トップページ -> コンピュータ実習 -> 3次元コンピュータグラフィックス -> プロパティで,「マテリアル」をクリック
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Blender の画像テクスチャ,テクスチャ座標系を学ぶ

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ

Blender の PBR Materials アドオンを紹介する.

PBR Materials アドオンの Web ページ: http://3d-wolf.com/products/materials.html

Blender の Web ページ: https://www.blender.org/

目次

  1. 前準備
  2. Blender の PBR Materials アドオンのインストール
  3. 使ってみる

サイト内の関連ページ:

謝辞:このページでは,「いらすとや」の画像ファイルを利用しています

前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすい.


画面構成

既定(デフォルト)では,メニュー3Dビューポートタイムラインアウトライナープロパティの5画面が表示される.(これらは,配置,表示・非表示の調整可能)

3Dビューポートには,立体,カメラ,ライト,ヘッダ(メニュー),サイドバー,ナビゲーションコントール,インタラクティブナビゲーションが表示される.

サイドバーの表示,非表示は,マウス操作でできる.n キーでもできる.


元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)

元に戻す,やり直すは,メニューでできる.

ショートカット


画像テクスチャ,テクスチャ座標系を学ぶ

ルック開発モード,スタジオライトの設定

マテリアルを 3Dビューポートですぐに確認できるようにするために,3Dビューポートをルック開発モードに変える.スタジオライトの設定を行う

  1. まず,ルック開発モードに切り替える.

    ルック開発モードへの切り替えは,メニューでできる.

    ルック開発モードは,立体のマテリアル等を調整するために,シーン内のライトを,簡単に切り替えながら確認するためのモードである.

  2. 次に,スタジオライトの設定を行う.

    スタジオライトの設定はメニューでできる.

    ここでは,一番左の city.exr を選ぶ

立体に画像テクスチャを設定してみる

立体に画像テクスチャを設定し,画像ファイルを画像テクスチャとして使用する.

  1. 画像テクスチャに使用したい画像ファイルを準備する

  2. 立体を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,選択ツールを選んだあとで,左クリック.

  3. プロパティの「マテリアル」をクリック

  4. 下のように「新規 (New)」のボタンが表示されるときは,新規 (New)をクリック

  5. ベースカラー」の右横の「」をクリック

  6. 画像テクスチャ」を選ぶ

  7. 画像ファイルを,画像テクスチャとして使いたいので,「開く」をクリック

  8. 画像テクスチャとして使いたい画像ファイルを選び,「画像を開く」をクリック

  9. ルック開発モードで確認する.

    ルック開発モードへ切り替えてない場合は,切り替える

実習

画像ファイルを,新しく1つ用意し,今の立方体の画像テクスチャを,新しい画像ファイルに設定しなさい

テクスチャ座標系の確認

  1. Blender のワークスペースを「UV Editing」に変える

  2. UV Editing」のワークスペースに変わるので確認

    左側の画面は,画像エディタ (Image Editor) になっている

    立方体の表面の展開図が自動作成される


全体まとめ



本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)