トップページ -> データベース関連技術 -> 顔検出、顔識別 -> 表情判定を行う(adithyaselv/face-expression-detect を使用)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

表情判定を行う(adithyaselv/face-expression-detect を使用)

https://github.com/adithyaselv/face-expression-detect

利用条件などは利用者において確認してください

サイト内の関連ページ:

先人に感謝

GitHub の aithyaselv / face-expression-detect の Webページ: https://github.com/adithyaselv/face-expression-detect


前準備

Python, Dlib のインストール

Dlib は C:\pytools\dlib にインストールされているとする


adithyaselv / face-expression-detect のインストール(書きかけ)

GitHub の asithyaselv/face-expression-detect で公開されているプログラムを試してみる.

参考文献: http://www.paulvangent.com/2016/08/05/emotion-recognition-using-facial-landmarks/

  1. Windows で,コマンドプロンプトを管理者として実行

    [image]
  2. インストール
    mkdir c:\pytools
    cd c:\pytools
    rmdir /s /q face-expression-detect
    

    cd c:\pytools
    git clone https://github.com/adithyaselv/face-expression-detect
    cd face-expression-detect
    

  3. Python 3 を使いたいので、次のコマンドで、ファイルを書き換える

    2to3 -w EmoDetect.py
    

  4. Dlib 関連のファイルをコピーして使う
    cd c:\pytools\face-expression-detect
    copy C:\pytools\dlib\python_examples\shape_predictor_68_face_landmarks.dat .
    

    ※ 「C:\pytools\dlib」は,Dlib をインストールしたディレクトリに読み替えること。

    ※ まだ Dlib のインストールを行っていないときは、Dlib のインストールを行うこと.

    Windows でのインストール手順は、 別のWebページで説明している.(このWebページにある「前準備」も行うこと)

  5. 表情判定のプログラムを動かしてみる

    テスト用の画像 t1.jpg, t2.jpg, t3.jpg, t4.jpg, t5.jpg の5つについて,プログラムを実行してみる.

    1. Windows のコマンドプロンプトを開く
    2. プログラムの実行

      ※ そのために, Windows では,「python」コマンドやPythonランチャーである「py」を使う. Ubuntu では「python3」コマンドを使う. あるいは, PyCharmなどにある Python コンソールも便利である.

      cd c:\pytools\face-expression-detect
      py EmoDetect.py -i t1.jpg
      py EmoDetect.py -i t2.jpg
      py EmoDetect.py -i t3.jpg
      py EmoDetect.py -i t4.jpg
      py EmoDetect.py -i t5.jpg
      


本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]