トップページ -> 実践知識 -> OpenCV や KINECT の使用法 -> Windows で OpenCV バージョン 3.0.0 ベータをビルド
[サイトマップへ]  

Windows で OpenCV バージョン 3.0.0 ベータをビルド

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

OpenCV (Open Computer Vision Library) とは, 実時間コンピュータビジョン (real time computer vision) の アルゴリズムと文書とサンプルコードの集まり.

この Web ページでは,Windows での OpenCV バージョン 3.0.0 ベータのインストール手順を図解等で説明する.

目次

※ 参考 Web ページ: http://opencv.jp/


事前準備


 

インストール手順

  1. Web ページを開く

    http://sourceforge.net/projects/opencvlibrary/

  2. Files」をクリック

  3. Windows 版が欲しいので「opencv-win」をクリック

  4. 最新版を選ぶ

  5. クリックするとダウンロードが始まる

  6. ダウンロードしたファイルを実行

  7. 解凍先ディレクトリを設定する.分かりやすいディレクトリを指定すること

    解凍先ディレクトリ (下の図では C:\OpenCV300)を覚えておく

  8. 解凍が始まる

  9. 環境変数 OPENCV_DIR の設定

    参考Webページ: http://docs.opencv.org/trunk/doc/tutorials/introduction/windows_install/windows_install.html#windowssetpathandenviromentvariable

    「マイコンピュータ」 → 「プロパティ」 → 「詳細設定」 → 「環境変数」のように 操作し、次のように設定する

    <設定例>

    64ビットWindowsの場合

    32ビットWindowsの場合

  10. 環境変数 PATH の設定

    「マイコンピュータ」 → 「プロパティ」 → 「詳細設定」 → 「環境変数」のように 操作し、次のように設定する


Microsoft Visual C++ を用いて OpenCV 3.0.0 ベータ本体をビルド

  1. cmake-gui を起動

  2. ソースコードのディレクトリと、ビルド結果を置くディレクトリの指定

  3. 「Configure」をクリック

  4. 「Use default native compilers」を選ぶ

  5. Microsoft Visual C++ のバージョンを指定し、「Finish」をクリック

  6. BUILD_opencv_world にチェックする.

  7. (オプション) 元の画面で「BUILD_EXAMPLES」をチェック

  8. 「Generate」をクリック

  9. OpenCV.sln を開く

  10. Release バージョンを選ぶ

  11. 「ビルド (Build)」を選び、「ソリューションのビルド (Build Soulution)」を開始する

  12. ビルドの結果、エラーメッセージが出ていないことを確認

  13. 環境変数 OPENCV_DIR の設定

    参考Webページ: http://docs.opencv.org/trunk/doc/tutorials/introduction/windows_install/windows_install.html#windowssetpathandenviromentvariable

    「マイコンピュータ」 → 「プロパティ」 → 「詳細設定」 → 「環境変数」のように 操作し、次のように設定する

  14. 環境変数 PATH の設定

    「マイコンピュータ」 → 「プロパティ」 → 「詳細設定」 → 「環境変数」のように 操作し、次のように設定する


 

使ってみる

  1. Microsoft Visual Studio 2013 の起動 (launch Microsoft Visual Studio 2003)

  2. ファイル (File)」 → 「新規 (New)」 → 「プロジェクト (Project)」

  3. Visual C++ の Win32 コンソールアプリケーションを選び、 プロジェクト名を付ける (Select "Visual C++" and then "Win32 Console Application")

    プロジェクト名は何でも良い

  4. 次へ (Next)」をクリック

  5. 空のプロジェクト (Empty Project) を選ぶ

  6. (オプション) 64 ビット Windows を使う場合の設定
    1. ビルド (Buold)」 →「構成マネージャ (Configuration Manager)」

    2. プラットフォーム (Platform)」を選ぶ

    3. 新規作成 (New)」を選ぶ

    4. 新しいプラットフォーム (New Platform)」に 「x64 (New Platform)」を指定する.

  7. OpenCV に関する設定 (OpenCV Settings)
    1. プロパティ・マネージャ (Property Manager)のウインドウを開く (Open a property manager window)

      あとで、プロパティを確認したいときに便利

    2. プロジェクトを右クリックしてプロパティ (Properties) を選ぶ (Right click the project, then select the Properties)

    3. インクルード・ディレクトリの設定 (Set include directories)

      C/C++ → General と操作し、 次のように設定

      • Configuration : All Configurations
      • Additional Include Directories : $(OPENCV_DIR)\include

    4. ライブラリ・ディレクトリの設定 (Set library directories)

      Linker → General と操作し、 次のように設定

      • Configuration : All Configurations
      • Additional Library Directories : $(OPENCV_DIR)\lib\release

    5. ライブラリの設定 (Set libraries)

      Linker → Input と操作し、 Additional Dependencies を選び、 次のように設定し、「OK」をクリック

      • Configuration : Active (Debug)
      • Additional Dependencies : opencv_ts300d.lib opencv_world300d.lib

      さらに、次のように設定し、「OK」をクリック

      • Configuration : Active (Release)
      • Additional Dependencies : opencv_ts300.lib opencv_world300.lib

  8. ソースコードの追加操作
    1. ソース・ファイル (Source File) を右クリックし、 追加 (New) → 新規アイテム (New Item) と操作する

    2. C++ File (.cpp)」を選び、 「追加 (Add)」をクリック

  9. エディタのウインドウを使い,ソースプログラムを入力 (Edit a source program in the editor window)

    http://docs.opencv.org/trunk/doc/tutorials/introduction/display_image/display_image.html#display-image に記載のサンプル・コード

    「C:\\HappyFish.jpg」のところは、画像ファイル名を設定すること

    #include <opencv2/core/core.hpp>
    #include <opencv2/imgcodecs.hpp>
    #include <opencv2/highgui/highgui.hpp>
    
    #include <iostream>
    #include <string>
    
    using namespace cv;
    using namespace std;
    
    int main( int argc, char** argv )
    {
        string imageName("C:\\HappyFish.jpg"); 
        if( argc > 1)
        {
            imageName = argv[1];
        }
    
        Mat image;
        image = imread(imageName.c_str(), IMREAD_COLOR); // Read the file
    
        if( image.empty() )                      // Check for invalid input
        {
            cout <<  "Could not open or find the image" << std::endl ;
            return -1;
        }
    
        namedWindow( "Display window", WINDOW_AUTOSIZE ); // Create a window for display.
        imshow( "Display window", image );                // Show our image inside it.
    
        waitKey(0); // Wait for a keystroke in the window
        return 0;
    }
    

  10. ビルド (Build)

    プロジェクト名(下の画面では「ConsoleApplication」)を選び, 「ビルド」と操作する

    ビルドの正常終了を確認する.

  11. 開始 (Start)

    デバッグ (Debug)」→「Start Without Debugging」 (または CTRL + F5キー). ウインドウが現れるので,結果を確認.