トップページ -> 実践知識 -> Java プログラミング入門 -> Eclipse での SWT プログラム作成手順
[サイトマップへ]  

Eclipse での SWT プログラム作成手順

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

この Web ページでは,SWTEclipse を使い,グラフィカル・ユーザ・インタフェースを持つ Java プログラムを作る手順を図解で説明します.SWT のインストール手順も説明する.


必要となるソフトウエア

設定項目

SWT 配置ディレクトリを決めて置いてください.どこでもいいですが,あとで思い出すことができるディレクトリがいいです. この Web ページでは,次のように書きます.

前もって,Eclipse インストールディレクトリを調べておいてください この Web ページでは,次のように書きます.


SWT のインストール

  1. SWT の Web ページを開く http://www.eclipse.org/swt/

  2. Stable の下の Windows を選択

    「Release」の下が, 「Stable」と「Development」に分かれている. 「Stable」を使いたいので, 「Stable」の下の 「Windows」をクリック

  3. ミラーサイトの選択

    「Download from: [Japan] ...」のところをクリック

    ※ もし,[Japan] になっていなければ,このページの下の方にあるリストから選ぶ.

  4. ダウンロードが始まるので確認する

    swt-3.4-win32-win32-x86.zip というファイル名のファイルがダウンロードされる.

  5. SWT の Web ページに戻る

    http://www.eclipse.org/swt/

  6. Stable の下の「Language Pack」をクリック

    これは,「Language Pack」をダウンロードしたいから.

  7. 「NLpack1」を選択

    日本語を使いたいので,「NLpack1」を選択する.

  8. ダウンロードが始まるので確認する

    org.eclipse.swt.nl1_3.2.0.v200606220026.jar というファイル名のファイルがダウンロードされる.

  9. 解凍

    先ほどダウンロードしたファイル swt-3.4-win32-win32-x86.zip を解凍する. swt-3.4-win32-win32-x86 という名前のディレクトリができる.

  10. 出来たディレクトリ swt-3.4-win32-win32-x86 を,C:\Program Files\java の下に置く.

  11. org.eclipse.swt.nl1_3.2.0.v200606220026.jar を Eclipse の plugins ディレクトリ C:\Program Files\eclipse3.5\eclipse\plugins の下にコピーする.

Eclipse での SWT を使う Java プログラムの作成手順

以下,Eclipse を使います. プロジェクトのインポートクラスの定義実行という一連の操作を,図解で説明する.

Eclipse の使用にあたって,事前に決めておく事項

Eclipse のプロジェクトをインポートし,パッケージとクラスを新しく定義します. この Web ページでは,プロジェクト名,パッケージ名,メインとなるクラス名は次のように記述します. (すでに同じ名前のプロジェクトがある,といったときは,プロジェクト名を変えてください).

プロジェクトのインポート

下記の手順で,プロジェクトをインポートします.

  1. (もし,プロジェクト・エクスプローラが開いていなければ)プロジェクト・エクスプローラを開く

    「ウインドウ (Window)」→「ビューの表示 (Show View)」→「プロジェクト・エクスプローラ (Project Explorer)」 と操作します.

  2. プロジェクトのインポートの開始

    ファイル」→「インポート (Import)
    または,プロジェクト・エクスプローラ内で,右クリック→ 「インポート (Import)」→「インポート (Import)

  3. 既存プロジェクトをワークスペースへ」の選択

    インポート元を選ぶためのウインドウが開くので, 「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選び, 「OK」をクリックする.

  4. ルート・ディレクトリー」の選択

    1. ルート・ディレクトリーとして, SWT の ZIP ファイルを展開して出来たディレクトリである C:\Program Files\Java\swt-3.4-win32-win32-x86を指定する.

    2. プロジェクトをワークスペースにコピー」を チェックする

    以上が終わったら,「完了」をクリックする.

  5. プロジェクトがインポートできたことの確認

    プロジェクト・エクスプローラに 新しいプロジェクト「org.eclipse.swf」が増えていることを確認する.

  6. プロジェクト名の変更の開始

    プロジェクト・エクスプローラで, 新しいプロジェクト「org.eclipse.swf」を右クリックし, 「リファクタリング」→「名前変更」と操作する.

  7. 新しいプロジェクト名の設定

    ウインドウが開くので,新しいプロジェクト名を付ける.

パッケージ作成

Eclipse のプロジェクト・エクスプローラを使って, パッケージを作成します. パッケージ名には hoge.hoge.com のようなドメイン名を付ける習慣があることに注意してください. この Web ページでは,作成するパッケージ名は,hoge.hoge.com と書きます. (パッケージ名を変えるときは,読み替えてください).

  1. (もし,プロジェクト・エクスプローラが開いていなければ)プロジェクト・エクスプローラを開く

    「ウインドウ」→「ビューの表示」→「プロジェクト・エクスプローラ」 と操作します.

    パッケージの作成,クラスの作成などの作業は,プロジェクト・エクスプローラで行うことにします.

  2. パッケージを新規作成すべきプロジェクトの選択

    プロジェクト・エクスプローラに,プロジェクト一覧が表示されているはずです. パッケージを新規作成したいプロジェクト名 HelloWorld右クリックして, 「新規」→「パッケージ」と操作します.

  3. パッケージ名の設定

    名前のところに,パッケージ名 hoge.hoge.com を設定し,「終了」をクリックする.

  4. パッケージの確認

    プロジェクト・エクスプローラにおいて, パッケージ hoge.hoge.com が増えていることを確認する.

(オプション) Java ソースの添付

これで,Javadoc コメントのポップアップ表示やソースの閲覧ができるようになる

クラス定義

クラス定義の手順は次の通りです. 前準備として,パッケージ hoge.hoge.com を作成済みであること.

  1. クラス定義の開始

    プロジェクト・エクスプローラにおいて, クラスを定義したいパッケージ名 hoge.hoge.com右クリック.その後, 「新規」→「クラス」と操作します.

    ※ 「新規」を選んだとき,「クラス」が現れないことがあります. そのときは, 「新規」→「その他」→「Java」→「クラス」と操作します.

    プロジェクト・エクスプローラで, パッケージ名 hoge.hoge.comが表示されていないときは, プロジェクト名の下の 「Java リソース; src」または「src」の下を展開して下さい.

  2. 定義すべきクラス名等の指定

    Java パッケージ名,クラス名を入力できるウインドウが開くので,設定を行います.

    1. 「パッケージ (package)」(2行目の「パッケージのところ): パッケージ名 「hoge.hoge.com」を設定.(「hoge.hoge.com」になっていなければ修正すること).

    2. 「クラス名」(4行目の「名前」のところ): HelloWorld

    3. 「public static void main(String[] args)」: チェックする

  3. クラスファイル一覧の表示

    プロジェクト・エクスプローラで, パッケージ名 hoge.hoge.com の左横の「+」をクリックすると, クラスファイル一覧が表示されます.

  4. 定義したいクラスのファイルを開く

    HelloWorld クラスを定義したいので, プロジェクト・エクスプローラの パッケージ名 hoge.hoge.com の下にあるクラスファイル一覧の中から, 「HelloWorld.java」をダブルクリックします. すると,エディタが開きます.

    このように,Eclipse のプロジェクト・エクスプローラで,定義したいクラスの「クラス名.java」ダブルクリックすると,エディタが開くことになっています.

    なお,別のクラスを追加したいときは, パッケージ名を右クリックして「新規」→「クラス」です.

  5. エディタでクラス HelloWorld を定義する

    下記のクラス定義をカットアンドペーストしてみて下さい(テスト用に作ったクラス定義です). (パッケージ名を「hoge.hoge.com」と書いているので,パッケージ名を別の名前にしている場合には,適切に読み替えてください).

    package hoge.hoge.com;
    
    import org.eclipse.swt.SWT;
    import org.eclipse.swt.layout.RowLayout;
    import org.eclipse.swt.widgets.Button;
    import org.eclipse.swt.widgets.Display;
    import org.eclipse.swt.widgets.Shell;
    import org.eclipse.swt.widgets.Text;
    
    public class HelloWorld {
    	public static void main(String[] args) {
    		Display display = new Display();
    		Shell shell = new Shell(display);
    		shell.setText("Hello World");
    		
    		shell.setLayout(new RowLayout(SWT.VERTICAL));
    		
    		Text text1 = new Text(shell, SWT.BORDER );
    		Text text2 = new Text(shell, SWT.BORDER );
    		Text text3 = new Text(shell, SWT.BORDER );
    		
    		Button button1 = new Button(shell, SWT.BORDER);
    		button1.setText("処理開始");
    		
    		shell.open();
    		while (!shell.isDisposed ()) {
    			if (!display.readAndDispatch ()) {
    				display.sleep ();
    			}
    		}
    		display.dispose ();
    	}
    }
    

  6. ソースを保存

    「ファイル」→「保管」または CTRL+S で保存される. 保存時にコンパイルされる

    コンパイル時のエラーや警告があれば, Eclipse 内の問題・ビューに表示されるので確認する.

実行

  1. 実行したいクラスを選び,右クリック

    プロジェクト・エクスプローラで,パッケージ名の下にクラスファイル一覧が出ているので,実行したいクラスの「クラス名.java」 (つまり,HelloWorld.java)右クリック

  2. 実行」 → 「Java アプリケーション」と操作

  3. 実行結果は次のようになる.


参考 Web ページ http://www.thinkit.co.jp/free/tech/11/3/1.html

参考 Web ページ http://www-06.ibm.com/jp/developerworks/opensource/030328/j_os-ecgui1.shtml

参考 Web ページ http://www.eclipse.org/swt/examples.php