トップページ -> 実践知識 -> HiRDB インストールと各種ツールの設定 -> HiRDB でのデータベース運用
[サイトマップへ]  

HiRDB でのデータベース運用

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

HiRDBの付属ツールを使用.HiRDB の開始,終了(正常終了と強制終了),バックアップの取得(「全RDエリアのバックアップ」),データベースの回復を行う.

準備


HiRDB Assistを開始、終了する

HiRDB Assistを開始

  1. HiRDB Assist - Serverを開始
          [コントロールパネル]−[管理ツール]−[サービス]をダブルクリック
          「HiRDB Assist - Server」を右クリック→[開始]を選択
    
  2. HiRDB Assistを開始
          [スタート]−[プログラム]−[HiRDB Assist]−[HiRDB Assist]を選択
    
  3. 初期設定

    C:\win32app\hitachi\hirdb_s\CONF\pdsysをメモ帳で開き、以下の値を調べ入力

    		HiRDBシステムID  には  pd_system_idの値を入力
    		マネジャホスト   には  pdstartの引数-xの後の値を入力
    		ポート番号       には  2.6.1  Servicesファイルの設定で行った値(ここでは11111)を入力
    
  4. 起動
    	  [スタート]−[プログラム]−[HiRDB Assist]−[HiRDB Assist]を選択
    	   OKを押す  →  ユーザ名とパスを入力しOKを押しログイン
    

HiRDB Assistを終了

  1. HiRDB Assistを終了
    	[ファイル]−[アプリケーションの終了]を選択
    
  2. HiRDB Assist - Serverを終了
            [コントロールパネル]−[管理ツール]−[サービス]をダブルクリック
            「HiRDB Assist - Server」を右クリック→[停止]を選択
    

HiRDB を開始、終了する


バックアップを取得する

全RDエリアのバックアップを取得する)

  1. バックアップファイルを格納するディレクトリを作成
  2. 全RDエリアのバックアップ取得

データベースを回復する

全RDエリアをバックアップ取得時点に回復する)

回復できたかを試すため、テーブルからひとつデータを削除 ここでは以下のコマンドを打つ

	DELETE
	FROM Zip
	WHERE zipcode=8120053;
  1. HiRDBを正常終了

    左から3番目のボタン(正常終了)を押す

  2. 複写・回復専用起動(pdstart -r相当)でHiRDBを開始(pdstart -r コマンドに相当)

    左から2番目のボタン(複写・回復専用起動)を押す

  3. 全RDエリアをバックアップ取得時点に回復
  4. 回復できたかを試すため、先ほど削除した項があるか確認

    まず、回復専用で起動しているため、HiRDBを正常終了し、正常起動し、以下のコマンドを確認

    	SELECT jusho
    	FROM Zip
    	WHERE zipcode=8120053;
    

データが残っていれば回復できていることがわかる