トップページ -> コンピュータ実習 -> 3次元コンピュータグラフィックス -> Blender 2.8 の PBR Materials アドオン(体験学習)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Blender 2.8 の PBR Materials アドオン(体験学習)

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ
Blenderは,有名な3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウエア. 立体の編集,レンダリング、ライト(ランプ)やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

Blender の Web ページ: https://www.blender.org/

ここで行うこと.

目次

  1. 前準備
  2. 画面構成
  3. 元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)
  4. 球(UV球),円柱,平面の作成
  5. PBR materials アドオンを用いて PBR マテリアルを学ぶ
  6. 全体まとめ

Blender 2.8 で,PBR Material アドオンを使い,マテリアルを設定する. 前準備として PBR Materials アドオンをインストールすること

サイト内の関連ページ:


前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすい.


画面構成

既定(デフォルト)では,メニュー3Dビューポートタイムラインアウトライナープロパティの5画面が表示される.(これらは,配置,表示・非表示の調整可能)

3Dビューポートには,立体,カメラ,ライト,ヘッダ(メニュー),サイドバー,ナビゲーションコントール,インタラクティブナビゲーションが表示される.

サイドバーの表示,非表示は,マウス操作でできる.n キーでもできる.


元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)

元に戻す,やり直すは,メニューでできる.

ショートカット


球(UV球),円柱,平面の作成

ここでの Blender の設定

このページでは,ここに書いた設定を終えた状態で,スクリーンショットを載せている. (ここに書いた設定を行わなくても,細かな画面表示が変わるだけで問題ない).

球(UV球),円柱,平面の作成

シーン内に球(UV球),円柱,平面を作成する. それぞれの立体は,違う場所に置く(重ならないようにする).

  1. 球(UV球)を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

  2. カーソルを,別の場所に移動する

    カーソルの移動は,カーソルツールでできる.カーソルツールを選んだあとで,右クリック.

  3. 今度は,円柱を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

  4. カーソルを,別の場所に移動する

    カーソルの移動は,カーソルツールでできる.カーソルツールを選んだあとで,マウスの左クリック

  5. 今度は,平面を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

この時点での Blender ファイル:02.blend

立体の配置,サイズの調整

立体の配置,サイズを調整する

  1. 平面を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,選択ツールを選んだあとで,左クリック.

  2. 平面を拡大縮小しておく.拡大縮小(スケール)ツールを利用する.

    拡大縮小(スケール)ツールへの切り替えは,s キーでもできる.

  3. 球と円柱移動して,平面のオブジェクトのに,球と円柱が乗っているようにしなさい.(見栄えだけの問題なので、だいたいで良い).

  4. このとき,ビューの回転を行って,立体の配置を確認する

    ビューの回転は,インタラクティブナビゲーションでもできる.インタラクティブナビゲーションの「ビューを回転します」を左クリックしたままマウス移動

    ※ マウスの中ボタンを押しながらマウス移動でもよい.

この時点での Blender ファイル:02a.blend


PBR materials アドオンを用いて PBR マテリアルを学ぶ

ルック開発モード,スタジオライトの設定,スムースシェードの設定

マテリアルを 3Dビューポートですぐに確認できるようにするために,3Dビューポートをルック開発モードに変える.スタジオライトの設定を行う.球と円柱はスムースシェードに設定する.

  1. まず,ルック開発モードに切り替える.

    ルック開発モードへの切り替えは,メニューでできる.

    ルック開発モードは,立体のマテリアル等を調整するために,シーン内のライトを,簡単に切り替えながら確認するためのモードである.

  2. 次に,スタジオライトの設定を行う.

    スタジオライトの設定はメニューでできる.

    ここでは,一番左の city.exr を選ぶ

  3. 球を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,選択ツールを選んだあとで,左クリック.

  4. スムースシェードに設定する

    スムースシェードに設定するには,右クリックメニュー(オブジェクトコンテクストメニュー)でスムースシェードを選ぶ

  5. 表示を確認する

    フラットシェードでは,ポリゴンがそのまま描画され, スムースシェードでは,ポリゴンの境界がなめらかになるように描画される.

  6. 円柱もスムースシェードに設定する.

スクリーンスペース反射の設定

次の手順で,スクリーンスペース反射 (Screen Space Reflection)を有効にする

  1. プロパティのレンダーで, スクリーンスペース反射をチェックする.

  2. 他の立体からの反射光が映り込むようになる

    ※ 今のままでは分かりにくいので,あとで改めて確認する

この時点での Blender ファイル:02b.blend

PBR マテリアルの設定

立体に PBR マテリアルを設定する.

  1. 球を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,選択ツールを選んだあとで,左クリック.

  2. プロパティの画面で,「マテリアル」をクリック

  3. 下のように「新規 (New)」のボタンが表示されるときは,新規 (New)をクリック

  4. マテリアルのプロパティを設定できる画面を確認

  5. プロパティで,「PBR Materials」にチェックする

    ※ 「PBR Materials」がないときは, PBR Materials アドオンをインストールすること

  6. 非金属のときは「Dielectric」を選び,下の図をクリック. 金属のときは「Metal」を選び,下の図をクリック.

  7. 非金属では次のようなものが選べる

  8. 金属では次のようなものが選べる

  9. 金(Gold)を選んでおく

  10. ルック開発モードで色を確認する.

    ルック開発モードへ切り替えてない場合は,切り替える

実習

球,円柱のPBR マテリアルを次のように設定しなさい

実習

球のベースカラーを変更できることを確認する

シーンに Monkey を追加しなさい. そして,Monkey をスムースシェードに設定し, PBR マテリアルを「金 (Gold)」に設定しなさい

この時点での Blender ファイル:02f.blend


全体まとめ



本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)