トップページ -> 実践知識 -> JavaScript による Web プログラミング -> Windows で Android SDK のダウンロードとインストールとテスト実行
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Windows で Android SDK のダウンロードとインストールとテスト実行

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

この Web ページで行うこと

この Web ページでの設定


JDK のダウンロードとインストール

ダウンロード

  1. Java Platform (JDK) の配布ページを開く

    http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

  2. Java Platform (JDK) のダウンロードの開始

    ページ上部の 「Java SE Downloads」の欄から「Java Platform (JDK) 8u20」のダウンロードボタンをクリック

  3. ライセンスに同意(Accept License Agreement)し,使用しているOSのバージョンに合わせたものを選択する.

インストール

  1. ダウンロードした実行形式ファイルを実行すると、セットアップが始まる

  2. ようこそ画面

    次へ」をクリック.

  3. カスタムセットアップ

    デフォルトのままで問題ない.「次へ」をクリック.

  4. インストール

    自動で行われるため,特に操作は必要ない

  5. インストール先フォルダ

    デフォルトのままで問題ない.「次へ」をクリック.

  6. セットアップ

    自動で行われるため,特に操作は必要ない

  7. インストール完了

    閉じる」をクリックして終わる.

  8. 環境変数の設定

    以下、「C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_20」のところは、実際にインストールしたディレクトリに読み替えること

    マイコンピュータを右クリック → プロパティ → 詳細設定 → 環境変数をクリック

  9. 設定の確認

    コマンドプロンプトを開き、「java -version」と実行してみる。 エラーメッセージが出なければOK.

  10. (オプション) NetBeans IDE をインストールした場合は、試しに起動してみる

    エラーメッセージが出なければOK.


Android SDK Toolsのセットアップ

※JDKがインストールされていないとAndroid SDK Toolsはインストールできない.必ずJDKを先にインストールすること

ダウンロード

  1. Android SDK Tool のダウンロードページへ移動 http://developer.android.com/sdk/index.html

  2. ADT bundle の圧縮形式(.zip)ファイルの最新版をダウンロード

インストール

  1. ZIP ファイルを, 分かりやすいディレクトリに解凍する.

  2. 解凍が終わったら、Windows で、環境変数 PATH に次を追加する

    「Android SDK」フォルダー内の eclipse フォルダーと、Tools フォルダーと、platform-tools フォルダーのパスを追記する

    例えば次のように. 「C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130219」のところは、実際のディレクトリに読み替えること

    C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130219\eclipse;C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130219\sdk\tools;C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130219\sdk\platform-tools
    

    パスを通す

    1. Windowsのスタートメニューを開き,コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム と辿る

    2. 左側のメニューに「システムの詳細設定」という項目があるのでそこを選択

    3. 「詳細設定タブ」の一番下「環境変数」を選択し,環境変数を変更するウィンドウ<を開く

    4. 下側のグループ「システム環境変数」のなかから「PATH」を探してダブルクリック

      「Android SDK」フォルダー内のTools フォルダーと platform-tools フォルダーのパスを追記する

      ※すでに記入してある内容は削除しない

      ※変数と変数の間は「;」(半角セミコロン)で区切る

    5. 追記が完了したら「OK」を押してウィンドウを閉じる

  3. 確認

    Eclipse はAndroid SDK に同封されている.コマンドプロンプトを開き、「eclipse」と実行してみる。 eclipse が起動すればOK


Andoid SDK マネージャ (SDK Manager) を用いた設定

  1. Andoid SDK マネージャ (SDK Manager) の起動

    コマンドプロンプトを開き、「android」と実行。

    android
    

  2. インストールしたいパッケージを選択し,インストールを開始

    ◆ 下の実行例では,パッケージとして次のものを選んでいる.


Android エミュレータの生成とテスト起動

  1. monitor コマンドを使って,Android Debug Monitor を起動してみる

    android update adb
    adb kill-server
    adb start-server
    monitor
    

  2. コマンドを使って,Android エミュレータを生成、


Android デバイス (実機) を接続

Eclipseを起動してみる

Eclipse はAndroid SDK に同封されている. Eclipse の「Debug」で、「Always ...」をチェック.