トップページ -> コンピュータ実習 -> 3次元コンピュータグラフィックス -> Blender 2.8 で,オブジェクトを配置する(体験学習)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Blender 2.8 で,オブジェクトを配置する(体験学習)

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ
Blenderは,有名な3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウエア. 立体の編集,レンダリング、ライト(ランプ)やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

Blender の Web ページ: https://www.blender.org/

目次

  1. 前準備
  2. 画面構成
  3. 元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)
  4. オブジェクトの配置を学ぶ
  5. 全体まとめ

Blender 2.8 で複数のオブジェクトを配置する.移動,回転,拡大縮小も行う.

サイト内の関連ページ: Blender 2.8 の画面構成と基本操作


前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすい.


画面構成

既定(デフォルト)では,メニュー3Dビューポートタイムラインアウトライナープロパティの5画面が表示される.(これらは,配置,表示・非表示の調整可能)

3Dビューポートには,立体,カメラ,ライト,ヘッダ(メニュー),サイドバー,ナビゲーションコントール,インタラクティブナビゲーションが表示される.

サイドバーの表示,非表示は,マウス操作でできる.n キーでもできる.


元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)

元に戻す,やり直すは,メニューでできる.

ショートカット


オブジェクトの配置を学ぶ

ここでの Blender の設定

このページでは,ここに書いた設定を終えた状態で,スクリーンショットを載せている. (ここに書いた設定を行わなくても,細かな画面表示が変わるだけで問題ない).

球(UV球),円柱,平面の作成

シーン内に球(UV球),円柱,平面を作成する. それぞれの立体は,違う場所に置く(重ならないようにする).

  1. 球(UV球)を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

  2. カーソルを,別の場所に移動する

    カーソルの移動は,カーソルツールでできる.カーソルツールを選んだあとで,右クリック.

  3. 今度は,円柱を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

  4. カーソルを,別の場所に移動する

    カーソルの移動は,カーソルツールでできる.カーソルツールを選んだあとで,マウスの左クリック

  5. 今度は,平面を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

  6. 平面を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,選択ツールを選んだあとで,左クリック.

移動,回転,拡大縮小,追加選択

Blender で移動,回転,拡大縮小,追加選択を行う

  1. 平面を移動する.移動ツールを利用する.

    移動ツールへの切り替えは,g キーでもできる.

  2. 平面を回転する.回転ツールを利用する.

    回転ツールへの切り替えは,r キーでもできる.

  3. 平面を拡大縮小する.拡大縮小(スケール)ツールを利用する.

    拡大縮小ツールへの切り替えは,s キーでもできる.

  4. 球を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,選択ツールを選んだあとで,左クリック.

  5. 円柱を追加選択

    追加選択は,追加したいオブジェクトを,[SHIFT] 左クリック

  6. 円と球を移動する.移動ツールを利用する.

    移動ツールへの切り替えは,g キーでもできる.

  7. 球,平面,円柱を,アウトライナーで確認

    オブジェクトの選択追加選択は,アウトライナーでもできる.

  8. 画面の4分割への切り替えも行ってみる

    画面の4分割」のモードへの切り替えは、[CTRL] [ALT] Q(元に戻すのも同じ操作).

    「この方が使いやすい」と思ったときは、こちらで実習を続ける.

実習

  1. 平面を拡大縮小しておく.拡大縮小(スケール)ツールを利用する.

    拡大縮小(スケール)ツールへの切り替えは,s キーでもできる.

  2. 球と円柱移動して,平面のオブジェクトのに,球と円柱が乗っているようにしなさい.(見栄えだけの問題なので、だいたいで良い).

  3. このとき,ビューの回転を行って,立体の配置を確認する

    ビューの回転は,インタラクティブナビゲーションでもできる.インタラクティブナビゲーションの「ビューを回転します」を左クリックしたままマウス移動

    ※ マウスの中ボタンを押しながらマウス移動でもよい.

2種類の座標系(グローバル座標系と,ローカル座標系

2種類の座標系(グローバル座標系と,ローカル座標系)での違いを確認する.

  1. 再び,平面を選択する.今度は,マニピュレータを確認する.

  2. 平面のマニピュレータの座標系(トランスフォーム座標系)を,グローバルからローカルに切り替える

  3. 平面を移動する.移動ツールを利用する.

    移動ツールへの切り替えは,g キーでもできる.

    ローカル座標系は傾いている.マニピュレータの青,緑,赤の軸を,マウスの左ドラッグで移動すると,斜めに移動することを確認.

  4. 平面についての情報を,サイドバーで情報を確認.

    サイドバーの表示,非表示は,マウス操作でできる.n キーでもできる.

  5. 円柱を選択して,円柱についての情報を,サイドバーで情報を確認.


全体まとめ