トップページ -> コンピュータ実習 -> 医用画像(MRI, CT 等)のツール -> 全身CT画像や連番画像の3次元表示を行うソフトウエアRealiaの紹介
[サイトマップへ]  

全身CT画像や連番画像の3次元表示を行うソフトウエアRealiaの紹介

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ

Realiaについて

Realiaは、INTAGE(インテージ)製品シリーズの1つで、所定の条件下で無償でライセンスされるDICOM 3Dビューワソフトウェア。

但し、フリーソフトではないので、よく使用条件を確認すること. 再配布は行わないこと

このソフトウェアはデュアルコアCPU(Intel Core2Duo)に対応している。Realiaは、ダウンロードしてから3ヶ月間は無条件で利用することができるが、メールにより送られてくる課題の解答を送ることで、無料の永続利用権(ライセンスコード)を得ることが出来る。 http://richmedia.kgt.co.jp/html/realia_regist_04.html


Realiaのインストール手順

ここではRealiaのダウンロードを行い、インストールする手順を示す。

ダウンロード

  1. CYBERNET の DICOMN フリー 3D ビューワ INTAGE Realia の Web ページを開く

    http://richmedia.kgt.co.jp/html/realia_regist.html

  2. ユーザ登録

  3. ダウンロード

インストール

  1. ファイルの拡張子を .bin から .exe に変更

  2. Intage_realia.exe を実行

  3. 言語の設定

    日本語を選択し、OKボタンを押す。そして次へを押す。

  4. 利用許諾書の熟読

  5. ユーザ名と会社名を登録する。

  6. インストール先の設定

  7. 最後に完了を押すことでインストールが終了する。


Realiaの起動

インストール後、 スタート→すべてのプログラム→Realia→Realia の順で選択すると、アプリケーションが起動される。 表示される使用条件をよく確認する


画像ファイルの読込み

■ DICOM 連番画像の読込み

起動時にディレクトリを指定する

■ RealiaはBMP 連番画像,TIFF 連番画像,Raw形式ファイル,fldファイル(独自規格)を読み込むことが出来る。

この場合は,起動時のディレクトリ指定で「キャンセル」する.

RGBカラーBMP連番画像の読み込み手順を下に示す.

  1. 起動時のディレクトリ指定では「キャンセル」を選ぶ.

  2. File→Import Dataを選択

  3. (RGBカラーBMP連番画像を開きたいので)ファイルの種類にBitmap Filesを選択

    Volume1を選択した後、 RGBカラーBMP連番画像全て選択し、開くを押す。

    複数のファイルの選択方法は、1枚目のファイルを左クリックで選択した後、左Shiftキーを押した状態で右カーソルキーを押し続けることで全てのファイルを選択

    その後,画像の解像度を設定する。ここでは1mm×1mm×0.98mmであるため、そのように設定をしている。


画像の表示と操作