トップページ -> 実践知識 -> 3次元コンピュータグラフィックス -> BlenderVR を使ってみる
[サイトマップへ], サイト内検索:

BlenderVR を使ってみる

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

BlenderVR のインストール法について図解で示します。

先人に感謝

Web ページ


前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすいでしょう.


インストール手順

  1. Blender VR のマニュアルの Web ページを開く。

    http://blender-vr-manual.readthedocs.io/index.html

  2. Installation」の下の「Install BlenderVR (automatic)」をクリック

  3. BlenderVR Win7 64bits Standalone」をクリック.

  4. ファイルのダウンロードが始まる

  5. セットアップに使用する言語の選択では,「OK」をクリック

  6. 開始の画面では,「次へ」をクリック

  7. 使用許諾計画書を確認する

  8. インストールディレクトリ(フォルダ)は既定のままで良い.「次へ」をクリック

  9. インストールがうまく行ったかを確認したいので、試しに実行してみたい

    まずは、次のファイルを作り、E:\Documents\hoge.xml のような名前で保存する.拡張子は「.xml」にすること。

    <?xml version="1.0"?>
    <blendervr>
    
      <starter blender='C:/BlenderVR/blender/blender.exe'>
        <config name='Fullscreen'>fullscreen</config>
        <config name='Console'>console</config>
        <config name='Split'>console half left, console half right</config>
      </starter>
    
      <users>
        <user name="user A"/>
      </users>
    
      <computers>
        <system>
          <daemon transmit='True'>
            <environment>SystemRoot=C:/Windows</environment>
          </daemon>
          <blenderplayer executable='C:/BlenderVR/blender/blenderplayer.exe' />
        </system>
        <computer name='Any' hostname='*' />
      </computers>
    
      <screens>
        <screen name="fullscreen" computer="Any">
          <display options="-f">
            <graphic_buffer buffer="mono" user='user A' eye="middle"/>
          </display>
          <wall>
            <corner name="topRightCorner">1.0, 1.0, -1.0</corner>
            <corner name="topLeftCorner">-1.0, 1.0, -1.0</corner>
            <corner name="bottomRightCorner">1.0, -1.0, -1.0</corner>
          </wall>
        </screen>
    
        <screen name="console" computer="Any">
          <display options="-w 400 400">
            <graphic_buffer buffer="mono" user='user A' eye="middle"/>
          </display>
          <wall>
            <corner name="topRightCorner">1.0, 1.0, -1.0</corner>
            <corner name="topLeftCorner">-1.0, 1.0, -1.0</corner>
            <corner name="bottomRightCorner">1.0, -1.0, -1.0</corner>
          </wall>
        </screen>
    
        <screen name="console half left" computer="Any">
          <display options="-w 400 400 200 300">
            <graphic_buffer user='user A'/>
          </display>
          <wall>
            <corner name="topRightCorner">0.0, 1.0, -1.0</corner>
            <corner name="topLeftCorner">-1.0, 1.0, -1.0</corner>
            <corner name="bottomRightCorner">0.0, -1.0, -1.0</corner>
          </wall>
        </screen>
    
        <screen name="console half right" computer="Any">
          <display options="-w 400 400 600 300">
            <graphic_buffer user='user A'/>
          </display>
          <wall>
            <corner name="topRightCorner">1.0, 1.0, -1.0</corner>
            <corner name="topLeftCorner">0.0, 1.0, -1.0</corner>
            <corner name="bottomRightCorner">1.0, -1.0, -1.0</corner>
          </wall>
        </screen>
    
      </screens>
    
      <plugins>
      </plugins>
    
    </blendervr>
    

    Windows でコマンドプロンプトを開き、次を実行

    「C:\BlenderVR\venv\Scripts\sctivate」は、BlenderVR に内蔵のPython処理系を有効に有効にするためのもの

    C:\BlenderVR\venv\Scripts\sctivate
    C:\BlenderVR\source\blendervr
    

  10. 2か所を設定

  11. 起動

    「Run」のタブで「Start」をクリック.次のような画面が開いたら動作確認OK.

    ESC キーで終了



手動インストールを試してみる(書きかけ)

http://blender-vr-manual.readthedocs.io/installation/installation-manual.html の記載に従う

Blender 用 Python のバージョンの確認

Python のバージョンは,「Blender で Python のスクリプトを実行してみる」に記述の手順で確認する

Python のインストール

いま確認した Python と同じバージョンの Python をインストールする

  1. Python のダウンロード用 Web ページを開く

    https://www.python.org/downloads/

  2. ダウンロードしたいので,「Downloads」をクリック

  3. バージョンを選ぶ

  4. 画面が切り替わる。ファイルの種類を選ぶ。

    Windows の 64ビット版のインストーラをダウンロードしたいので、「x86_64-executable-installer」を選ぶ

  5. ダウンロードが始まる

  6. ダウンロードしたファイルを実行する

  7. Add Python ... to PATH」をチェックしないことにする

    Blender の Python と同じバージョンの Python をインストールしたが、 すでに、システムに、新しい Python がインストール済み(もしくはインストール予定)の可能性があるため

  8. インストールが始まる

  9. インストールの終了

    Disable path length limit」が表示されたときは、クリックして、パス長の制限を解除する

    Close」をクリック

virutalenv, virtualenv wrapper のインストール

以下,Windows でインストール済みであるものとして説明を続けます.

  • Ubuntu でのインストール手順は、 別の Web ページ先頭部分で説明している.

    以下,Windows でインストール済みであるものとして説明を続けます.

    Python 3.5 環境の準備

    1. Windows では,コマンドプロンプトを管理者として実行

    2. 新しいPython 環境を作りたい.今のコマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

      ※ 「python=3.5」の「3.5」は,必ず,先ほど調べたバージョンに一致させること.

      ※ 「--name 」のところに書く名前「」は何でも いが,あとで思い出しやすい分かりやすい名前にすること

      conda create --name py35 python=3.5 
      

    3. ※ 「Proceed ([y]/n)?」と表示されたら, y + Enter で続行する.「反応が遅いなあ」と思ったら、Enter キーを押してみる.

    4. インストール終了の確認

    これで、元からインストールされていた Python と,新しく作成した Python バージョン3.5 という、違うバージョンの Python が共存できた。

    インストール

    1. 引き続き,今のコマンドプロンプトで,次のコマンドを実行し,Python 3.5環境に切り替える.
      activate py35
      

      ※ このとき,エラーメッセージが出ないこと確認

    2. pysideをインストールしたいので,今のコマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

      ※ Anaconda や Miniconda を使っていないときは conda コマンドがないので pip コマンドを使ってください

      conda install pyside 
      

    3. ※ 「Proceed ([y]/n)?」と表示されたら, y + Enter で続行する.「反応が遅いなあ」と思ったら、Enter キーを押してみる.

    4. インストール終了の確認

    5. Blender VR の手動インストールの Web ページを開く。

      http://blender-vr-manual.readthedocs.io/installation/installation-manual.html

    6. BlenderVR Sources」をクリック.

    7. .zip 形式ファイルのダウンロードが始まる

      ファイル名は source-master.zip

    8. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.分かりやすいディレクトリに置く.

      ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.

      この .zip ファイルは,E:\source-master\source-master に展開(解凍)したものとして,説明を続けるので,適切に読み替えてください.

    9. Windows で,コマンドプロンプトを管理者として実行

    10. 確認のため、blendervr を起動してみる
      e:
      cd e:\source-master\source-master
      python .\blendervr
      

    11. アクセス許可についての警告表示が出たときは,確認のうえで「アクセスを許可する」をクリック

    12. 下のような画面が開けば、インストールは成功

    自動インストーラだと Python 3.4.3, Qt4.8.6 も入ります

    書きかけの XML ファイル fullscreen console console half left, console half right SystemRoot=C:/Windows 1.0, 1.0, -1.0 -1.0, 1.0, -1.0 1.0, -1.0, -1.0 1.0, 1.0, -1.0 -1.0, 1.0, -1.0 1.0, -1.0, -1.0 0.0, 1.0, -1.0 -1.0, 1.0, -1.0 0.0, -1.0, -1.0 1.0, 1.0, -1.0 0.0, 1.0, -1.0 1.0, -1.0, -1.0