トップページ -> 実践知識 -> OpenCV の使用法 -> FreeBSD に OpenCV バージョン 2.0.0a をインストール
[サイトマップへ]  

FreeBSD に OpenCV バージョン 2.0.0a をインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

OpenCV (Open Computer Vision Library) とは, 実時間コンピュータビジョン (real time computer vision) の アルゴリズムと文書とサンプルコードの集まり.

この Web ページでは,FreeBSD での OpenCV バージョン 2.0.0a のインストール手順を説明する.

※ 参考 Web ページ: http://opencv.jp/


前準備

  1. /etc/rc.conf, /etc/make.conf, /etc/src.conf, 環境変数の設定

    「FreeBSD 基本設定」の Web ページなどを参考に行う.

  2. FreeBSD のソースコードとポーツ・ツリーの更新

    以下のようにコマンドを実行して,FreeBSD の全てのソースコードを更新します. このとき,同時に,ポーツ・ツリー (Ports Tree) の展開/更新も行われます(そのはずです)

    cd /usr/src
    make update
    

  3. (オプション)ports-mgmt/portupggrade のインストール

    cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
    make clean deinstall rmconfig
    make -j4
    make install
    
  4. (オプション)パッケージ・レジストリ・データベースと, ポーツ・インデックス・ファイルと, ポーツ・データベース・ファイルの生成/再構成

    portsdb -uU
    pkgdb -aF
    
  5. (オプション)portupggrade コマンドによるアプリケーションの全更新

    shutdown now
    portupgrade -aRv
    sync
    sync
    sync
    sync
    sync
    reboot
    

インストール手順

■ FreeBSD のパッケージを使用する場合

  1. インストール(FreeBSD のパッケージを使用)
    pkg_add -r opencv
    

■ FreeBSD のポーツ・ツリーを使用する場合

  1. インストール(FreeBSD のポーツ・ツリーを使用)
    portupgrade -Npv -B 'make rmconfig' graphics/opencv