トップページ -> 実践知識 -> JavaServer Faces による Web アプリケーションとデータベースの連携 -> JavaServer Faces サンプルプログラム
[サイトマップへ]  

JavaServer Faces サンプルプログラム

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

◆ この Web ページで行うことの概略

Eclipse を使って,JavaServer Faces (JSF) タグtomahawk 拡張タグ を使った JSP プログラムを作り,動作させる手順を説明する. http://www.coreservlets.com/JSF-Tutorial/に記載のjsf-blank プログラムを書き換えて使うことにします.

  1. Eclipse での動的 Web プロジェクトの作成

    Tomcat 上で動く Java サーブレット・プログラムを,Eclipse で扱うので,Eclipse の動的 Web プロジェクトが必要です.

  2. Apache MyFaces バージョン 2.0 に関するファイル群 jsf-blank のインポート  

    作成した動的 Web プロジェクトに, http://www.coreservlets.com/JSF-Tutorial/ で公開されている Apache MyFaces 関係のファイルをインポートします. (インポート用のファイルは,数種類公開されているのですが,プログラム見本が同封された jsf-blank を選びます.

    ※(補足)Eclipse で Spring 2.0 を設定している場合には,JSP (JSF のベースとなる部分)は Spring 2.0 内のものが使われます.

  3. Tomcat バージョン 1.1.11 のダウンロードとインポート

  4. java パッケージの作成

  5. index.jsp のテスト実行

Apache MyFaces が持つ JSF の機能や,拡張機能を 使ったプログラム作成については,別の Web ページになる. JSF タグ の Web ページなどで,プログラム例を交えて説明している.

【補足説明】

下記の 2つのサーバは別物です. 2つを同時に動かすことはできません(ポートを奪い合うことができないので).一方を動かすときは,もう一方を止めることになる.

  1. Eclipse 内部の tomcat サーバ:

    Eclipse では,Eclipse 内部の tomcat サーバが動き, Java サーブレットの動作テストなどに使う.

  2. 公開 tomcat サーバ:

    Eclipse とは無関係の tomcat サーバ(C:\tomcat55\bin\tomcat5w.exe 等で起動する Tomcat サーバのこと).当然, 公開 tomcat サーバが管理するディレクトリも Eclipse とは独立している.

なお,「Eclipse 内部の tomcat サーバ」を使えるようには, Eclipse で「新規サーバの定義」を行う必要があります.これは,1回行うだけで十分です.

準備事項

必要となるソフトウエア


Eclipse の使用にあたって,事前に決めておく事項

以下,Eclipse を使います. 動的 Web プロジェクトの作成Apache MyFaces のインポートテストプログラムの実行という一連の操作を,図解で説明する.

Eclipse のプロジェクト等を作ります. この Web ページでは,Eclipse のプロジェクト名は次のように記述します. (すでに同じ名前のプロジェクトがある,といったときは,プロジェクト名を変えてください).


Eclipse での動的 Web プロジェクトの新規作成

下記の手順で,動的 Web プロジェクトを新規に作成します.

  1. (もし,プロジェクト・エクスプローラが開いていなければ)プロジェクト・エクスプローラを開く

    「ウインドウ (Window)」→「ビューの表示 (Show View)」→「プロジェクト・エクスプローラ (Project Explorer)」 と操作します.

  2. プロジェクトの新規作成の開始

    ファイル」→「新規 (New)」→「プロジェクト (Project)
    または,プロジェクト・エクスプローラ内で,右クリック→「新規 (New)」→「プロジェクト (Project)」

  3. Web」の展開

    新規プロジェクトのウインドウが開くので, 「Web」を展開する.

    ※ 「Web が無いよ」という場合には ../javaintro/wtpinstall.html を見てください

  4. 動的 Webプロジェクト (Dynamic Web Project)」の選択

    展開した「Web」の下にある 「動的 Webプロジェクト (Dynamic Web Project)」を選び, 「次へ」をクリック.

    ■ Windows での設定例

  5. プロジェクト名の設定など

    設定用のウインドウが開くので,下記の設定を行う. 設定が終わったら,「次へ」をクリック.

  6. 次はデフォルトのままでよい

    「次へ」をクリック.

  7. 次の「Web モジュール」は,デフォルトのままでよい

    完了 (Finish)」をクリック.

  8. もし「関連付けられたパースペクティブを開きますか?」 と聞いてきたら「はい」をクリック

  9. 作成されたプロジェクトの確認

    プロジェクト・エクスプローラで,いま作成した動的 Web プロジェクト MYFACES が表示されていることを確認する.

Apache MyFaces バージョン 2.0 に関するファイル群 jsf-blank のインポート

Apache MyFaces の動作確認のため, 公開されている jsf-blank プログラム (jsf-blank.zip) を実行してみます.

  1. JSF チュートリアルの Web ページを開く

    http://www.coreservlets.com/JSF-Tutorial/ をクリック.

  2. JSF 2.0 Tutorial」をクリック

  3. Installation, Setup, and Getting Started」をクリック

  4. jsf-blank.zip のダウンロード

    今開いている Web ページの「jsf-blank.zip」をダウンロード.

  5. 解凍

    解凍してできたファイルのうち,WEB-INF/web.xml, WEB-INF/struts-config.xml, WEB-INF/lib, css/styles.css, index.jsp, welcome.jsp を使います (要するに全部を使います).

  6. Eclipse で,インポート開始

    プロジェクト・エクスプローラで, プロジェクト名 MYFACES右クリックし,「インポート (import)」を選ぶ.

  7. インポート・ソースの選択

    一般」→「ファイル・システム」と操作した後, 「次へ」をクリック.

  8. ソース・ディレクトリの指定
    1. ソース・ディレクトリとして,先ほど解凍した jsf-blank を指定

    2. すると,ソース・ディレクトリの下に,ファイルの一覧が表示される. ここで,インポートすべきファイルを選ぶ. 「すべて選択」をクリック.

    3. 以上の操作の後,「完了」をクリック.

  9. 「上書きしますか?」に対しては「すべてはい」と答える

  10. インポートの結果,ファイルが増える


Tomahawk バージョン 1.1.11 のダウンロードとインポート

ファイルのダウンロード

  1. Apache MyFaces Project の ダウンロード用 Web ページを開く

    http://myfaces.apache.org/download.html

  2. MyFaces Tomahawkをクリック

  3. 先ほどの Web ページに戻り,MyFaces Tomahawk バージョン 1.1.11 バイナリ・リリースの選択

    zip 形式ファイル tomahawk-1.1.11-bin.zip をクリック.

  4. ミラーサイトの選択

    URL をクリック.

  5. ダウンロードしたファイルの解凍

    どこに解凍しても良いが,後で分かりやすい ディレクトリに解凍すること.

MyFaces Tomahawk のインポート

上記と同様の手順で,MyFaces Tomahawk を,プロジェクトの WebContent\WEB-INF\lib にインポートします.

  1. Eclipse で,インポートの開始

    プロジェクト・エクスプローラで,WebContent\Web-INF\lib右クリックし,「インポート」を選ぶ

  2. インポート・ソースの選択

    一般」→「ファイルシステム」と操作した後, 「次へ」をクリック.

  3. Tomahawk ファイルの指定
    1. ソース・ディレクトリとして,先ほど解凍したディレクトリ(ほにゃらら/tomahawk-1.1.11//lib を指定

    2. すると,ソース・ディレクトリの下に,ファイルの一覧が表示される. ここで,インポートすべきファイルを選べる. 「すべて選択」をクリック.

    3. 以上の操作の後,「完了」をクリック.

  4. WebContent\WEB-INF\lib のファイルの確認

    lib」を展開


Java パッケージ作成

Eclipse のプロジェクト・エクスプローラを使って, Java パッケージを作成します. Java パッケージ名には hoge.hoge.com のようなドメイン名を付ける習慣があることに注意してください. この Web ページでは,作成するJava パッケージ名は,hoge.hoge.com と書きます. (Java パッケージ名を変えるときは,読み替えてください).

  1. (もし,プロジェクト・エクスプローラが開いていなければ)プロジェクト・エクスプローラを開く

    「ウインドウ」→「ビューの表示」→「プロジェクト・エクスプローラ」 と操作します.

    Java パッケージの作成,クラスの作成などの作業は,プロジェクト・エクスプローラで行うことにします.

  2. Java パッケージを新規作成すべきプロジェクトの選択

    プロジェクト・エクスプローラに,プロジェクト一覧が表示されているはずです. Java パッケージを新規作成したいプロジェクト名 MYFACES右クリックして, 「新規」→「パッケージ」と操作します.

  3. Java パッケージ名の設定

    「Java パッケージ (Java package)」名前として,Java パッケージ名 hoge.hoge.comを記入する.

    その後,「終了」をクリック.

  4. Java パッケージの確認

    プロジェクト・エクスプローラにおいて, Java パッケージ hoge.hoge.com が増えていることを確認する.

    ※ プロジェクト・エクスプローラで, Java パッケージ名 hoge.hoge.comが表示されていないときは, プロジェクト MYFACES の左横の「+」をクリックして展開した後, 下の 「Java リソース; src」の左横の「+」をクリックして展開して下さい.


Apache MyFaces 使用上の注意点

タグについて

JSFタグを使うときは,JSP ファイルに,次の2行を追加することになっています.

<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f"%>

Tomahawk のタグを使うときは,JSP ファイルに,さらに次の2行を追加することになっています.

<%@ taglib uri="http://myfaces.apache.org/tomahawk" prefix="t"%>

詳しくは,http://myfaces.apache.org/tomahawk/extensionsFilter.html を参照のこと.


JSF のタグを使う JSP プログラムの実行

JSF のタグを使う JSP プログラムのサンプルプログラムです. これは,下の図のようにラジオボタンのプログラムです. ラジオボタンのデータ(これは,一種のフォームデータといえます) を Java オブジェクトにマッピングすることが簡単にできる, というのが JSF の良さです. やってみましょう.

図. JSF を使ったラジオボタンの例 (プログラムは下記)

サンプルプログラムのファイル名は index.jsp とします (JSP プログラムなので,拡張子を 「.jsp」にしている).

  1. WebContent/WEB-INF の展開

    プロジェクト・エクスプローラで, プロジェクト名 MYFACES の下の「WebContent」を展開し,その下の「WEB-INF」を展開する.

  2. index.jsp の編集の開始

    プロジェクト・エクスプローラで,index.jspダブルクリック すると,エディタが開きます.

    ※ index.jsp が無いときは,上記で書いた jsf-blank のインポートがうまくいっていない,ということなのでやり直す.

  3. index.jsp の編集

    【要点】

    <f:view>, <h:form id="form1">, <h:selectOneRadio>, <f:selectItem/> などのタグ を使う.

    ※ タグについては,「JavaServer Faces タグ」の Web ページ で,実例を使って説明している.

    ◆ index.jsp の例

    下記のプログラムを、カット&ペースト.

    <%@ page contentType="text/html; charset=Windows-31J" %>
    <%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h" %>
    <%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f" %>
    <%@ taglib uri="http://myfaces.apache.org/tomahawk" prefix="t" %>
    
    
    <html>
    <head>
        <title>簡単なサンプル</title>
    </head>
    
    <body>
    <f:view>
        <h:form id="form1">
    
            <h:selectOneRadio>
                <f:selectItem itemValue="男性" itemLabel="男性" />
                <f:selectItem itemValue="女性" itemLabel="女性" />
            </h:selectOneRadio>
        </h:form>
    </f:view>
    </body>
    </html>
    
    

     

  4. index.jsp の実行
    1. プロジェクト・エクスプローラーで,index.jsp」を右クリック

    2. 実行 (Run As)」→「サーバーで実行 (Run on Server)」と操作

    3. サーバの選択

      ウインドウが開くので, 「ローカルホストの Tomcat v6.0 サーバ」が選択されていることを確認の後,「終了」をクリック.

    下記のエラーが出て,Eclipse 内部の Tomcat サーバが起動しない場合には,公開 Tomcat サーバが稼働中である可能性がある。もしそうなら公開 Tomcat サーバを停止する

    「公開 Tomcat サーバを稼働させている」ときは, Eclipse 内部の Tomcat サーバが起動しない(ポートを奪い合うので)ので, 公開 Tomcat サーバを停止させて下さい

    • Ubuntu の場合: /usr/sbin/service tomcat6 stop で公開 Tomcat サーバを停止

  5. Tomcat のサーバが起動(または,再起動)するので確認する

    コンソール・ビューの表示を確認する.

  6. 実行結果の確認

    Eclipse の 組み込み Web ブラウザ (Internal Web ブラウザ)が開き,そこに実行結果が出る. しばらく待つ.「welcome to JSF」という画面が現れたら,うまく動作している.


tomahawk 拡張タグを使う JSP プログラムの実行

tomahawk 拡張タグを使う JSP プログラムのサンプルプログラムです. これは,下の図のようにカレンダーのプログラムです. Eclipse での操作手順は,普通の JSF の場合と同じです.

図. JSF を使ったラジオボタンとカレンダーの例。カレンダーは tomahawk 拡張タグ

  1. WebContent/WEB-INF の展開

    プロジェクト・エクスプローラで, プロジェクト名 MYFACES の下の「WebContent」を展開し,その下の「WEB-INF」を展開する.

  2. index.jsp の編集の開始

    プロジェクト・エクスプローラで,index.jspダブルクリック すると,エディタが開きます.

  3. index.jsp の編集

    【要点】

    Tomahawk 関係の設定については、http://myfaces.apache.org/tomahawk/extensionsFilter.html を参照のこと。

    ◆ index.jsp の例

    下記のプログラムを、カット&ペースト.

    <%@ page contentType="text/html; charset=Windows-31J" %>
    <%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h" %>
    <%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f" %>
    <%@ taglib uri="http://myfaces.apache.org/tomahawk" prefix="t" %>
    
    <html>
    <head>
        <title>tomahawk を使う簡単なサンプル</title>
    </head>
    
    <body>
    <f:view>
        <h:form id="form1">
    
            <h:selectOneRadio>
                <f:selectItem itemValue="男性" itemLabel="男性" />
                <f:selectItem itemValue="女性" itemLabel="女性" />
            </h:selectOneRadio>
    
    
            <h:panelGrid border="1">
                <h:panelGroup>
                    <h:outputText value="今月のカレンダー" />
                    <t:inputCalendar monthYearRowClass="yearMonthHeader"
                        weekRowClass="weekHeader" renderAsPopup="false"
                        popupDateFormat="yyyy/MM/dd" popupTodayString="本日は"
                        popupWeekString="週目" />
                </h:panelGroup>
            </h:panelGrid>
        </h:form>
    </f:view>
    </body>
    </html>
    
    
  4. index.jsp の実行
    1. プロジェクト・エクスプローラーで,index.jsp」を右クリック

    2. 実行 (Run As)」→「サーバーで実行 (Run on Server)」と操作

    3. サーバの選択

      ウインドウが開くので, 「ローカルホストの Tomcat v6.0 サーバ」が選択されていることを確認の後,「終了」をクリック.

  5. Tomcat のサーバが起動(または,再起動)するので確認する

    コンソール・ビューの表示を確認する.

  6. 実行結果の確認


(参考) JSF ファイルのエクスポートについて

Eclipse でエクスポートして、C:\tomcat55\webapps 下に war ファイルを置くわけですが、 アクセスするための URL は、 http://localhost/<war ファイルの名前>/index.jsf のように、拡張子が jsf になるようです(調査中)。


(参考) 設定ファイル web.xml と faces-config.xml  

WEB-INF/lib/web.xml

WEB-INF/lib/web.xml を,以下の手順で書き換える.

  1. プロジェクト・エクスプローラで,WEB-INF/lib/web.xml をダブルクリック

  2. エディタが開くので「ソース」をクリック

  3. ファイルエディタに切り替わる

WebContent\WEB-INF\lib\faces-config.xml の確認

faces-config.xml は、ビーン名とクラス名のマッピングを取るなどのためのファイル。

ファイルの中身は次のようになっているので,確認しておく。見て分かる通り、実質的な定義はになっている。

これは、この Web ページでのプログラムが、表示しかせず、ページ遷移や、 Java プログラムとの連携がないため。