tcpdump のインストールについて

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

パケット観察ソフトのインストールについてです。 FreeBSD 5.3 には、CD-ROM からインストールした場合、 tcpdump というパケット観察ソフトがはいっているようです

もし、入っていない人がいたら root でログインして

# cd /usr/ports/net/tcpdump
# make; make install
としてください。

tcpdump の使い方

例1:全部のパケット監視

# tcpdump -X

例2:localhost に関係するパケット監視

# tcpdump -X -l lo0 host localhost

例3:port 番号 22 に関係するパケット監視

# tcpdump -X -l lo0 port 22

例4:localhost に関係し、port 番号 22 に関係するパケット監視

# tcpdump -X -l lo0 host localhost and port 22

詳しくは、man tcpdump でお願いします。 使うときは、X WINDOW SYSTEM を立ち上げた状態で kterm などを二つ同時に使うと いいと思います。

参考資料(説明にこれを使う予定です) ・ユーザ認証の盗聴と tcpdump 実習 https://www.kkaneko.jp/free/internet/index.html