トップページ -> コンピュータ実習 -> JavaScript による Web プログラミング -> Ubuntu で Eclipst と Eclipse の ADT プラグインのダウンロードとインストール
[サイトマップへ]

Ubuntu で Eclipst と Eclipse の ADT プラグインのダウンロードとインストール

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ

この Web ページで行うこと.


Java Platform (JDK) のインストール

 
  1. Java Platform (JDK) のインストール

    ◆ Ubuntu 12.04 での実行手順例

    sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
    sudo apt-get update
    sudo apt-get -y install oracle-java8-installer
    sudo apt-get -y install oracle-java8-set-default 
    java -version
    

  2. Oracle (SUN) JDK を使うように設定
    sudo update-java-alternatives  --jre -s java-8-oracle
    sudo update-java-alternatives  --jre-headless -s java-8-oracle
    sudo update-java-alternatives  -s java-8-oracle
    

  3. 設定の確認

    端末で,次のコマンドを実行.し、/usr/lib/jvm/java-8-oracle...の行に設定されていることを確認する

    sudo update-alternatives --config java 
    

  4. java のバージョンの確認

    update-java-alternatives -l 
    java -version 
    

  5. 変数 JAVA_HOME の設定

    ~/.bashrc または ~/.bash_profile に次のように設定(設定例

    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-oracle
    export PATH=/usr/lib/jvm/java-8-oracle/bin:$PATH
    export CLASSPATH=.:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/lib
    
 

Anddoid SDK のインストールが終わっていなければインストールする


Eclipse のインストール

  1. Eclipse の Web ページを開く

    http://www.eclipse.org/index.phpを開く.

  2. ダウンロード用ページへジャンプ

    ページの上の方にある「Download Eclipse」(オレンジ色のボタン)をクリック

  3. Eclipse パッケージの種類の選択

    Eclipse パッケージの種類が選べる.ここでは,

    などの中から,「Eclipse IDE for JAVA EE Developers」の右横にある「Linux ...」をクリック

  4. ダウンロードサイトの選択

    「Download from:」の右横に,「Japan ...」のように表示されること確認する(Japan で無ければ,「Please choose a mirror close to you」から選びなおす). その後,「Japan ...」のところをクリックすると,ダウンロードが始まる.

  5. ダウンロード開始の確認

    eclipse-jee-kepler-SR1-linux-gtk.tar.gz, eclipse-jee-kepler-SR1-linux-gtk-x86_64.tar.gz のような名前のファイルがダウンロードされる

  6. ダウンロードが終わるまでしばらく待つ.

  7. 先ほどダウンロードしたファイルを解凍

    /usr/local の下に解凍する. すると,eclipse という名前のサブディレクトリができる. つまり,/usr/local/eclipse ができる.確認しておく.

    ◆ 操作手順の例 (32 ビット Ubuntu の場合)

    cd /usr/local
    sudo tar -xvzof /tmp/eclipse-jee-kepler-SR1-linux-gtk.tar.gz
    

    ◆ 操作手順の例 (64 ビット Ubuntu の場合)

    cd /usr/local
    sudo tar -xvzof /tmp/eclipse-jee-kepler-SR1-linux-gtk-x86_64.tar.gz
    

  8. /usr/local/bin 下にシンボリックリンクの作成

    sudo rm -f /usr/local/bin/eclipse
    sudo ln -s /usr/local/eclipse/eclipse /usr/local/bin/eclipse
    


Eclipse の日本語化

  1. Pleiades の Web ページを開く

    http://mergedoc.sourceforge.jp/

  2. 「Pleiades の概要」に目を通しておく

  3. 「安定版」を選択

    「Pleiades 本体ダウンロード」があるので, 「安定版」を選んでクリック

  4. ダウンロード開始

  5. ダウンロードが終わったら,解凍する

    解凍してできたファイルを確認の上, Eclipse のディレクトリ /usr/local/eclipse にコピー. 上書きするか聞いてくるので,「すべて上書き」.

    cd /usr/local/eclipse
    sudo unzip /tmp/pleiades_1.4.0.zip
    sudo chown -R $USER /usr/local/eclipse
    

  6. eclipse.ini に1行追加

    /usr/local/eclipse/eclipse.iniの最後に,-javaagent:plugins/(以下略)の1行を追加(下記).

    ------変更後の eclipse.ini の例--------------------------------------
    -startup
    plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.0.v20130327-1440.jar
    --launcher.library
    plugins/org.eclipse.equinox.launcher.gtk.linux.x86_64_1.1.200.v20130807-1835
    -product
    org.eclipse.epp.package.jee.product
    --launcher.defaultAction
    openFile
    -showsplash
    org.eclipse.platform
    --launcher.XXMaxPermSize
    256m
    --launcher.defaultAction
    openFile
    --launcher.appendVmargs
    -vmargs
    -Dosgi.requiredJavaVersion=1.6
    -XX:MaxPermSize=256m
    -Xms40m
    -Xmx512m
    -javaagent:/usr/local/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
    

    ※ Linuxでは,「-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar」の部分は,フルパスに変えて, 「-javaagent:/usr/local/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar」のようにした方がトラブルが少ないでしょう.


Eclipse の環境設定と起動チェック

環境設定を下記に示す.

  1. .bashrc に次の1行を書き加える

    Oracle (SUN) JDK を使う設定

    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-oracle
    

  2. Oracle (SUN) JDK を使うとき,「swt が無い」というエラーが出て eclipse が起動できないバグに対する対処

    ■ 32 ビット版 Ubuntu での操作手順例

    cd
    mkdir .swt
    mkdir .swt/lib
    mkdir .swt/lib/linux
    mkdir .swt/lib/linux/x86_64
    ln -s /usr/lib/jni/libswt-* ~/.swt/lib/linux/x86
    

    ■ 64 ビット版 Ubuntu での操作手順例

    cd
    mkdir .swt
    mkdir .swt/lib
    mkdir .swt/lib/linux
    mkdir .swt/lib/linux/x86_64
    ln -s /usr/lib/jni/libswt-* ~/.swt/lib/linux/x86_64
    

  3. Eclipse の起動

    端末で「/usr/local/eclipse/eclipse」

    /usr/local/eclipse/eclipse
    

  4. ワークスペースの作成

    Eclipseを起動すると,最初の画面で,「ワークスペースの選択 (Select a workspace)」と出る. ここでワークスペースのディレクトリとして設定する.OK を押すと,ワークスペースが作成される.

  5. Eclipse で,インストール済みの JRE の確認

    Eclipse で 「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」→「Java」→「Installed JRE(インストール済みのJRE)」

    【インストール済みの JRE】の変更手順

    インストール済み JRE が,下記のように「...java-7-openjdkのようになっている場合には、 Oracle (SUN) JDK を使っていないことになるので、手動で設定する.

    設定手順は下記の通り.

    1. 「search (検索)」ボタンを押して,「/usr/lib/jvm/java-6-oracle」 を設定する
    2. 追加された Java の方にチェックしなおす

  6. (オプション)行番号の表示

    今開いている設定用ウインドウで,「general(一般)」→「Editors(エディタ)」→「Text Editor(テキストエディタ)」

    Show line numbers (行番号の表示)」をチェック

  7. (オプション) 文字コード設定

    Eclipseでテキストファイルを扱う場合の文字コードについて,問題があれば,変更できる.

    今開いている設定用ウインドウで,「general(一般)」→「ワークスペース」

    「Text file encoding (テキスト・ファイル・エンコード)」と, 「New text file line delimiter (新規テキスト・ファイルの行区切り文字)」を設定

  8. (オプション) Emacs風キーバインド

    今開いている設定用ウインドウで,「一般 (General)」 → 「キー (Keys Modify)」 → 「スキーム(Scheme)」のプルダウンから 「Emacs」

    参考 Web ページ http://eclipsewiki.net/eclipse/index.php?Emacs%C9%F7%A5%AD%A1%BC%A5%D0%A5%A4%A5%F3%A5%C9

  9. ビルド・パスの確認

    今開いている設定用ウインドウで,「Java」→「Build Path(ビルド・パス)」

    「Source and output folder(ソース及び出力フォルダー)」 で,「Folders(フォルダー)」にチェック されているはず.確認しておく.

    「Source folder name (ソース・フォルダー名)」と「Output folder name (出力フォルダー名)」をここままでもよいし,好きに設定してもよい(何でも良いが,別のディレクトリになるように設定すること).

  10. java コンパイラのランレベルの確認

    今開いている設定用ウインドウで,「Java」→「Compiler(コンパイラ)」

    Compiler compliance Level を設定できる。


Eclipse ADT (Eclipse のプラグイン Android Development Tools) のダウンロードとインストール

ADT プラグイン のインストールを行う

参考 Web ページ: https://developers.google.com/eclipse/docs/install-eclipse-4.2

  1. Eclipse を起動 (Start Eclipse)

  2. インストールしたいので「ヘルプ (Help)」 → 「新規ソフトウエアのインストール (Install New Software)」と操作

  3. 上右にある「追加 (Add)」 をクリック

  4. レポジトリの追加 (Add Repository)

    Eclipse 4.3 (kepler) での設定例.「4.3」のところは Eclipse のバージョン番号に一致させること.

    http://dl.google.com/eclipse/plugin/4.3
    

    ■ Eclipse 3.7 (indigo) での設定例.「3.7」のところは Eclipse のバージョン番号に一致させること.

    http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.7
    

    ※ https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ を設定したいときは次のように指定する

    https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
    

  5. 「dl.google.com/eclipse/plugin/4.3 - http://dl.google.com/eclipse/plugin/4.3」を選ぶ. 表示されるまでしばらく待つ.

  6. チェックし、「次へ (Next)」をクリック

  7. インストール項目の確認

    確認したら「次へ (Next)」をクリック

  8. ライセンス条項を確認し,納得できる場合のみ続行

  9. インストールが始まる

  10. インストールの途中で 「署名なしコンテンツを含むソフトウエアをインストールしている」という確認表示がでることがある.  確認したら「OK」をクリックする.

  11. インストールが終わったら, 「はい (Yes)」をクリックして Eclipse を再起動

  12. Android SDK のロケーションが設定されていません」という表示が 現れるので「Open Preferences」をクリックする

    ※ ウインドウが現れない場合には,「ウインドウ (Window)」 → 「設定 (Preference)」 と操作し, 左パネルにある 「Android」を選ぶ

  13. (オプション)このとき,Google に統計情報を送信するかの確認表示が出る場合がある.

  14. 「SDK ロケーション (SDK Location)」に,Android SDK インストールディレクトリを設定する

    ■ 設定例

    Linux でAndroid Studioをインストールしているときは /usr/local/android-studio/sdk のように設定する

    /usr/local/adt-bundle-linux-x86-20130219/sdk に設定したいとき

  15. (オプション)SDK の構成に関する画面が現れる場合がある
    1. SDK の構成に関する設定

    2. Google に統計情報を送信するか

    3. ライセンス条項の確認

      熟読し、納得できる場合のみ続行する.


Eclipse で Android プロジェクトの新規作成

  1. Eclipse の起動

  2. ファイル (File)」 → 「新規 (New)」 → 「プロジェクト (Project)」 と操作する

  3. Android アプリケーション・プロジェクト (Android Application Project) を選ぶ

  4. アプリケーション名 (Application Name), プロジェクト名 (Project Name), パッケージ名 (Package Name)を設定する

  5. オプションを設定する

  6. 起動アイコンなどを設定する

  7. アクティビティなどを設定する

  8. アクティビティ名などを設定する


Andoid SDK マネージャ (SDK Manager) を用いた設定

SDK Manager を使うことで、他のバージョンの Android SDK のインストールなどができる

JDK6 ではなく JDK7 を使っている場合には、ここでの手順がうまく動かない可能性が高いです (2013/06 時点)

  1. Andoid SDK マネージャ (SDK Manager) の起動

    Eclipse で, ウインドウ (Window) → Android SDK マネージャー (Android SDK Manager) と操作する.

    ※ 上のようなメニューが現れないときは、 「ウインドウ」→ 「パースペクティブを開く」→ 「Java」と操作する

    ※ 端末から Android SDK マネージャを起動したいときは、次のように操作する

    sudo /usr/local/android-studio/sdk/tools/android
    

  2. SDK Manager が開く

    インストール済みのパッケージが確認できる

  3. インストールしたいパッケージを選択し,インストールを開始

    ◆ 下の実行例では,パッケージとして次のものを選んでいる.

  4. インストールされるパッケージとライセンス条項の確認

    パッケージ間に依存関係があるため、「Install ... packages」を複数回クリックする必要がある場合がある.


Andoid 仮想デバイスマネージャ (AVD Manager) を用いたAndroid エミュレータの生成とテスト実行

JDK6 ではなく JDK7 を使っている場合には、ここでの手順がうまく動かない可能性が高いです (2013/06 時点)

  1. Eclipse で, ウインドウ (Window) → Andoid 仮想デバイス・マネージャ と操作する.

    ※ 端末から Android 仮想デバイスマネージャ (AVD Manager) を起動したいときは、次のように操作する

    /usr/local/android-studio/sdk/tools/android avd
    

  2. Android 仮想デバイスマネージャ (AVD Manager) が開く

  3. Android エミュレータを生成したいので「New (新規)」をクリック

  4. 設定画面

    次のように設定してみる

    ※ CPU/ABI のメニューがうまく現れない場合は、一度ターゲットを別のものに指定すると直る場合がある。

  5. いま作成したエミュレータを起動したいので、「hoge ...」の行をクリックし、「Start (開始)」をクリック

  6. Launch (起動)」をクリック

    ※ ユーザデータを消去したいときは「Wipe user data」をチェックする.

  7. エミュレータの画面が開く

コマンドを使って,Android エミュレータの生成と起動を行いたいときは次のような手順になる

  1. エミュレータの生成

    • -n hoge: マシン名
    • -1 1: ターゲットID
    • 「--abi armeabi」: armeabi や x86 を指定

    ※ 「cd /usr/local/android-studio/sdk/tools」のところは、 Android SDK が実際にインストールされたディレクトリにあわせて 「cd /usr/local/adt-bundle-linux-x86-20130522/sdk/tools」のように読み替えて下さい

    cd /usr/local/android-studio/sdk/tools
    ./android create avd -n hoge -t 1 --abi armeabi
    

  2. エミュレータの起動

    ※ 「cd /usr/local/android-studio/sdk/tools」のところは、 Android SDK が実際にインストールされたディレクトリにあわせて 「cd /usr/local/adt-bundle-linux-x86-20130522/sdk/tools」のように読み替えて下さい

    cd /usr/local/android-studio/sdk/tools
    ./emulator -avd hoge
    

Andoid デバッグ・モニタを起動してみる

JDK6 ではなく JDK7 を使っている場合には、ここでの手順がうまく動かない可能性が高いです (2013/06 時点)

  1. Eclipse で パースペクティブを開く (Window) → DDMS と操作する.

    ※ 端末から Andoid デバッグ・モニタを起動したいときは、次のように操作する

    sudo /usr/local/android-studio/sdk/tools/android update adb
    sudo /usr/local/android-studio/sdk/platform-tools/adb kill-server
    sudo /usr/local/android-studio/sdk/platform-tools/adb start-server
    /usr/local/android-studio/sdk/tools/ddms
    

    ※ 「cd /usr/local/android-studio/sdk/tools」のところは、 Android SDK が実際にインストールされたディレクトリにあわせて 「cd /usr/local/adt-bundle-linux-x86-20130522/sdk/tools」のように読み替えて下さい

  2. デバイスがないときは表示は空

  3. 試しに、エミュレータを起動すると、エミュレータの情報が表示される

  4. File Explorer」をクリックすると、ファイルが表示される


Android Studio でプロジェクトを実行してみる(エミュレータ)

先ほど作成した Android プロジェクトを実行してみる

  1. プロジェクトを右クリックし, 「実行 (Run)」 → 「Android アプリケーション (Android Application)」 と操作する

  2. (オプション)「新規Android仮想デバイスを追加しますか?」と表示されたときは「はい」をクリックする

    設定を続ける

  3. エミュレータの画面が現れる

  4. (オプション)「Auto Monitor Logcat」という表示が出る場合がある.設定して「OK」をクリック

  5. しばらく待つと, コンソールに起動成功のメッセージが現れる

  6. このとき, エミュレータの画面に表示が現れる

    ■ アクティビティとして「Blank Activity」を選んだ場合, 「Hello World!」というようなメッセージが現れる.

    ■ アクティビティとして「Fullscreen Activity」を選んだ場合, 「DUMMY CONTENT」と表示される


Android Studio でプロジェクトを実行してみる(Genymotion を使用)

先ほど作成した Android プロジェクトを実行してみる

ここでは、Genymotion を使ってみる. 「genymotion のインストールと設定」は、別のページで説明している。

  1. Genymotion を起動しておく

  2. プロジェクトを右クリックし, 「実行 (Run)」 → 「Android アプリケーション (Android Application)」 と操作する

  3. Genymotionを選ぶ

  4. コンソールに起動成功のメッセージが現れる

  5. このとき, エミュレータの画面に表示が現れる

    ■ アクティビティとして「Blank Activity」を選んだ場合, 「Hello World!」というようなメッセージが現れる.

アクティビティの Java ファイルを書き換えて実行してみる(エミュレータ)

  1. アクティビティの Java ファイルを書き換えてみる

    アクティビティとして「Blank Activity」を選んだ場合のプログラム例

    package com.example.hoge;
    
    import android.os.Bundle;
    import android.app.Activity;
    import android.view.Menu;
    import android.widget.TextView;
    
    public class MainActivity extends Activity {
    
        @Override
        protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
            super.onCreate(savedInstanceState);
            setContentView(R.layout.activity_main);
            
            TextView tv = new TextView(this);
            tv.setText("Hello");
            setContentView(tv);
        }
    
    
        @Override
        public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
            // Inflate the menu; this adds items to the action bar if it is present.
            getMenuInflater().inflate(R.menu.main, menu);
            return true;
        }
        
    }
    

  2. 再度,実行してみる

    プロジェクトを右クリックし, 「実行 (Run)」 → 「Android アプリケーション (Android Application)

    ■ アクティビティとして「Blank Activity」を選んだ場合


Eclipse で既存のアプリケーションプログラムをインポートし,動かしてみる

ここでは, 例として「初めての Android」に掲載されているサンプルプログラムを試してみる.
  1. 書籍に記載されている URL からダウンロード

  2. zip ファイルの中にたくさんのディレクトリがある. 確認しておく.

  3. Sudokuv4 をインポートしたいので, Eclipse で,「org.example.sudoku」というパッケージ名の Android プロジェクトを作成しておく.

    プロジェクト名は,インポートしたいプログラムの src ディレクトリを見るとすぐに分かる.

  4. Eclipse で,Android プロジェクトを右クリックし,「インポート (Import)」と操作する.

  5. ファイル・システム」を選ぶ

  6. インポート操作

  7. 実行してみる

    プロジェクトを右クリックし, 「実行 (Run)」 → 「Android アプリケーション (Android Application)

    しばらく待つと, エミュレータの画面に 数独が現れる.



Android の実機の接続に関する設定

Ubuntu で Android の実機の接続に関する設定のWeb ページを見てください