トップページ -> 実践知識 -> クラウドコンピューティング -> Ruby から libvirt を使ってみる
[サイトマップへ]  

Ruby から libvirt を使ってみる

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

前準備

Ubuntu で QEMU+KVM の仮想マシンを libvirt を使って管理する」の記述にしたがって、 ドメイン名の新規作成まで終わっていること.

以下,ドメイン名 ubuntu1204 のドメインの作成が終わっているものとして説明する.


gem を用いて libvirt のインストール

前準備として libvirt をインストールする.

sudo gem install libvirt

使ってみる

irb を用いて, 停止しているドメインを起動する操作(例)

コネクションオブジェクトとドメインオブジェクトを生成する. 生成したドメインオブジェクトを用いて、ドメインを起動する

c = Libvirt::open(“qemu:///system”)
domain = c.lookup_by_name(“ubuntu1204i386)
domain.create

irb を用いて, Domain クラスと Connect クラスのメソッド一覧を表示しているところ

irb を用いて, 接続用の ID の取得

domain.__ID__

VNC での接続操作例

この操作は irb ではなく、端末で行う.接続は vncviewer を使わなくても virt-viewer や spicec などを使うこともできる。

vncviewer :0 

ドメインの終了

domain.destroy