トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Linux のインストール,設定,運用保守,便利な使い方 -> Ubuntu で、Python,virtualenv, virtualenvwrapper と各種ツール (Chocolatey, git, cmake, wget, 7zip など)のインストール
サイトマップ

Ubuntu で、Python,virtualenv, virtualenvwrapper と各種ツール (Chocolatey, git, cmake, wget, 7zip など)のインストール

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

ユースケース:

  1. Ubuntu で,Python処理系と各種ツール (git, cmake, wget, 7zip など) を整えたい.
  2. Ubuntu で,virtualenv, virtualenvwrapper を使いたい.
  3. Tenforflow を使いたいが、 Tenforflow の Web ページ https://www.tensorflow.org/install/pipに、 「Python 3.4,3.5, or 3.6」のように記載されている(2019年4月時点)ので、古いバージョンのPythonが必要になった

目次

  1. 前準備
  2. Ubuntu で Python ヘッダファイルとライブラリ、pip のインストール
  3. (オプション)virtualenv, virtualenv wrapper のインストールと設定
  4. 主要パッケージ(numpy, scipy, h5py, sciklit-learn, scikit-image, matplotlib, seaborn, pandas, pillow, jupyter, pytest, docopt, pyyaml, cython)のインストール
  5. Ubuntu で git, cmake, wget, p7zip のインストール
  6. virtualenv を用いて Python バージョン3 環境の新規作成
  7. virtualenv, virtualenv wrapper の確認

サイト内の関連 Web ページ:


前準備

Ubuntu のシステム更新

次のコマンドを実行.

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade
sudo apt -yV dist-upgrade
sudo apt -yV autoremove
sudo apt autoclean
sudo shutdown -r now

Ubuntu で Python ヘッダファイルとライブラリ、pip のインストール

  1. 端末を開く

  2. Python ヘッダファイルとライブラリ、pip のインストール
    sudo apt -yV install python3-dev python3-pip python-dev python-pip 
    

  3. pip の更新
    cd /tmp
    sudo rm -f get-pip.py
    wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
    sudo rm -rf ~/.cache/pip
    mkdir ~/.cache/pip
    sudo python3 get-pip.py
    sudo python get-pip.py
    sudo pip3 install --ignore-installed --upgrade virtualenvwrapper
    sudo pip install --ignore-installed --upgrade virtualenvwrapper
    

  4. pip3, pip の動作確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認.

    pip3 list
    pip list
    

(オプション)Ubuntu で virtualenv, virtualenv wrapper のインストールと設定

  1. 端末を開く

  2. virtualenv, virtualenv wrapper のインストール
    sudo pip install -U virtualenv virtualenvwrapper
    sudo pip3 install -U virtualenv virtualenvwrapper
    

  3. virtualenv, virtualenv wrapper の設定

    エラーメッセージが出ていないことを確認

    export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
    export VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON=/usr/bin/python3
    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
    touch ~/.profile
    echo -e "\n# virtualenv and virtualenvwrapper" >> ~/.profile
    echo "export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs" >> ~/.profile
    echo "export VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON=/usr/bin/python3" >> ~/.profile
    echo "source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh" >> ~/.profile
    source ~/.profile
    

    virtualenvwrapper の使い方

    • mkvirtualenv <Python仮想環境名>: Python仮想環境の新規作成
    • workon: Python仮想環境の一覧表示
    • workon <Python仮想環境名>: Python仮想環境の有効化
    • deactivate: いま有効化されているPython仮想環境の無効化

主要パッケージ(numpy, scipy, h5py, sciklit-learn, scikit-image, matplotlib, seaborn, pandas, pillow, jupyter, pytest, docopt, pyyaml, cython)のインストール

  1. 端末を開く

  2. (オプション)もし、Python 仮想環境を新規作成し、そこにインストールしたいときは、そのためのコマンドを実行

    ※ Python 仮想環境を新規作成し、そこにインストールしたいときに限る

    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
    mkvirtualenv --python=/usr/bin/python3 py36
    lsvirtualenv 
    workon py36 
    

  3. numpy, scipy, h5py, sciklit-learn, scikit-image, matplotlib, seaborn, pandas, pillow, jupyter, pytest, docopt, pyyaml, cython のインストール
    sudo pip3 install -U numpy scipy h5py scikit-learn scikit-image matplotlib seaborn pandas pillow
    sudo pip3 install -U jupyter pytest docopt pyyaml cython
    

Ubuntu で git, cmake, wget, p7zip のインストール

  1. 端末を開く

  2. 次のコマンドを実行.
    sudo apt -yV install git
    sudo apt -yV install cmake
    sudo apt -yV install wget
    sudo apt -yV install p7zip
    

virtualenv を用いて Python バージョン3 環境の新規作成

  1. 新しく端末を開く

  2. システムの python3 のバージョンの確認
    which python3
    python3 --version 
    

    Ubuntu 18.04 での実行結果の例

  3. Python バージョン3 環境の新規作成

    名前: py36

    使用する Python: python3

    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
    mkvirtualenv --python=/usr/bin/python3 py36
    

  4. 確認
    lsvirtualenv 
    

    py36」という新しい Python 環境が作成されたことが分かる

  5. 確認 の続き

    新しく端末を開き、次のコマンドを実行.

    「workon py36」は、py36 の Python 環境の使用を開始するためのコマンド. エラーメッセージが出なければ OK.

    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
    workon py36
    which python
    which pip
    

  6. 試しに、py36 の Python 環境の Python を使ってみる
    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
    workon py36
    python 
    print(1 + 2)
    exit()
    


virtualenv, virtualenv wrapper の確認