トップページ -> 実践知識 -> 医用画像(MRI, CT 等)のツール -> MRIcron のインストール(Windows 上にインストール)
[サイトマップへ]  

MRIcron のインストール(Windows 上にインストール)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

MRIcron/ とは,次の機能を持ったソフトウエア

など

MRICron のインストールの手順

  1. MRIcron の Web ページを開く

    http://www.cabiatl.com/mricro/

  2. Web ページを開く

    MRIcron NIfTi viewer」のクリック

  3. Installation」のクリック

  4. ライセンス条項の確認

    Installation」をクリック

  5. ダウンロードの開始

    Installer」をクリック

  6. ダウンロードしたファイルの解凍

  7. インストーラの起動

  8. ライセンス条項の確認

    ライセンス条項を確認の上, 「I Agree」をクリック

  9. インストールオプション

    デフォルトのままでよい. 「Next」をクリック

  10. フォルダの選択とインストールの開始

    デフォルトのままでよい. 「Install」をクリック

  11. インストーラの修了

    Completed」と表示されることを確認の後, 「Close」をクリック


MRICroN を使ってみる

ファイルの読み込み: NIfTI フォーマット, Analyze フォーマット

  1. MRCroN の起動

  2. File」→ 「Open」と操作する

  3. ファイル形式とファイル名の指定

スライス表示

ファイルを読み込むとスライス表示される

ファイルの書き出し: NIfTI フォーマット

  1. File」→ 「Save as NIfTI」と操作する

  2. ファイル名の指定

ボリュームレンダリング

  1. Window」→ 「Render」と操作する

  2. ボリュームレンダリング表示される


(参考)FreeBSD で MRICron を起動

FreeBSD の Linux エミュレーション機能を使います. /usr/ports/*/*linux*xxx* で,make install.また,/usr/compat/linux/lib にいくつかのバイナリをダウンロード.

すると,FreeBSD で MRICron が起動できました(下記の図)