トップページ -> 実践知識 -> 顔検知、顔識別 -> gdubrg/Eye-Tracking-for-Everyone を動かしてみる
[サイトマップへ]

gdubrg/Eye-Tracking-for-Everyone を動かしてみる

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

前準備

Anaconda, git のインストール

Windows での Anaconda, git のインストール手順は、 別のページで説明している

Ubuntu での Anaconda のインストール手順は、 別のページで説明している

隔離された Python 環境の作成.spyder, Tensorflow, Keras, OpenCV のインストール

Windows での 手順は、 別のページで説明している

以下,Windows での Anaconda と git をインストール済み, 隔離された Python 環境(名前は keras)に、spyder, Tensorflow, Keras, OpenCV をインストール済みであるものとして説明を続ける.


gdubrg/Eye-Tracking-for-Everyone を動かしてみる

  1. Windows で,コマンドプロンプトを管理者として実行

  2. Python 環境(名前は ai)を有効にする

    エラーメッセージが出ないことを確認

    「activate ai 」は Python 環境(名前はai)を有効にするためのコマンド.(各自の環境の名前にあわせること

    activate ai
    

    「Could not find conda environment: ai」というメッセージが出たときは、 隔離された Python 環境の作成(名前は ai).Tensorflow, Keras のインストールを行う.

  3. gdubrg/Eye-Tracking-for-Everyone のインストール

    https://github.com/gdubrg/Eye-Tracking-for-Everyone で公開のもの.感謝します.

    mkdir c:\pytools
    cd c:\pytools
    rmdir /s /q Eye-Tracking-for-Everyone
    

    git clone https://github.com/gdubrg/Eye-Tracking-for-Everyone
    cd Eye-Tracking-for-Everyone
    

  4. C:\eye-motion のような作業用のディレクトリ(フォルダ)を作る

  5. https://github.com/gdubrg/Eye-Tracking-for-Everyone で公開されているデータをダウンロードし、 いま作成した 「作業用のディレクトリ(フォルダ)」に保存する

    約2ギガバイトある。しばらく時間がかかる

    次のようになる

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

  6. サンプルプログラム
    1. Web ブラウザで、 を開く
    2. ここに掲載されているプログラムをコピー

    3. Windows のメモ帳を開き, 貼り付け

    4. このファイルの中の画像ファイル名を書き換え(2か所).

      C:/eye-motion/126.png, C:/eye-motion/126-filtered.png,

    5. 後半部分は削除

    6. メモ帳で、ファイルを「名前を付けて保存」する。

      このとき、ファイル名は、skin.py のようなファイル名で保存(拡張子は「.py」

      保存するディレクトリ(フォルダ)は、「作業用のディレクトリ(フォルダ)」に保存する

    7. メモ帳を閉じる

  7. Windows のコマンドプロンプトを開く

  8. 次のように実行
    cd C:\face-image
    python skin.py
    

  9. 結果の確認


演習問題

もう1つの画像で確認

skin.py の中の画像ファイル名を 126 から 127 に書き換えて、python skin.py をもう一度実行しなさい。次のような結果になることを確認しなさい

----