トップページ -> コンピュータ実習 -> JDBC によるデータベース・プログラミングと Spring JDBC -> Spring 2 インストール
[サイトマップへ]  

Spring 2 インストール

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ

概要:http://sourceforge.net/projects/springframework/ から Spring 2 のダウンロードと解凍を行い、CLASSPATH の設定を行う。

あらかじめ決めておく事項と、準備事項

Spring 2 インストールディレクトリを決めておくこと。 好きに決めていいですが, 半角文字でスペースを含まないこと. この資料では,次のように書きます.

Spring 2 インストール手順

  1. Spring 2 インストール開始時に,「Java SE Development Kit」のインストールが済んでいること。

    C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_11 のようなディレクトリがあれば、インストール済み。

  2. 古いバージョンの Spring 2 はアンインストールしておくこと。

  3. Spring ダウンロードページからダウンロード

    1. Spring の Web ページを開く http://sourceforge.net/projects/springframework/ を開く
    2. ダウンロード用ページへジャンプ

      ページの上の方にある「Download」をクリック

    3. ソフトの選択

      ダウンロードしたいソフトが選べるので、「springframework-2」(springframework で無い方)の右横の 「バージョン番号 2.5.5」または 「download」をクリック.

    4. ダウンロードしたいファイルのの選択

      「...dependencies.zip」になっている方のファイルをダウンロード

    5. spring-framework-2.5.5-with-dependencies.zip がダウンロードされる
  4. 解凍

    入手したファイルを C:\Program Files\Java に解凍する。 C:\Program Files\Java\spring-framework-2.5.5 ができる。

環境変数の設定

必ず行ってください。

なお、 lib の下には,外部ライブラリ(サードパーティの成果物)が入っています. 詳しくは,lib/readme.txt に記述されています. 必要に応じて, (poi-2.5.1, struts-1.2.9 など)をCLASSPATH に追加 して使うことができるが、ここでは、上記の標準モジュールだけを設定しておきます。