トップページ -> 実践知識 -> CUDA プログラミング -> Linux (Fedora 12/11) で NVidia ドライバのインストール
[サイトマップへ]  

Linux (Fedora 12/11) で NVidia ドライバのインストール

サイト構成 連絡先,業績 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

この Web ページでは,NVIDIA が配布しているグラフィックス・ドライバのインストール手順を図解で説明する Linux (Fedora バージョン 12 あるいはバージョン 11) を使います.

次のことを行います

Linux のカーネルを入れ替えたときは,initrd の再構築を行う必要があります.


事前準備

Feroda 12 のインストールについては,別の Web ページで説明している.

インストール前に「yum check-update; yum update」を実行しておくとトラブルが減るでしょう. これは更新可能な全パッケージを更新するという操作です.

yum check-update
yum update


NVIDIA ドライバのインストール

RPM レポジトリを使って Linux 用の NVIDIA ドライバをインストールする.

  1. PCI ID の取得
    /sbin/lspci -nn | grep 'nVidia'
    

  2. NVIDIA GPU の確認 http://us.download.nvidia.com/XFree86/Linux-x86/190.42/README/appendix-a.html

  3. RPM レポジトリ設定ファイルの取得
    rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm'
    rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm'
    

  4. Fedora カーネル・モジュールの取得
    yum install kmod-nvidia
    

  5. akmod-nvidia の取得
    yum install akmod-nvidia
    

  6. (カーネルモジュールが更新されたので)再起動
    sync
    reboot
    

  7. カーネルバージョンの確認
    uname -r
    

  8. nouveau に起因する問題を回避するために initrd を再構築

    今のままではカーネルに nouveau と nvidia ドライバの両方がロードされてしまい,競合することがある (lsmod で確認できる).以下の手順で, initrd を再構築し,競合を回避できる.

    必ずしも競合するというわけではない

    Fedora 12 の場合

    http://www.mjmwired.net/resources/mjm-fedora-nvidia.html の記載に従い,次の操作を行う.

    cd /boot
    mv /boot/initramfs-$(uname -r).img /boot/initramfs-$(uname -r)-nouveau.img
    dracut /boot/initramfs-$(uname -r).img $(uname -r)
    sync
    reboot
    

    Fedora 11 の場合

    http://www.mjmwired.net/resources/mjm-fedora-nvidia.html の記載に従い,次の操作を行う.

    cd /boot
    mv /boot/initrd-$(uname -r).img /boot/initrd-$(uname -r)-nouveau.img
    mkinitrd /boot/initrd-$(uname -r).img $(uname -r)
    sync
    reboot
    

  9. livna-config-display の設定の確認

    /etc/sysconfig/livna-config-display の 「active = ...」の行が 「active = True」になっていることを確認する.もしそうなっていなければ書き変える.


(オプション)NVidia ドライバファイルのダウンロードとビルドとインストール

NVidia が配布しているドライバファイルをダウンロードし,ビルドし,インストールする手順

  1. NVidia ドライバダウンロードの Web ページを開く

    http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

  2. NVidia ドライバファイルの種類の選択

  3. NVidia ドライバファイルのダウンロード

  4. glut 関係のファイルの取得
    yum install freeglut
    yum install freeglut-devel
    

  5. カーネル・ファイル (Kernel File) の取得

    NVIDIA ドライバのビルドに必要になるため.

    yum install kernel-devel
    

  6. X サーバの停止
    /sbin/telinit 3
    

  7. カーネルバージョンの確認
    uname -r
    

  8. 起動
    sh NVIDIA-Linux-x86_64-190.53-pkg2.run --kernel-source-path=/usr/src/kernels/$(uname -r) --kernel-name=$(uname -r)
    

  9. ビルドとインストール

  10. (カーネルモジュールが更新されたので)再起動
    sync
    reboot
    

  11. /etc/grub.conf で 「kernel /boot/vmlinuz... 」という行の末尾に「nouveau.modeset=0 rdblacklist=nouveau」を追加

initrd の再構築

■ Fedora 11 の場合

cd /boot
mv /boot/initrd-$(uname -r).img /boot/initrd-$(uname -r).img.OLD
mkinitrd /boot/initrd-$(uname -r).img $(uname -r)
sync
reboot

■ Fedora 12 の場合 http://www.mjmwired.net/resources/mjm-fedora-nvidia.html の記載に従い,次の操作を行う.

cd /boot
mv /boot/initramfs-$(uname -r).img /boot/initramfs-$(uname -r).img.OLD
dracut /boot/initramfs-$(uname -r).img $(uname -r)
sync
reboot