トップページ -> 実践知識 -> JavaScript による Web プログラミング -> Android アプリケーションプログラムでの画面遷移の例
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Ubuntu 12.04, 11.10, 11.04 で Android SDK のダウンロードとインストールとテスト実行

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

事前準備

Ubuntu 12.04, 11.10, 11.04 で Android SDK のダウンロードとインストールとテスト実行」の Web ページを参考に、次のことを行なっておく。


Android アプリケーションプログラムでの画面遷移の例

Eclipse で Android プロジェクトの作成してみる

  1. Eclipse の起動

  2. ファイル (File)」 → 「新規 (New)」 → 「プロジェクト (Project)」 と操作する

  3. Android プロジェクト (Android Project) を選ぶ

  4. プロジェクト名を設定する

  5. ビルド・ターゲットを設定する

  6. パッケージ名などを設定する

画面遷移

JAVAとXMLを使用して3つのアクティビティ

を持ち、ボタンを押すことでSampleActivity1とSampleActivity2の間を交互に移動するアプリケーション。

起動するとまずHelloActivity呼ばれ、直ちに SampleActivity1に遷移する。 SampleActivity1にはボタンがあり、ボタンを押すとSampleActivity2へ遷移する。 SampleActivity2にもSampleActivity1と同様にボタンがあり、ボタンを押すとSampleActivity1へ遷移する。

今回の例ではActivityを複数使用するので、AndroidManifest.xmlファイルに使用するActivityを宣言する。 このとき、「android:name=」欄には、「.」に続いて作成したclassファイルの名前(今回の場合はSampleActivity1またはSampleActivity2)を記載する。