenderは,有名な3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウエア. 3次元オブジェクトの編集,レンダリング、光源やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

説明ビデオ(音声つき)が YouTube にもあります.4分6秒.https://www.youtube.com/watch?v=Xi1Tp7vbjgU&t=23s

キーワード:Blender, レンダリング, 光源(ランプ), 光源(ランプ)の種類,Transparency(透過)による透明化

前もって準備しておくこと

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.


このWebページで行う主な操作

関連Webページ: Blender の画面構成と基本操作

オブジェクトの選択,位置モード,3次元オブジェクトの新規作成

視野の平行移動,視野の回転,作業視野とカメラ視野

操作のアンドウ(Undo)とリドウ(Redo)


レンダリング

※ 演習: ポイント(Point), サン(Sun), スポット(Spot), エリア(Area) の違いを確認しなさい


マテリアル

Diffuse の色の変更は次の手順.※ マテリアルは,色以外にもたくさんある.

※ 演習: Cube (立方体)のオブジェクトの色を設定しなさい

  1. オブジェクトモードで,Cube (立方体)のオブジェクトを選択

  2. プロパティの画面で,「マテリアル」のボタンをクリック

  3. 下のように「新規 (New)」のボタンが表示されるときは,新規 (New)をクリック

  4. マテリアルのプロパティを設定できる画面を確認

  5. ベースカラー」の枠をクリック

  6. 色を選ぶ

※ 演習: 再度 ポイント(Point), サン(Sun), スポット(Spot), エリア(Area) の違いを確認しなさい


Transparency(透過)による透明化

3次元オブジェクトを選択し, プロパティの画面で,Transparency(透過)にチェックし, Alpha (アルファ)の値を 0以上1未満にする(小さいほど透明になる)

  1. まずは, オブジェクトモードで,好きな3次元オブジェクトを選択

  2. プロパティの画面で,「マテリアル」のボタンをクリック

  3. 下のように「新規 (New)」のボタンが表示されるときは,新規 (New)をクリック

  4. Alpha (アルファ)の値を 0以上1未満にする

    ※ 小さいほど透明になる

  5. ブレンドモードは「付加」を選んで見る.

    ※ 「不透明」のままにしていると,透明感の表現ができない

  6. レンダリング: F12 キー

  7. Alpha (アルファ)の値を別の値に変えてみる

  8. レンダリング: F12 キー