トップページ -> コンピュータ実習 -> Apache, MySQL, PHP, phpMyAdmin のインストールと各種ツールの使用法 -> Apache HTTP サーバのインストール
[サイトマップへ]

Apache HTTP サーバのインストール

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ
Apache とは、有名なWebサーバのソフトウエアです. XAMPP使わないで、 Apache HTTP サーバを単独でインストールするときの手順を説明する.


ダウンロード

  1. Apache の Web ページを開く

    http://httpd.apache.org/

  2. ダウンロード用の Web ページへジャンプ

    左側のフレームにある「Download !」の項目の中の 「from a mirror」をクリックする

  3. 下のほうにスクロール

    開いた Web ページを,下のほうにスクロールし,「Apache HTTP Server 2.2.15 is the best availavle version」とある箇所を探す.

  4. ダウンロードの開始

    Win32 Binary including OpenSSL 0.9.8m (MSI Installer)」の右横にある 「apache 2.2.15-win32-x86-openssl-0.9.8m-r2.msi」をクリック

  5. ダウンロード開始の確認

    ※ ダウンロードできないときは,Other mirrors のところを他のサイトに変えてもう1度やってみる.


インストール

途中で,「Windows のブロック警告」が出ることがあるので,確認の上,手動でブロックを解除してください.

  1. インストーラの実行

    ダウンロードしたファイルを実行.インストーラが開くので, 「Next」をクリックする.

  2. ライセンス条項の同意

    ライセンス条項に同意するので, 「Next」をクリックする.

  3. 説明を読む

    Next」をクリックする.

  4. サーバに関する設定

  5. セットアップの種類

    Typical」をチェックし, 「Next」をクリックする.

  6. インストール先の設定

    インストール先は,デフォルトのままでよい. C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\ のようになっているはず.

  7. インストールの開始

    インストールを開始するので, 「Install」をクリックする.

  8. インストール開始の確認

  9. インストール終了の確認


httpd.conf の設定

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf にある httpd.conf をテキストエディタ等で開き、変更


(オプション)cgi-bin の設定

cgi-bin に PHP ファイルを置いて実行できるように設定

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf にある httpd.conf をテキストエディタ等で開き、変更


Apache HTTP サーバの動作チェック

http://localhost/ に Web ブラウザでアクセスしてみる

下図に示したように「It Works!」と 表示されれば, Apache HTTP サーバが稼動している.

Apacheが起動しない(Apache2のサービスが見つからない)場合の対処法

IISが導入されていた場合の対処法


Apache HTTP サーバのインストール (Linux の場合)

https://www.kkaneko.jp/computer/servers/apache.html を参考にインストールを行う.