トップページ -> 実践知識 -> HiRDB インストールと各種ツールの設定 -> HiRDB でのテーブル定義と CSV ファイルインポートの例
[サイトマップへ]  

HiRDB でのテーブル定義と CSV ファイルインポートの例

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

古いテーブル定義の削除

次の文を”SQL入力”ウィンドウに入力

	drop schema AUTHORIZATION 自分の名前;

テーブル定義

HiRDB では,次のテーブル定義(3つの CREATE TABLE 文)を含むテキストファイルを作成し, pddef コマンド(C:\>pddef < C:\hirdb\yubin_num\CreateT.txt のように)を実行.

CREATE SCHEMA;
CREATE TABLE ZIP (
    zipcode integer NOT NULL,
    zip_old integer NOT NULL,
    jiscode integer NOT NULL,
    choiki_kanji varchar(40),
    choiki_kana varchar(40),
    jusho varchar(100) NOT NULL,
    flag10 integer NOT NULL,
    flag11 integer NOT NULL,
    flag12 integer NOT NULL,
    flag13 integer NOT NULL,
    info14 integer NOT NULL,
    info15 integer NOT NULL
)
IN RDDATA10 PCTFREE=(10,0);

CREATE TABLE KEN (
    ken_kanji varchar(40) NOT NULL PRIMARY KEY,
    ken_kana varchar(40)  NOT NULL
)
IN RDDATA10 PCTFREE=(10,0);


CREATE TABLE SHICHOSON (
    jiscode integer                        NOT NULL PRIMARY KEY,
    ken_kanji varchar(40)       NOT NULL,
    shichoson_kanji varchar(40) NOT NULL,
    shichoson_kana varchar(40)  NOT NULL
)
IN RDDATA10 PCTFREE=(10,0);

HiRDB SQL Executerの起動

[スタート]−[プログラム]−[HiRDB SQL Executer]−[GUI版 HiRDB SQL Executer]を選択

テーブル定義の確認

次の文を”SQL入力”ウィンドウに入力

	SELECT TABLE_SCHEMA,TABLE_NAME,TABLE_TYPE,N_COLS
	FROM MASTER.SQL_TABLES
	WHERE TABLE_SCHEMA='自分の名前';   ←名前は大文字かも

データ投入