トップページ -> 実践知識 -> HiRDB インストールと各種ツールの設定 -> HiRDB インストールと設定
[サイトマップへ]  

HiRDB インストールと設定

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

あらかじめ決めておく事項

パスワードは必ず適切に設定してください.

準備事項

Tomcat のインストール を終えておくこと。 Tomcat インストールディレクトリは、この資料では、 C:\tomcat55と書きます。


インストール

  1. コンピュータ名の確認

    このWebページでは、コンピュータ名は、HITACHI-664320Dであるとして,説明する.

  2. システム環境変数TZの設定

    [コントロールパネル]⇒[システム]⇒[詳細設定]

    または,マイコンピュータを右クリック⇒「プロパティ」⇒「詳細設定」 [環境環境]

    システム環境変数に,変数名「TZ」,変数値「JST-9」で設定

  3. 仮想メモリの確認

    マイコンピュータを右クリック⇒「プロパティ」⇒「詳細設定」⇒「パフォーマンス」⇒「詳細」⇒「仮想メモリ」

    初期サイズを最大サイズと同じ値(固定値)にする(同じドライブに連続した領域を作成したい).ページファイルサイズは,512Mバイト以上なっていること(デフォルトのままで大丈夫かを確認).入力したら設定ボタンを押す.

  4. CD-ROMからHiRDB 7.02のインストール

    HiRDB/シングルサーバ(Single Server)のインストールを,下記の手順で行う.

    1. 01_SRV\setup.exe を実行
    2. OK⇒次へ
    3. セットアップ方法:標準セットアップ
    4. ユーザ情報:(名前 Share 会社名 DB Lab
    5. インストール先の選択:\win32app\hitachi\hirdb_s
    6. コンポーネントの選択:次へ
    7. ファイルコピーの開始:次へ
    8. セットアップの完了:「はい,直ちにコンピュータを再起動します」
  5. SQL Executorのインストール

    HiRDB 7.02のインストールCD-ROM 内の09_PDSQLを使う.

    1. 次へ⇒次へ⇒次へ⇒次へ⇒完了

      DLLファイルを上書きするかを聞いてくるので,「いいえ(上書きしない)」を選ぶ.

    2. インストール終了後,リブート
  6. CD-ROMからHiRDB Adapter for XMLのインストール

    HiRDB Adapter for XML CD-ROM 内のhax\setup.exe

    1. hax\setup.exe
    2. 次へ⇒(名前Share 会社名DB Lab)⇒次へ⇒次へ⇒はい⇒いいえ、後で参照します
    3. 再起動にチェックして完了
  7. CD-ROMからXML Parsing-Kitのインストール

    HiRDB Adapter for XML CD-ROM 内のxpk\setup.exe

    1. xpk\setup.exe
    2. 次へ⇒(名前Share 会社名DB Lab)⇒次へ⇒次へ
    3. 再起動にチェックして完了
  8. FDからDABroker 0307-E のインストール
    1. setup.exe
    2. 次へ⇒(名前Share 会社名DB Lab)⇒次へ⇒次へ⇒完了
    3. 再起動
  9. FDからDABroker for C++ 0207 のインストール
    1. setup.exe
  10. FDからDABroker for Java 0211 のインストール
    1. setup.exe
    2. 次へ⇒(名前Share 会社名DB Lab)⇒次へ⇒次へ⇒完了

JDBC ドライバ等のインストール

  1. HiRDB に付属の各種の jar ファイルのコピーを行います。
    1. C:\Program Files\Hitachi\hirdb_xml\java\classesの下の4つのjarファイル(xbrjdbc2,xbrjdbc250,xbrmn2,xbrmn250)を c:\tomcat55\common\libにコピー
    2. C:\program files\Hitachi\DABroker\Java2\classes\JdbcDbpsv.jarをc:\tomcat55\common\libにコピー
    3. C:\program files\Hitachi\DABroker\Java2\classes\JPフォルダをc:\tomcat55\common\classesにコピー
    4. C:\win32app\hitachi\hirdb_s\CLIENT\UTL\pdjdbc.jarをc:\tomcat55\common\libにコピー

      これは、JDBC ドライバのコピー

  2. 環境変数PATHにC:\Program Files\HITACHI\DABroker\libを追加
  3. 環境変数CLASSPATHにC:\Program Files\HITACHI\DABroker\Java2\classes\JdbcDbpsv.jarを追加

実行テスト

SQL 実行テストを兼ねます

セットアップツール

c:\win32app\hitachi\hirdb_s\PDISTUP\bin\pdistup.exe

HiRDBの稼働状況の確認

HiRDB コマンドプロンプトで「pdls」を実行し,STATUS が ACTIVE になっていれば稼働中

稼働、終了は、pdstart, pdstop で行う

ユーザ名, パスワードの登録

C:\Windows\HiRDB.ini の PDHOST, PDNAMEPORT, PDUSER の行を確認する.例えば,次のように設定されているとしよう.

PDHOST=HITACHI-664320D
PDNAMEPORT=22200
PDUSER='USER1/USER1'

上記の設定は次の意味になる.

※ 「C:\Windows\HiRDB.ini」を確認してください,という意味.単純に書き換えると動かなくなる(例えば,存在しないユーザ名やデータベース名を書いた.ユーザ名にデータベースを扱う権限がないなど)ので注意.

SQL Executor でのテスト実行

SQL Executor を使用. [スタート]−[プログラム]−[HiRDB SQL Executer]−[GUI版 HiRDB SQL Executer].
create table commodity (
    type1 integer primary key,
    name varchar(1000) not null,
    price integer );
insert into commodity values( 1, 'apple', 50 );
insert into commodity values( 2, 'orange', 20 );
insert into commodity values( 3, 'strawberry', 100 );
insert into commodity values( 4, 'watermelon', 150 );
insert into commodity values( 5, 'melon', 200 );
insert into commodity values( 6, 'banana', 100 );
select * from commodity;