トップページ -> 実践知識 -> Java DB (Derby) インストールと各種ツールの使用法 -> Java DB (Derby) インストール
[サイトマップへ]  

Java DB (Derby) インストール

サイト構成 連絡先,業績 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

Java DB (Derby) をダウンロードし,インストールする. Java DB (Derby) とは,pure JAVA なリレーショナルデータベース管理システムです. (データの永続性の機能は当然ありますし,トランザクション機能等もあります.要するに,十分な機能があります). データベースの操作(例えば,SQL プログラミング,Java と SQL の連携),データベースの管理(テーブルの定義など)の学習用としても便利です.


必要となるソフトウエア

あらかじめ決めておく事項

Java DB (Derby) インストールディレクトリを決めておくこと. この Web ページでは,次のように書きます.

設定項目

前もって,Eclipse インストールディレクトリを調べておいてください この Web ページでは,次のように書きます.


Java DB (Derby) のダウンロードと Eclipse での設定

  1. Apache Derby の Web ページを開く

    http://db.apache.org/derby/derby_downloads.html

  2. バージョンの選択

    Latest Official Releaseの下に, バージョン番号が並んでいるので, 最新バージョン(下の図では,「10.5.1.1」をクリック).

  3. Distributionsのところへスクロール

    新しく現れた Web ページを, 下の方にスクロールして 「Distributions」を探す.

  4. ファイルの選択

    3つのファイルをダウンロードする

    1. 本体のZIP ファイル: db-derby-10.5.1.1-bin.zip (末尾が「-bin.zip」)になっているファイル
    2. Eclipse プラグイン: derby_core_plugin_10.5.1.764942.zip
    3. Eclipse プラグイン: derby_ui_plugin_1.1.2.zip

  5. 本体のZIP ファイルを C:\Program Files\Java の下に展開

    ダウンロードした3つのファイルのうち, 本体のZIP ファイル(db-derby-10.5.1.1-bin.zip )を, C:\Program Files\Java に展開する.

    展開すると,C:\Program Files\Java\db-derby-10.5.1.1-bin という新しいディレクトリができる.

    (展開するディレクトリは,どこでも良いが,どこに展開したか忘れにくいディレクトリが良い).

  6. Derby Eclipse プラグインの解凍

    ダウンロードした3つのファイルのうち,Eclipse のプラグインのファイル2つを解凍し, Eclipse のプラグインディレクトリ C:\Program Files\eclipse3.4\eclipse\plugins に置く

  7. 環境変数の設定

  8. Derby Eclipse プラグインの確認

    Eclipse の起動.「Help (ヘルプ)」→「About Eclipse (Eclipse について)」 →「インストール詳細」 →「プラグイン」

    下記の3行が含まれていれば(下までスクロール),インストールできたことが確認できる .


参考Webページ: http://www.hellohiro.com/jdbc.htm

参考Webページ: http://d.hatena.ne.jp/benikujyaku/20070127 (Apache Derby の導入のWebページ)

参考Webページ: http://www.itarchitect.jp/enterprise/-/30601-3.html