トップページ -> 実践知識 -> Java と Java 開発環境 Eclipse のインストールと操作の基本 -> Eclipse に C/C++ 開発ツール (CDT) をインストール
[サイトマップへ]  

Eclipse に C/C++ 開発ツール (CDT) をインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

Eclipse に C/C++ 開発ツール (CDT) をインストールし,C/C++ プログラミングができるようにします.


前準備


C/C++ 言語処理系のインストール

  1. Eclipse インストール開始時に,「Java SE Development Kit」のインストールが済んでいること.

    C:\Program Files\Java\jdk1.7.0 のようなディレクトリがあれば,インストール済み.

  2. Eclipse のインストールが済んでいること.

Windows で Visual C++ Express Edition を使いたい場合

  1. (オプション)Microsoft Windows SDK のインストール

    Microsoft Windows SDK のインストール時に、インストール先ディレクトリを確認しておく.

  2. Microsoft Visual C++ 2010 Express Edition のインストールが済んでいること.

    ダウンロード用のリンク: https://www.microsoft.com/visualstudio/fra#downloads

  3. インストールしたら、 vcvarsall.bat を1度起動して、終了しておく.

  4. 環境変数 WindowsSdkDir の設定

    64 ビット Windows : C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v7.0A\Lib に設定

    32 ビット Windows : C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.0A\Lib に設定

参考Webページ http://eclipsebook.in/appendix/installing-toolchains/, http://www.ibm.com/developerworks/library/os-ecl-vscdt/

Windows で Cygwin を使いたい場合

  1. Cygwin の Web ページの記述に従って,Cygwin のインストールが済んでいること.

  2. Cygwin の次のパッケージをインストール済みであること.

    C コンパイラや C++ コンパイラが必要なので.

  3. C:\cygwin\bin\cygwin1.dll を C:\Windows\System32 にコピーしておくこと.

  4. Cygwin の bin ディレクトリ ( C:\cygwin\bin のようなディレクトリがあるはず ) を,Windows の環境変数 PATH に含めていること.

C/C++ 開発ツール (CDT) のインストール手順

  1. Eclipse の起動 (Start Eclipse)

  2. 「新規ソフトウェアのインストール」の開始 (Install New Software ...)

    ヘルプ (Help)」メニュー → 「新規ソフトウェアのインストール (Install New Software ...) 」 を選ぶ

  3. 作業対象として「--すべての使用可能なサイト-- (--All Available Sites--)」を選ぶ

    ■ Eclipse 4.4 の場合の実行例

  4. プログラミング言語」の展開

    いろいろなグループが表示される. 「プログラミング言語」の左横の三角形をクリックして展開

    ■ Eclipse 4.4 の場合の実行例

  5. C/C++ 開発ツールの選択

    次をを選択し,下の方にある「次へ」をクリック.

    ■ Eclipse 4.4 の場合の実行例

  6. インストール詳細の確認

    このままでよいので, 「次へ」をクリック.

    ■ Eclipse 4.4 の場合の実行例

  7. ライセンス条項の確認

    ■ Eclipse 4.4 の場合の実行例

  8. インストールが始まる

  9. Eclipse の再起動


eclipse.ini の設定

次の1行を書き加える.

-Xverify:none


Eclipse の基本操作

基本操作として,新規プロジェクトの作成,C プログラムの作成, 保存, 実行を試す. C++ の場合も同様の手順になる.

あらかじめ決めておく事項

プロジェクトの新規作成

下記の手順で,プロジェクトを新規に作成します.

プロジェクトを作成すると,ワークスペースのディレクトリ(/home/ubuntuuser/workspace)の下に, プロジェクトのディレクトリができます.プロジェクトのディレクトリの下には,デフォルトでは,Debug, src の2つのサブディレクトリができます.

  1. プロジェクトの新規作成の開始

    「ファイル」→「新規 (New)」→「プロジェクト (Project)」
    または,パッケージ・エキスプローラ内で,右クリック→「新規 (New)」→「プロジェクト (Project)」

  2. C/C++」の展開

    新規プロジェクトのウインドウが開くので, 「C/C++」を展開する.

  3. C プロジェクト」の選択

    展開した「C/C++」の下にある 「C プロジェクト」を選び,「次へ」をクリック.

  4. プロジェクト名とプロジェクトタイプの指定

    新規Cプロジェクトのウインドウが開くので,プロジェクト名プロジェクト・タイプを指定する.

    ◆ Windows で Microsoft Visual C++ を使いたい場合の設定例

    【重要】 Windows の場合、「ツールチェーン」のところに,「Cygwin GCC」のようにコンパイラの種類が表示されていることを確認すること. そうでなければ,これ以降の操作は中止し,コンパイラのインストール,PATH の設定などを見直すこと.

    終わったら,「次へ」をクリック

    ◆ Linux で gcc を使いたい場合の設定例

    終わったら,「次へ」をクリック

  5. 基本設定

    基本設定はデフォルトのままでよい. 「次へ」をクリック

  6. 構成の選択

    基本設定はデフォルトのままでよい. 「完了」をクリック

ソース・ファイルの作成

プロジェクトの設定

Windows で Visual C++ Express Edition を使いたい場合は、次のように設定する

ビルド

実行

CTRL + F11(コントロールキーを押しながら「ファンクションキー11」) または,「実行」メニューで「実行」

※ Windows で実行がうまくいかない場合, C:\cygwin\bin\cygwin1.dll を C:\Windows\System32 にコピーすることを忘れている可能性がある.


C++ プロジェクトの実例

C++ プロジェクトは,Cプロジェクトと同様の手順で作成,ビルド,実行できます.


CDT の機能の紹介(ごく一部)