トップページ -> データベース関連技術 -> Blender(3次元コンピュータグラフィックス・ソフトウエア)の機能と使用法 -> Blender で剛体(rigit body) の落下、衝突のシミュレーション(Blender 2.79)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Blender で剛体(rigit body) の落下、衝突のシミュレーション

このWebページでは Blender バージョン 2.80 で説明している.


前準備

Blender のインストール

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすいでしょう.


Blender 2.79 の基本操作まとめ

サイト内の関連ページ: Blender 2.8 の画面構成と基本操作

オブジェクトの選択,移動ツール,立体の新規作成

視野の移動,視野の回転,作業視野とカメラ視野


剛体シミュレーションの例

剛体シミュレーションは、重力による落下、衝突のシミュレーション

演習(1)

次の手順で、 Blender を用いて、剛体シミュレーションを行ってみなさい

  1. Blender ファイルをダウンロード

    c6.blend

  2. ダウンロードが終わったら開く.Blender が起動するので確認.

    [image]
  3. シミュレーション+アニメーション再生を行うために,ALT キーと 「a」キーを同時押ししてみる

    [image]
  4. シミュレーション+アニメーション再生を終了するには ESC キー.
  5. 球のオブジェクトを移動してみなさい

    移動ツールへの切り替えは,「G」キー

    [image]

    ※ 球がどこに行ったか分からないとき.マウスの中ボタンを押しながらマウスを動かすと,全体が回転する.いろいろ角度を変えながらチェック.

    ALT キーと 「a」キーを同時押しして、シミュレーション+アニメーション再生して、結果を確認. 球の位置を変えて試してみよう


シミュレーション世界の制作

ここでは, Blender での剛体シミュレーションの設定について実習する

演習(2)

次の手順で、 Blender を用いて、剛体シミュレーションの世界(立方体と平面)を作りなさい

  1. 新しくBlender を起動する
  2. 起動すると、立方体(Cube) の立体がある.そのまま使う.

    ※ 立方体(Cube) の立体は消さない

    [image]
  3. 平面(Plane)のオブジェクトを追加してみる

    [image]

    [image]
  4. いま追加した平面(Plane)のオブジェクトを拡大しなさい,

    S」キーで拡大縮小(スケール)ツール.

    [image]
  5. いま追加した平面(Plane)のオブジェクトを移動して, 立方体(Cube) のオブジェクトのにあるようにしなさい。

    G」キーで移動モード.

    マウスの中ボタンを押しながらマウスを動かすと,全体が回転する.いろいろ角度を変えながらチェック.

    [image]
  6. シミュレーションを行いたい.
    1. 立方体(Cube) のオブジェクトを選択

      マウスの右クリック

      [image]
    2. プロパティの画面で,「物理演算」のボタンをクリック

      [image]
    3. 立方体(Cube) のオブジェクトについて、剛体シミュレーションしたい. 「剛体 (rigid body) 」をクリック

      [image]
    4. 今度は、平面(Plane) のオブジェクトを選択

      マウスの右クリック

      [image]
    5. 平面(Plane) のオブジェクトも、剛体シミュレーションしたい. 「剛体 (rigid body) 」をクリック

      [image]
    6. 平面(Plane) のオブジェクトは、落下させたくないので、 「タイプ」のところで、 「アクティブ」を 「パッシブ」に変える.

      [image]
  7. シミュレーション+アニメーション再生を行うために,ALT キーと 「a」キーを同時押ししてみる

    [image]
  8. シミュレーション+アニメーション再生を終了するには ESC キー.

演習(3)

次の手順で、カメラを見やすい位置に調整しなさい

  1. シミュレーション+アニメーション再生の途中なら、ESCキーで終了すること.
  2. カメラを「カメラ視野」に固定

    N」キーを押して,「カメラをビューにロック (Lock Came to View)」をチェックし,もう一度「N」キーを押してシェルフを閉じる.

    [image]
  3. 3Dビューポートのビューを,カメラビューに変える

    ビューのカメラビュー,ユーザビュー(作業ビュー)切り替えは,メニューでできる.ナビゲーションコントロールでもできる.

    [image]
  4. すると,「カメラビュー」を動かすと,同時にカメラも動くようになる

演習(4)

立方体 (Cube) の場所を変えてみなさい。そして、アニメーションが変化することを確認する

  1. シミュレーション+アニメーション再生の途中なら、ESCキーで終了すること.
  2. 立方体(Cube) のオブジェクトを、移動してみなさい。

    G」キーで移動モード.

    [image]
  3. シミュレーション+アニメーション再生を行うために,ALT キーと 「a」キーを同時押ししてみる

演習(5)

立方体 (Cube) を回転させてみなさい。アニメーションが変化することを確認する。

  1. シミュレーション+アニメーション再生の途中なら、ESCキーで終了すること.
  2. 立方体(Cube) のオブジェクトを、回転してみなさい。

    R」キーで移動モード.

    [image]
  3. シミュレーション+アニメーション再生を行うために,ALT キーと 「a」キーを同時押ししてみる

演習(6)

次の手順でアニメーションをレンダリングしてみる

「アニメーションのレンダリング」とは、一連の複数のフレームを一括レンダリングすることである

  1. アニメーションのレンダリング(たくさんのフレームの一括レンダリング)

    CTRL キー + F12キー(同時押し)

  2. レンダリングが始まるので,確認する.終了を待つ.

    [image]
  3. レンダリングが終了したら、確認のため再生してみる

    CTRL キー + F11キー(同時押し)

    別ウインドウが開いて、再生が始まる.

    [image]
  4. 「3D ビュー」の画面に戻るには,メニューを使う

    [image]
  5. 必要に応じて、カメラを見やすい位置に再度、調整する

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]