トップページ -> データベース関連技術 -> コンピュータビジョン(OpenCV の機能とプログラム例) -> Python + OpenCV 4 でステレオマッチング
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Python + OpenCV 4 でステレオマッチング

【このページの目次】

サイト内の関連ページ


前準備

Python のインストール

Python 3 用 opencv-python, matplotlib, numpy パッケージのインストール


ステレオマッチングによる距離画像の生成

サイト内の関連ページ: ステレオ画像

import cv2 
import numpy as np

IMROOT="C:/image/"
mono0 = cv2.cvtColor( cv2.imread(IMROOT + "aloeL.jpg"), cv2.COLOR_BGR2GRAY )
mono1 = cv2.cvtColor( cv2.imread(IMROOT + "aloeR.jpg"), cv2.COLOR_BGR2GRAY )
stereo = cv2.StereoBM_create(blockSize= 15, numDisparities=64)
disparity = stereo.compute(mono0, mono1)
map = ( disparity - np.min(disparity) ) / ( np.max(disparity) - np.min(disparity) )
blur = cv2.GaussianBlur(map, (15, 15), 5)
cv2.imshow("", blur)
cv2.waitKey(0)
cv2.destroyAllWindows()

[image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]