トップページ -> データベース研究スタート -> NoSQL データベースとインターネットストレージ -> Google Firebase の Cloud FireStore を使ってみる
[サイトマップへ], サイト内検索:

Google Firebase の Cloud FireStore を使ってみる

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

目次

  1. Google Firebase でできること
  2. クラウド・ファイアストア(Cloud Firestore)を扱うプロジェクトの新規作成
  3. プロジェクトの削除
  4. データベースにコレクション、ドキュメントの追加

Google Firebase でできること

オンラインストレージ

データベース: Python, JavaScript と相性が良い.

その他、認証(ID,パスワード)など(セキュリティや課金に必要)

※ iOS, Android, Web で動く.使用には Google のアカウントが必要


クラウド・ファイアストア(Cloud Firestore)を扱うプロジェクトの新規作成

  1. Firebase の Web ページを開く

    https://firebase.google.com/?hl=ja

    ※ このとき、google のアカウント(IDとパスワード)が必要になる可能性があります

  2. 使ってみる (GET STARTED)」をクリック

  3. Firebase コンソールの画面に変わるので確認する

  4. Firebase コンソールの画面で、「プロジェクトを追加」をクリック

    ※ このとき、いつまで待っても画面が変わらないというときは、Webブラウザで「サインアウト」してもう1度やり直すとうまく行くかもしれません.

  5. プロジェクトの追加

    まず、「地域/ロケーション」を展開する

    次のように設定する

  6. プロジェクトの作成が終了すると、画面が変わる。「次へ」をクリック

  7. 画面が変わるので確認.

    まず、料金プランが「Spark プラン」になっていることを確認する. Spark プランは料金無料のプラン.

  8. クラウド・ファイアストア(Cloud Firestore)を使いたいので使いたいので、「Cloud Firestore」をクリック

  9. クラウド・ファイアストア(Cloud Firestore)のデータベースを作成したいので、Cloud Firestore の下の「データベースを作成」をクリック

  10. クラウド・ファイアストア(Cloud Firestore)のセキュリティルールでは、 ロックモードかテストモードを選ぶ.

    ※ ここでは、試用することにしたい(公開したら問題のあるようなデータは入れずに、手軽に試してみたい)ので、 「テストモードで開始」を選び「有効にする」をクリック

  11. データベースの作成が始まる。しばらく待つ。

  12. データベースの作成が終わると、画面が変わるので確認する

この画面で、データベースの確認、コレクションの追加、ドキュメントの追加を行うことができる。


プロジェクトの削除

プロジェクトを削除したいときは、次の手順で行う

  1. プロジェクトの全般のWebページで、「Project Overview」の右横のボタンをクリック

  2. プロジェクトの設定」をクリック。

  3. 画面の下の「プロジェクトの削除」をクリック。

  4. すべてを確認、チェックしてから、「プロジェクトの削除」をクリック。


データベースにコレクション、ドキュメントの追加

ここで行うこと

  1. コレクションを追加したいので「コレクションを追加」をクリック

  2. 追加するコレクションのコレクションID(products) を設定して、 「次へ」をクリック

  3. 追加するドキュメントについて、 フィールド: id, タイプnumber, 値1を設定する。 フィールドを追加したいので、「フィールドを追加」をクリック

  4. 今度は、 フィールド: name, タイプstring, 値apple フィールドを追加したいので、「フィールドを追加」をクリック

  5. 今度は、 フィールド: price, タイプnumber, 値100保存」をクリック

  6. いま追加したドキュメントとコレクションを確認