トップページ -> コンピュータ実習 -> 3次元コンピュータグラフィックス -> Blender 2.8 で,レンダリングを行う(体験学習)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Blender 2.8 で,レンダリングを行う(体験学習)

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ
Blenderは,有名な3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウエア. 立体の編集,レンダリング、ライト(ライト)やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

Blender の Web ページ: https://www.blender.org/

目次

  1. 前準備
  2. 画面構成
  3. 元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)
  4. Eevee によるレンダリング
  5. Cycles によるレンダリング

前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすい.


画面構成

既定(デフォルト)では,メニュー3Dビューポートタイムラインアウトライナープロパティの5画面が表示される.(これらは,配置,表示・非表示の調整可能)

3Dビューポートには,立体,カメラ,ライト,ヘッダ(メニュー),サイドバー,ナビゲーションコントール,インタラクティブナビゲーションが表示される.

サイドバーの表示,非表示は,マウス操作でできる.n キーでもできる.


元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)

元に戻す,やり直すは,メニューでできる.

ショートカット


Eevee によるレンダリング

ここで使用するシーン

平面の上に,半透明の円柱と球があるようなシーンで説明する.

Blender ファイル:02e.blend を使用する.

3Dビューポートを,カメラ視野に変える

次の手順で、カメラを見やすい位置に調整する

  1. カメラをビューにロック

    サイドバーで行う. サイドバーの表示は,3Dビューポートで「N」キー.「カメラをビューにロック (Lock Came to View)」をチェックする(チェックを外す)

    ※ 終わったら,もう1度「N」キーを押して,シェルフを閉じる.

  2. 3Dビューポートのビューを,カメラビューに変える

    ビューのカメラビュー,ユーザビュー(作業ビュー)切り替えは,メニューでできる.ナビゲーションコントロールでもできる.

  3. すると,「カメラビュー」を動かすと,同時にカメラも動くようになる

スクリーンスペース反射の設定

次の手順で,スクリーンスペース反射 (Screen Space Reflection)を有効にする 他の立体からの反射光が映り込むようになる

プロパティのレンダーで, 「スクリーンスペース反射」をチェックする.

アンビエントオクルージョンの設定

次の手順で,アンビエントオクルージョンを有効にする アンビエント光(環境光)が立体によって遮られるようになる

プロパティのレンダーで, 「アンビエントオクルージョン」をチェックする.

オーバースキャンの設定

次の手順で,オーバースキャンを有効にする. これは,レンダリングの範囲外からの影響を考慮させるためのもの.

プロパティのレンダーで, 「フィルム」を展開し, 「オーバースキャン」をチェックする.

ソフトシャドウの設定

次の手順で,ソフトシャドウを有効にする. ソフトシャドウを有効にすると画質が改善するとは言い切れない. ソフトシャドウが有効になる.「ソフトシャドウを有効にしたほうが良さそうか」は,毎回確認し,良さそうであれば有効にする.

プロパティのレンダーで, 「」を展開し, 「ソフトシャドウ」をチェックする.

レンダリング操作

レンダリングは,メニューでできる.F12 キーでもできる.

カラーマネジメント

次の手順で,カラーマネジメントを変更できる.

プロパティのレンダーで, 「カラーマネジメント」を展開し, 「ルック」のメニューを開く.

カラーマネジメントを選択できる


Cycles によるレンダリング

ここで使用するシーン

平面の上に,半透明の円柱と球があるようなシーンで説明する.

この時点での Blender ファイル:02e.blend

3Dビューポートを,カメラ視野に変える

次の手順で、カメラを見やすい位置に調整する

  1. カメラをビューにロック

    サイドバーで行う. サイドバーの表示は,3Dビューポートで「N」キー.「カメラをビューにロック (Lock Came to View)」をチェックする(チェックを外す)

    ※ 終わったら,もう1度「N」キーを押して,シェルフを閉じる.

  2. 3Dビューポートのビューを,カメラビューに変える

    ビューのカメラビュー,ユーザビュー(作業ビュー)切り替えは,メニューでできる.ナビゲーションコントロールでもできる.

  3. すると,「カメラビュー」を動かすと,同時にカメラも動くようになる

Cycles レンダーデバイスの設定

  1. メニューの「編集」で, 「プリファレンス (Preferences)」を選ぶ.

  2. システム」を選ぶ.

  3. Cycles レンダーデバイス」を設定する.

    CUDA の準備ができているときは CUDA を選ぶ

レンダリングエンジンを Cycles に変え,設定を行う

  1. プロパティのレンダーで,レンダリングエンジンを「Cycle」に変える

  2. デバイスは「CPU」か「GPU演算」を選ぶ.

    GPU が使える状態になっているときに限り,「GPU演算」を選ぶ.

  3. デノイズデータ」の設定

    プロパティで「ビューレイヤー」を選び, 「パス」を展開. 「デノイズデータ」をチェック.

レンダリング操作

レンダリングは,メニューでできる.F12 キーでもできる.



本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)